【血栓症】

血栓症とは、何らかの原因で血管の中の血のかたまり(血栓)ができ、それによって血管が詰まってしまう病気です。

正常に血が届かなくなった部位あるいは臓器は正常な機能を失ったり細胞や組織が死んでしまったり(壊死)し、その部位によって、さまざまな特徴的な症状が引き起こされます。

代表的な血栓症として、いわゆるエコノミー症候群と呼ばれる「静脈血栓塞栓症」や「脳梗塞(脳塞栓)」「心筋梗塞」があります。

静脈塞栓症は、足の静脈に血栓ができる深部静脈血栓症と、その血栓がはがれて肺動脈を詰まらせる肺塞栓症の二つの病気の総称です。

また、脳梗塞(脳塞栓)は脳に栄養を送る血管が詰まって脳の一部が壊れてしまう病気です。

心筋梗塞は、心臓に栄養を送る血管(冠動脈)が血栓によって詰まり、心臓の筋肉が壊れてしまう病気です。

不整脈の一種である心房細動が原因で脳梗塞になることはあまり知られていません。
また、脚を動かさない時間が長い、肥満、術後、妊娠中の方などはエコノミークラス症候群に注意が必要です。
血栓症は非常に怖い病気ですが予防できるので、生活習慣の改善や継続的な運動が必要になります。

日ごろから適度な運動、小まめに水分補給をするなどして、血栓症にならないように予防しましょう。


施設見学・体験希望については
ホームページ↓↓から24時間予約受け付けています❗️
https://www.gtc-reha.com/index.html
電話でも対応しております。
ご相談などお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL : 092-577-5660

#福岡 #早良区 #西新 #脳卒中 #脳梗塞 #歩行 #歩行練習 #リハビリ #フィットネス #麻痺 #片麻痺 #理学療法士 #鍼灸 #トレーナー #諦めない

54 likes  0 comments

Share Share Share


ゲイトトレーニングセンターゲイトトレーニングセンター