30代女性 産後2週間で現れた歩けなくなるほどの腰の痛み
数週間前に初産を経験し、経過は良好で特に痛みなども出なかったが産後数週間後に朝起きたら右の骨盤付近に痛みを感じるようになった。 
朝起きるときから痛みが強くあり、右足に体重をかけると痛みが強い為ビッコを引くような歩き方になってしまう。
症状は悪化傾向にあり、来院2日前までは座ってから立つ動作などで痛みはなかったが、現在は存在する。
現在は咳やくしゃみ、歩くとき、寝返り、上向きで寝るのも痛みがあるような状態である。
整形外科でMRIとレントゲンを撮影したのだが異常は特に見られず、湿布と鎮痛剤を処方されたが効果がないためTRINITY カイロプラクティックに来院した。
来院時の症状
初回来院時にはビッコを引くような状態で来院されました。右足がかなり前に出しづらいような状態で、歩くたびに右腰に響くような痛みがありました。
体重もしっかりとかけることが出来ず、重心が後にいって腰が反ったような姿勢をしていました。
突き刺すような痛みがあり、施術中ベッドで方向を変えたり、寝返りを打つのも大変な様子でした。また、他のどの動作でも痛みがみられる為、施術内容も軽度のものから行っていくように心がけました。

施術後の経過
初回:施術後まだ痛みは強く残ったが、筋肉が柔らかくなった分少し楽なような感じになったようであった。
2回目:初回の施術後の経過観察では悪化するような事が無かったため、少し強度を上げ、骨盤の関節に直接アプローチするような施術を行った。
3回目:施術後当日と翌日はかなり改善がみられた様子で、完全に痛みが取れてるわけではないが、ビッコをひくほどの痛みはなく、朝も比較的楽だった。
しかし、楽だったせいで少し無理をしてしまい3日目に再発。痛みがもどってきた。
4回目:施術後の状態はあまりよくなく、痛みが引かないような状態であった。
5回目:施術方法を変えてアプローチしたところかなり楽になり、当初の痛みが10だとしたら3ぐらいにまで軽減した。
6回目:1週間後の来院だったが痛みが戻ることなく、平均3くらいの痛みで安定していた。
7回目:感覚を9日空けて来院したが全体的な痛みは2割程度で日常生活がかなり楽に送れるようになった。
現在は2週間に間隔を空けて経過観察を継続している。

担当:八住コメント
この方の症状は仙腸関節といわれる骨盤と仙骨といわれる背骨の土台になっている骨とで形成される関節に異常を起こし、痛みを伴っているような状態でした。
妊娠後期および産後しばらくの間はレラキシンといわれるホルモン分泌の影響で骨盤が緩くなり不安定な状態になります。
その後徐々にホルモンの分泌は収まり骨盤が固定されてくるのですが、この方の場合かなり歪んだ状態で固定されてしまっていました。
不安定な状態のために腰痛になる場合と固定される位置がズレてしまう事によって痛みが出る場合の両方が考えられます。
この方のケースは産後二週間後ということなので骨盤が固定されてくる時期におかしくなってしまったのでしょう。
痛みがかなり強かった為、施術内容も強度を考えて行っていかなければ逆に悪化させてしまうでしょう。
そのため慎重に施術中に痛みを確認しながら行っていきました。
痛みが強い場合にはその様な関係で多少治癒までに時間がかかる場合もありますが、この様な症状は特にカイロプラクティック治療は有効です。
同じような痛みでお悩みでしたらいつでもご相談下さい。

3 likes  0 comments

Share Share Share


ail_chiropracticail_chiropractic