【姿勢と背骨の関係】

良い姿勢とは?

“姿勢を正す”というと、背骨をまっすぐにするイメージですが実は正反対です。

適度に背骨が曲がっているのが”良い姿勢“なのです。

"背骨の構造"

背骨は合計24個あり、これが綺麗に並ぶ事で体を支えています。

首には7個、背中には12個、腰には5個の背骨があります。

この3ヶ所それぞれで、背骨が適度なカーブを作って並んでいるのが正常な状態です。

具体的には首と腰では前側を頂点としたカーブを、背中では後ろ側を頂点としたカーブを描きます。

このカーブがきれいに描けていると、上下の背骨同士がきっちりと噛み合わさって関節が安定します。

これが一番体に負担の少ない姿勢です。

緩やかにカーブする事で、上下の背骨がしっかりと連結し、関節が安定するように設計されているからです。

"背骨は適度に曲がっている方が強い"

曲がった背骨は一見すると不自然に感じるかもしれませんが、実は背骨にカーブがある方が真っ直ぐに並んでいるよりも姿勢を保つ力は強くなります。

具体的に言うと、
→続きはプロフィール欄のリンクからご覧ください。


#解剖学 #解剖学講座 #オンライン解剖学 #リラクゼーション #セラピスト #ヨガ #ヨガインストラクター #ピラティス #タイ古式マッサージ #アーユルヴェーダ #ジャイロトニック #ボディケア #コンディショニング #ボディーワーク #ボディーワーカー #自然療法 #アンサンブル手技療法アカデミー #Borderlesshealth

53 likes  1 comments

Share Share Share


FURUTA DaisukeFURUTA Daisuke