【いなべ体験】
「お客様]でも[観光]でもなく、その土地の人と関わりながらいろんな体験を[自分から]やってみる。
そんな中からいろんな発見があるかも!

今回は、6月2日に行われる【ごはんを植える】のご紹介です☆藤原町鼎地区の田んぼで、手で田植えをしますよー(^◇^)
ぜひ、大人も子どもも泥んこになりましょう!

申し込みは、主催の潜道さん(地域おこし協力隊)か、移住サポーターの私、山崎までご連絡ください♫(申し込み締め切り5/27まで) ↓
以下、詳細を添付します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ごはんを植えませんか?」 三重県いなべ市藤原町鼎。
人が減り、獣が増え、田畑は荒れています。
そんな田舎で地域の協力によりこのプロジェクトが始まりました。
「農体験を通して、自然・歴史学習を行い地域活性を目指す」 
耕作放棄地・休耕田を利用して地球になるべく負担をかけない稲作体験(田植え)を通して、
地域と都市・人と人の交流、大人とこどもの垣根のないふれあいを大切にします。

今年は 音の配達人ムロくん といっしょに
ジャンベを使って「NEO田楽(でんがく)」をやります!
さらにリズムあそび教室まであるのです!!
※ムロくんについては一番下のリンクからみてね♪

田楽とは…
稲作は弥生時代または縄文時代から始まっていた、、、
いにしえの時代から田植えは重労働。
現代のように田植え機など機械のない時代、
たくさんの人手で短期間に終わらせなければいけない。
豊作を祈願する「農耕儀礼」をはじまりとし、
田植えをする人が勢いよく作業ができるように
賑やかなお囃子や舞、曲芸などを行いようになった。。。 暮らしの体験「ごはんを植える2019」
〜唄え、踊れ、田植え 鼎はじまるNEO田楽〜

6月2日(日)9:00〜12:00

場所 ○鼎家(かなえハウス)
〠いなべ市藤原町鼎 425 番地

料金 1,000円 / こども100円(12歳以下)※乳幼児無料

定員 20名くらい

持ち物 汚れてもいい動きやすい服装、帽子、タオル、着替え、
軍手、長靴(泥に入るので汚れてもいい脱げない靴でもよい) 【お申し込みについて】
事前予約でのご参加となります。
下記お問い合わせの
電話・メール・Facebookページ「鼎家 KANAE HOUSE」
いずれかよりお願いいたします。
・お名前
・連絡先
・ご住所
・参加人数
締め切り5月27日まで

ほかの農体験では味わえないここだけのスペシャルな時間。
小さなこどもから大きな大人もどなたでも参加できます。
お気軽にお問い合わせください。 【お問い合わせ】
☎︎ 080-8164-5777
✉︎ inabe.kanae1010@gmail.com
Facebookページ「鼎家 KANAE HOUSE」
https://www.facebook.com/KANAEHOUSE.inabe

主催 潜道 竜馬(せんどう りょうま)▷いなべ市地域おこし協力隊
協力 鼎グリーン・ツーリズム委員会
リズム遊び教室 ジャンベの輪

#ちいさなごちそう体験
#鼎ハウス
#ごはんを植える
#移住サポーター
#いなべ体験
#田植え
#いなべ市
#グリーンツーリズム

8 likes  0 comments

Share Share Share


iiinabeiiinabe