古性 のち

古性 のち Follow

【旅を仕事に】
世界をとびまわるライター/デザイナー✈︎
旅をしながら写真を撮って物書きして生きてます📷
可愛いものと旅がわたしの原動力。場所を選ばずに、旅するように生きる人を増やしたい。
Twitter: @nocci_84
まるで呼吸をするように旅をしていた ▽

https://non-kosho.goat.me/

1,627 Followers  299 Follow

Share Share Share

タイの屋台飯がすき。
衛生面が、と気にするひとも多いけれど、なんだかそれも合わせてタイの文化をまるっとひと飲みしてる。そんな気分になれる。
.
夕方、小腹が空いてふらっと立ち寄った屋台で食べた、何度名前を聞いても発音ができないごはん。困る私を屋台主がはははっと豪快に笑い飛ばしてくれた瞬間に通う、なんとも言えない柔らかい空気は、きっとここでしか味わえない。
これも合わせて、きっとタイの屋台飯。
4人で泊まって、朝ごはん付きでひとり1000円。
ホステルのひともとっても親切だし、なにより清潔!
とっても良い気持ちで過ごせた🙌チェンマイのホテル:)
チェンマイのナイトマーケットで苺とタイティーのアイス🍨

ふたつで250円と強気な値段だけど、食べたらどうでもよくなるくらいに美味しい:) ナイトマーケットふらっと回って、宿に帰ってみんなで仕事。

暖かい空気がなんとも心地良い。
場所を選ばず働けるようになっていちばん大きかったのが「〜しなければならない」が減ったこと。

会社にいかなければならない

この場所にいなければならない

これをやらなければならない

と、世の中本当に「ならなければならない」だらけで、それが自分を殺していることにすら気づかないほど、神経が鈍ってた。

明日はどこに行こう どこで生きよう
そんなちいさな、選択できる権利が手の中に生まれた瞬間に、はじめて息をしたような不思議な気持ちになった。

さあ今日はどこに行こう。
お洒落カフェにいると、なんだか自分もお洒落な人になった気分になる。
旅しながら働くフリーランスたちと1週間のチェンマイ旅。仕事したり、相談したり、遊びに行ったり。みんな違う職種だから刺激になる。
チェンマイ最終日は、映画「プール」の舞台になったhoshihana villageへ。
チェンマイの中心部からタクシーで30分くらいあるから、運転手に何度も「本当にこっち?本当に?平気?」とめちゃくちゃ心配されながら到着🚗 
気持ち良い木の香りと、鳥や虫の声と、たまにお部屋に遊びにくる猫のタラちゃんに癒されながら、ふんわりした気持ちで過ごせました。
こんなお部屋の雰囲気が漂う人になりたい。
道端にもちいさな幸せがたくさん落ちてる。
チェンマイの小物たち。頭がキラキラする。
バンコクでトークイベントをした際に、おみやげにくださったにぎやかなポーチと空色のお茶。ゆったりぬくいチェンマイの空気にぴったりはまる。
仕事場を東京→タイ・チェンマイに1週間ずらしてみました。快適だし可愛いし。天国みたい。
朝の光も良い感じ。京都もっともっと長期間でいたかった!次は1ヶ月でくるぞ。