~「手作り食」は安いか高いか~

手作り食のデメリットとしてよく挙げられるのが「手間」と「コスト」です。
封を開けてそのままあげることができる市販フードに比べれば間違いなく手間がかかると思います。

しかし、犬猫用の手作り食の面白いところは、彼らが素材の香りや味、食感を楽しんでいるということです。人間の料理と異なり、面倒な味付けはありません。調理工程も基本的に「ゆでる」「焼く」「計量」といった感じですから、料理が苦手な方でも不安なく作ることができます。

さて、コストに関してはどうでしょうか?
市販されているドライフードの価格を調べてみると…

(DC one dish調べ)
最も安い価格帯:1㎏あたり230円
最も多い価格帯:1kgあたり一般的には1000円~2500円
高級なもの:1㎏あたり9000円以上
ちなみにウエットフードに関しては、100gあたり50円から500円ほどの価格が多いようです。


今度は、体重当たりで考えてみましょう。例えば体重3kgの子の一1日の食費ですが、ドライフードでは100円~350円あたりが一般的な価格帯になります。ウエットフードだと100円~500円程度です。

では手作り食の場合はどうでしょうか?今回投稿した写真のレシピで、実は150円程度しかかかっていません。たしかに格安のドライフードと比較すると安いわけではありませんが、実は価格帯の高いドライフードと比較をすると手作り食のほうが圧倒的に安くなることもしばしばあります。

うちの子のためにいいものを食べさせてあげたいと思う方は是非いま一度、今のお食事内容と手作り食、そのほかの市販フードについて色々な選択肢があるということをお考えいただければと思います。

常に時間をかけて手作り食をしないといけないわけではありません。
震災時などに市販のフードを食べてくれるというのはとても大切なことですし、その子と一緒に遊んだり、のんびりしたりする時間のほうが大切だったりする時もありますから。
食事に絶対的な正解はありません。しかし、納得のいく食事というのはそれぞれあるかと思います。

いつもと同じドライフードさえあげていればいいという時代から、様々な趣向を凝らした市販フード、さらには好きな食材を使っておうちで作る栄養満点の手作り食など、犬猫の食事は新たな時代に突入しようとしています。

飼い主さん、獣医師、そして食べてくれる犬猫みんなで、その子の納得のいくお食事を追求して、健康な時間を一緒に過ごしていただけたらと思います。


#手作り食 #手作り療法食 #療法食 #いぬらぶ #犬#いぬ #いぬばか部 #いぬのいる暮らし #homemadefood #dogstagram #doglover #犬好きな人と繋がりたい #ふわもこ部 #うまうま #いぬすたぐらむ #いぬら部 #犬なしでは生きていけません会 #食べることは生きること #獣医師 #ペット栄養管理士 #わんこ部 #わんこごはん#dconedish#病気なんかなくなれ

97 likes  4 comments

Share Share Share


DC one dishDC one dish