-
-
【#人工雪 をつくることに成功した日】
-
-
1936年(昭和13年) 83年前の今日、中谷宇吉郎博士は北海道大学の常時低温研究室にて、世界で初めて人工的に雪の結晶を作ることに成功しました。
-
「これほど美しいものが文字通り無数にあってしかも殆ど誰の目にも止まらずに消えてゆくのが勿体ないような気が終始していた。そして実験室の中で何時でもこのような結晶が自由に出来たなら、雪の成因の研究などという問題をはなれても随分楽しいものであろうと考えていた。」中谷宇吉郎『雪を作る話』より
-
好奇心を持って楽しみながら、意欲的に研究していた宇吉郎博士。低温室での実験はかなり過酷なものでしたが、強い信念を持って組織的に、計画的に取り組み、成功させたのです。
-
これにより雪のメカニズムが解明され、その後の雪氷研究を大きく進歩させることに繋がりました。
-
雪の科学館には低温研究室のかたちを再現し、人工雪装置を観察できるブースがあります。ご来館の際はぜひ装置をのぞいてみて下さい!
-
#世界初 #研究 #雪氷 #雪は天から送られた手紙である #中谷宇吉郎 #ukichironakaya #低温研究室 #北海道大学

74 likes  0 comments

Share Share Share


中谷宇吉郎 雪の科学館中谷宇吉郎 雪の科学館