◆今日のお燗酒◆

宮城県栗原市 萩野酒造 ○日輪田 山廃純米 五百万石
○日輪田 純米吟醸 雄町 2008

9/1(土)に行いました、日輪田の会にて燗酒で用意したお酒を改めてご紹介します!今回は普段からペアリングで大活躍している日輪田の山廃純米と、日輪田が「山廃」に固定される前に作られた速醸の純米吟醸、2008年の熟成酒です。

日輪田 山廃純米
【57〜52℃】65℃からの燗冷まし57℃〜52℃が美味しい。ふんわりと甘く伸びがあり、ふわっと米の旨みの余韻を感じ最後酸でキレる。
(43℃で4回デカンタージュ)

日輪田の定番酒は65℃まで上げて57〜52℃までが美味しく飲めました。65℃から57℃は美味しいんですが、ベストな温度とは少し違うように感じます。提供方法はとっくりは冷えたものを用意し、65℃になった日輪田を入れ提供。(とっくりが冷たいのでお酒が冷えやすい)おちょこはポーション上、温めて出すことができなかったため今回は冷たいおちょこでしたが、温めてあったほうがいいかもしれません。

日輪田 雄町 純米吟醸 2008
【52℃】55〜56℃からの燗冷ましで52℃が味に膨らみがあり、美味しく飲めた。下から52℃まで上げたものだとシャープに感じる。お燗酒らしいふっくら感は無くそれを求める方だと物足りないかも。

お酒自体が綺麗に丁寧に作られているものなので52℃で美味しく飲めました。ひとつ面白いのが、下から52℃まで上げたものと、56℃まで上げたものと味の違いがはっきりとわかるお酒でした。下から上げて52℃で出した場合お燗酒特有のふっくらした感じ、甘く感じるとこはなくスッとシャープに入って来るように感じでした。

今回合わせる料理がふくらみのある味の方が相性良かったので今回この温度ですが、合わせる料理によってはこの燗酒なんだけれどもシャープに飲める綺麗さが必要な場合もあるかもですね!

日輪田の会では温度からじっくり研究していい温度で提供することができました。大量に燗酒をつける機会がなかなかないため不手際も多かったのですが燗酒が好評だったようで良かったです!夏でも燗酒を飲む機会が少しでも増えるといいなと思います。

#今日のお燗酒 #宮城県 #栗原市 #萩野酒造 #日輪田 #山廃純米 #雄町 #純米吟醸 #夏でも燗 #夢酒みずき #銀座 日本酒#燗番むすめ

40 likes  2 comments

Share Share Share


#夢酒みずき