牛革に型染めのコインケース。
型染めとは、型を切り抜き「紗張り」というメッシュのような物を漆で張る事で作られる型紙を使って染める技法です。
ステンシルのような感じを想像されるかと思いますが、型染めの場合は型の抜けている部分が染まらず柄として残りす。
江戸小紋などで知られる反物などの染め方と同じですね。
染物のため、プリントとは違い使い続けると多少の色褪せはあっても剥がれたりすることはありません。

37 likes  3 comments

Share Share Share


ROUKAROUKA