【朝のトレーニングをする方に。トレーニングのポイント☆】
毎日忙しい生活の中で筋トレしたくてもなかなか時間が取れない方の中で朝にトレーニング時間を取る方が最近増えているようです。
早朝にトレーニングを行うと、午前中からの仕事のエンジンも掛かりやすくなったり、人も少ないのでジムの器具が使いやすかったりもします。
その反面で怪我をしやすくなったり、早い時間帯に疲れが出てしまうなんてこともあるかと思います。
今回は早朝にトレーニングを行う際のポイントを紹介したいと思いますので、是非参考にしてみてください。 ・早朝にトレーニングを行うメリット
まずは早朝にトレーニングを行うメリットを紹介します。
朝は何かお誘いが入ってきたり、連絡が入ったりすることも無いので何かを行うときに習慣化しやすいそうです。
夜にトレーニングするとなると残業や用事などで時間が取られるのに比べ、朝起きる時間を決めておけば
出社までの時間まではある程度時間が確保しやすいと思いますので、メニューも組み立てやすいかと思います。

始業までに体を動かして酸素をしっかり取ることで脳の動きが高まった状態でスタートできるそう。
気合を入れたトレーニングを済ませておけば集中力も高まり、業務も捗るでしょう! ・早朝トレーニングのデメリット
朝起きてすぐにトレーニングの始めてしまうと、体温も低く、筋肉が固まった状態でいきなり始めてしまうと怪我をする恐れが。
事前にストレッチを行い血行を良くしてから行うようにしましょう。

また、軽い軽食だけでも摂取してからトレーニングを行うと、せっかく鍛えた筋肉からエネルギーを使って逆に筋肉がつかない場合も
あるとのこと!朝は必ずバナナだけでも取るようにしてから始めましょう。
また心臓に疾患を持っている方や朝食直後に動くと心臓の負担が大きくなる恐れもあるので、持病をお持ちの方は
お医者さんに早朝のトレーニングについて相談してみてください。

夜のトレーニングにくらべ、休息後に運動を行うなど、通常のトレーニングの流れと逆になるので
眠気がひどい場合などは昼寝を取り入れるなどして効率よく体を休めるといいそうです。

いかがでしょうか?
デメリットに感じる部分を踏まえてもご自身で取り入れやすそうであれば非常に有効な方法かと思いますので
朝方の方も夜型人間から切り替えたい方もぜひ試してみてはいかがでしょうか?

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます!
#筋トレ
#朝活
#有酸素運動
#仕事効率
#体調管理
#ボディメイク
#フィジーク

116 likes  2 comments

Share Share Share


ブラックレーベル男のマッスルモールブラックレーベル男のマッスルモール