【三角筋後部を鍛えてバランスの良い肩周りをつくろう】
三角筋後部は背中側の筋肉のため鍛えていてもなかなか効果が見えづらい部位。
しかし、前部と中部を強化しても肩が前に引っ張られて姿勢が悪く見えてしまうのだそう。
バランスの取れた逞しい肩周りを作るために。今回は三角筋の後部について紹介します。 ・三角筋後部は腕を後ろへ引いたり、上げる動作を行う際に使う部位になります。
背筋にも関係する筋肉でもあり、強化することで丸く膨らんだ肩ができ
後ろ姿も逞しい印象を与えることが出来るでしょう! ・三角筋後部のトレーニング方法
三角筋後部の強化するにはリアレイズを行うと良いでしょう。
まず、ベンチや椅子に座りダンベルを両手に持ちます。
このとき脚は肩幅と同じくらいに開いておきましょう。
ダンベルを持つ時は手のひらが自分側にして持ちましょう。
肩甲骨を意識しながら背中側へダンベルを持ち上げます。
肩の高さまで持ち上げたら同じ軌道でゆっくりと戻しましょう。
トレーニングのポイントとしてまず共通することは少し前傾姿勢で行うこと。
重い重量で行うのは既に現在の重量でも十分持ち上げられていたり
しっかりと肩をストレッチしたりして筋肉を解した状態で行わないと
故障してしまう場合もあるので十分注意して行いましょう。

また、肩甲骨を動かさない(寄せない)動作で行わないと
僧帽筋など背中側へ負荷が逃げてしまうそうです。
若干猫背気味に行ってみると少し効果も効きやすくなるかもしれませんよ!

肩のトレーニングを今まで行って来なかった方や効果がなかなか生かせなかった方は
是非一度トライしてみて下さい!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます!
#筋トレ
#肩のトレーニング
#三角筋
#ショルダー
#逆三角形
#マッスル
#ボデイメイク

109 likes  0 comments

Share Share Share


ブラックレーベル男のマッスルモールブラックレーベル男のマッスルモール