【プランクトレーニングで腹筋をガッツリ引き締めてみる。】
自宅でも出来る自重トレーニングとして人気のプランクトレーニング。
体幹を鍛えるトレーニングですが、腰に負担が掛かりづらいので、腹筋を割りたい方にもオススメなのです。
今回は腹筋を集中的に鍛えるトレーニング方法を紹介したいと思います。

まず、腹筋を割るには腹直筋と腹斜筋(外腹斜筋・内腹斜筋)腹横筋をバランス良く鍛えることが
効率よく腹筋を割るコツなのだそう。
腹直筋だけを割れていても腹斜筋が引き締まっていないとバランスが悪いですよね?
しかし、通常の腹筋運動だと上体を上下するのが、なかなか大変ですし面倒なこともあるかと思います。

プランクトレーニングで強化したい部位を意識してお腹周りを引き締めていきましょう! ・プランクキープバック
プランクキープバックは簡単そうに見えて実は負荷がすごくかかるのだそう!
まず、床に両肘、両膝ウィ付けて頭からかかとまでが一直線になるように意識します。
この時お腹は力を込めて腰が沈んだり、上がらないようにしましょう。

次に膝を伸ばし、その状態から片方の足をゆっくりと上下に動かします。
このときに動かしている足の爪先が床につかないように注意しましょう。

10回程度行ったら反対側の脚も同様に動かします。

セット数はそれぞれ1日2セットが目安で行いましょう。 ・サイドプランク
サイドプランクは腹斜筋に負荷がかかるので、鍛えることでメリハリのついた腹筋が出来てくると思います。
まず、片方の脇腹を下にして床など横になり、ひじを肩の真下に持ってきて体を支えます。

続いてひじと脚で体を支えるようにして持ち上げます。
このときに肩からかかとまでが一直線になるように意識しましょう。
また、両脚を少しずらすとバランスが取りやすくなるとのこと。
30秒ほど静止した所で最初の体勢に戻り、反対側も行いましょう。
セット数は先程の動作と同じです。

プランクトレーニングは最初は体勢キープが難しいと思いますので回数や秒数はあくまでも目安に。
無理なく少しずつ伸ばしていくようにすると良いでしょう。
床につける面が痛い時はヨガマットなどを用意しても良いかもしれません。
自宅で道具を使わなくても行えますので、詳しい動作方法は動画サイトを参考にしてみてください!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます!
#自重トレーニング
#プランク
#腹筋強化
#体幹強化
#ダイエット
#シェイプアップ
#ながら運動

101 likes  1 comments

Share Share Share


ブラックレーベル男のマッスルモールブラックレーベル男のマッスルモール