料理中に伴う右肘の痛み 50代男性 <初回の状態>
料理人のお仕事柄、重い中華鍋を振るっている時間が多く肘の痛みがでている。
サポーターやマッサージ等で対応しているが追いつかない状況。
知人の紹介を受け、来院。 <初診時状態> ・右肘外側面の痛み、外側面の圧痛 ・首の可動域検査や筋肉のトーン検査にて右側の緊張に伴う可動域制限あり ・肘の外側を押しながら、通常痛みが伴う動作してもらうと痛みが軽減する <経過>

肩から肘にかけての、慢性的な筋緊張が肘への負担を高めている疑いがあり緩和操作を施行。

1回目:
肩と肘の可動域を調整。仕事上、安静が困難のためキネシオテーピングにてサポート。
施術後、疼痛誘発動作にて痛みあるが半減している。

2回目:
1回目の後、数日は軽減していた。仕事が立てこむと右肘外側面の痛みあったが痛みの強度は下がっている。
前回の施術に伴い、頚椎の調整と予防のためのストレッチ指導。

3回目:
継続的な予防のため、仕事中には肘のサポーターを利用するようになっている。

4回目:
施術間隔を1ヶ月へと延長するが疼痛コントロールできている。
担当 コメント

今回の症例は、仕事による慢性的な肩から肘にかける負担により、筋肉の炎症がみられていいたと思われます。
検査の結果からも右肘の外側上顆炎が最も疑われた症例でした。
外側上顆炎の要因としては、やはり使いすぎによるものが一番です。そのため、仕事による影響が多いケースだったため予防が難しい症例でした。今回は、負担の多かった日にはアイシングやサポーターを利用する様にアドバイスすることで日常の炎症を最小限に抑えることが疼痛コントロールにつながりました。

#武蔵小杉#カイロ#カイロプラクティック#整体#マッサージ#肘の痛み

12 likes  0 comments

Share Share Share


ail_chiropracticail_chiropractic