11月の季節はずれな暖かい日に、
間違ってつぼみをつけてしまった
テッポウユリ。

12月も暖かい日はあったけど、ここ数日は冬らしい強い冷え込みが続いてた。

本来は夏の、
ミンミンゼミが威勢良く鳴き盛る頃に白いラッパのような花をつけるのに、
寒風吹き荒ぶ年の暮れに茎を伸ばしてしまった。

花粉を運んでくれる蝶々も蜂もいない。
真夏の暑い陽射しは照らしてくれない。

可哀想だと思いつつ、そのまま見守っていたら、

数日前に花開いた。

最期の力を振り絞るように、
咲いてみせた。

ありがとう。
キレイだね。

よく頑張ったね。

年が明けて、
冬が去って、春が過ぎて、
また夏の太陽が戻って来た頃、

生まれ変わって、またここで会おうね。

30 likes  0 comments

Share Share Share


ChicoChico