20代女性 歩くと痛くなるアキレス腱の痛みによって来院

川崎市中原区に在住の女性が、ズキッとするようなかかとの痛みを突然訴えるようになった。数日様子をみても一向に改善せず、痛みが強くなってくるように感じてきたので来院した。ジッと立っているよりも歩く時などアキレス腱の部分に力が入ると痛みが走るような感じになり筋肉が張ってくる。また、立ち仕事が多いため仕事が終わると毎回かかとの痛みが強くなる。

初診時の症状
爪先立ちや歩行など、ふくらはぎの筋肉を使ったときに痛みの誘発が顕著にみられる。
痛みは限定的にアキレス腱にだけ存在する。
施術後の経過
初回:3~4日は痛みが少ない状態で維持できたがその後また同じ痛みに戻った。
2回目:痛みはほぼ消失し、少し違和感を感じる程度であった。
3回目:2週間に感覚を広げていたが1回だけ少し痛みを感じる程度でほとんど消失したため施術を終了した。
担当 八住コメント
この方の症状はふくらはぎの筋肉の過剰な緊張状態によってアキレス腱に負担をかけて痛みを発症している例でした。
このような症例の場合、ふくらはぎやアキレス腱の緊張状態を和らげれば症状は改善されるのですが、根本的な部分では、片側のアキレス腱への負担が何故起こっているのか?というところを追求し施術していかなければ同じような症状を繰り返してしまいます。
この方の場合、骨盤の歪みが強くあったため重心バランスの偏りが日常的にあったのではないかと推測できました。その為、ふくらはぎやアキレス腱を緩めるだけでなく、姿勢の改善を行うことによってバランスを左右で取れるようにしていく必要がありました。
骨格の矯正は1~2回程度では直ぐに元に戻ってしまうため、しばらくは継続的に行っていかなければなりません。
この方の症状も症状が改善しても予防的に、少し継続された方が結果的に再発を防げる症状だったので3回まで来院していただきました。
#整体 #武蔵小杉 #足首 #アキレス腱

10 likes  0 comments

Share Share Share


ail_chiropracticail_chiropractic