DC one dish

DC one dish Follow

🍀🐈ORDER MADE FOOD🐕🍀
獣医師/ペット栄養管理士 岩切 裕布(成田)
総合栄養食、療法食の手作りごはんを日々の食卓に。犬と猫の完全オーダーメイド手作り食レシピを獣医師がお作りします。カロリーや栄養組成も調整可能です🐾詳細はHPまで。#手作り食 #犬 #猫 #食べることは生きること

http://dconedish.com/

411 Followers  99 Follow

Share Share Share

ちゃいくんの2歳のお誕生日のご様子をご紹介させていただきます😊✨

昨日、2歳になったマンチカンのちゃいくん🐈💓
総合栄養食のケーキ型ご飯でお祝いしてくれました✨

猫の栄養基準は犬よりも高タンパクなのでお肉がたくさん使えます🥩
喜んでくれて何よりです🥰

ちゃいくん、おめでとう🎊✨

#repost @chai_nyan614 
おかげさまで今日でちゃいは2歳になりました🐱
おめでとう🍰

今年の誕生日ごはんも特別製!
@dconedish さんにちゃい用のレシピをお願いしてつくりました。
こんなにごはんに興味津々なちゃいは初めてでした!
気に入ったのか少しずーつ少しずーつ食べています笑

これからも元気でやんちゃで健康でいてね!


ちゃい、大好き❤ 

#ねこ部 #ねこすたぐらむ  #ねこのいる生活 #ねこのきもち #みんねこ #PECOねこ部  #マンチカン #にゃんすたぐらむ  #かわいい  #ペピ友 #catstagram  #kitten  #webcatshow #catsofinstagram #followme #instagramcats #instacats #munchkin #ねこ #ネコ  #ねこ好き
#手作り食#手作りごはん #手作り総合栄養食  #ふわもこ部  #食べることは生きること#dconedish
感謝の気持ちを全力で?❤笑

全力でお父さんの頭をなめているのは、秋田犬のハルくんです🐕
初めて出会ってから、かれこれ7年くらいになる飼い主さんが送ってきて下さいました🐾

青空の下、ハルくんのお部屋を洗ってくれているお父さんに、全力で感謝の気持ちを伝えているのでしょうか😆✨

…と、通常の"可愛い犬猫動画まとめ"とかだとそう締めくくるんでしょうが、私はそうはいきません。笑
私は知っています、ハルくんはそもそも「お父さんの頭」が大好きだということを…笑

ハルくんは、子犬の頃からずっと診療をさせていただいていたわんこで、本当に愛嬌たっぷりな秋田犬さんです。
昔からの付き合いだからか、診察のたびにお父さんの頭と同じように、私の顔面も舐め回してくれたのをよく覚えています。笑
そもそも、診察室に入る前からテンションMAXで、先生やっほー!来たよー!とルンルンこちらに向かってきてくれる子です。笑

病院が嫌いなわんこもたくさんいると思いますし、普通は獣医師は嫌われる立場なんですが、仲良くしてくれる子がいると獣医師としては有り難い限りです。

うちの先代犬は、いつもは家で一緒に過ごしているくせに、スクラブ姿で病院で出迎えると、嫌そうな顔で私のことを見ていたなぁ…😂

(…食事の話と全く関係ないですが、可愛くて、面白すぎたので飼い主さんに許可を頂いて投稿してしまいました。笑 ハルくんご家族、可愛い動画とお写真ありがとうございました❤️)

#手作り食#手作りごはん #犬 #いぬ #いぬのごはん #手作りいぬご飯 #手作り総合栄養食  #いぬバカ部 #犬好きな人と繋がりたい #いぬすたぐらむ #いぬら部 #いぬのいる暮らし #ふわもこ部 #dogfood #homemadefood #秋田犬 #わんこ飯 #食べることは生きること #いぬなしでは生きていけません #獣医師 #日本犬#dconedish#わんこごはん
*ヨウ素ってなんだろう⁈なぜ必要なの⁇*

焼きのりとツナ缶、小松菜などを使った、わんこ成犬期総合栄養食。
最近香ばしい香りの、のりがブームになっているというわんこにお届けした一皿です。

海藻類はミネラフが豊富というイメージがありますが、中でもヨウ素が多く含まれています。

ヨウ素って…良いもの?悪いもの?
カルシウムやマグネシウムはイメージがつきやすいですが、ヨウ素って一体なんなんでしょうか?

ヨウ素は犬の総合栄養食の基準にも含まれる大切な栄養素の一つで、甲状腺という臓器がホルモンを作るために必ず必要になる原料です。

甲状腺ホルモンは、

・肉体、精神的成長や組織の成熟
・脳下垂体、生殖器などの分泌腺
・神経機能
・皮膚、被毛

などに関与する大切なホルモンです。
(小動物臨床栄養学第5版より)

欠乏すると毛が抜けて毛並みが悪くなったり、無気力になったり、甲状腺種、甲状腺肥大などの影響が出てしまいます。

しかし、ヨウ素は過剰も注意が必要です。
総合栄養食の基準にもヨウ素の上限値が設定されています。不思議なのが、過剰な場合でも欠乏した時のと同じような現象が起こる、ということです。
というのも、過剰なヨウ素の摂取は甲状腺ホルモンの合成を阻害するからです。

ヨウ素の不足で甲状腺ホルモンが作られない、
ヨウ素の過剰で甲状腺ホルモンの合成が邪魔される。

不思議な感じがしますが、結果的には甲状腺ホルモンが不足してしまうという事態が起きてしまいます。

総合栄養食を食べていればヨウ素はきちんと計算されていますので、過剰にも不足にもなりません。
むしろ人間は、好みによって日々の食生活が変わったりしますよね。

人も動物も程よくローテーションして食事をすることが大切ですね☺️

#手作り食#手作りごはん #犬 #いぬ #いぬのごはん #手作りいぬご飯 #手作り総合栄養食  #いぬバカ部 #犬好きな人と繋がりたい #いぬすたぐらむ #いぬら部 #いぬのいる暮らし #ふわもこ部 #dogfood #homemadefood #柴犬 #わんこ飯 #食べることは生きること #いぬなしでは生きていけません #獣医師 #ペット栄養管理士#dconedish#わんこごはん
*手作り食オーダーランキング*

今日のひと皿は、納豆や煮干し、ビーフンを使ったわんこ腎臓療法食です。

納豆好きなわんこって、案外多いんですね。
試食してみましたが、ほぼ納豆と煮干しの香り、味でした。笑
これならビーフンもサラッと食べられそうです。

これまで沢山のオーダーをいただき、レシピを作らせていただきましたが、どんなお食事のオーダーが多いかというと…

1位*腎臓療法食
2位*総合栄養食
3位*心臓療法食
4位*腫瘍療法食
5位*複数の病気に合わせて調整した療法食
(膵炎と腎不全、心臓とアレルギーなど)

という結果でした。

1位は腎臓療法食でした。
「腎臓療法食=美味しくない」というのは、獣医の中でも割と一般的に言われていることで、それを払拭すべく大手メーカーから腎臓用のシチュー缶なんかが発売されたりしてるんですよね🍽

ただ、手作り食で腎臓療法食を作ってみると…これが案外美味しい。笑
もちろん私が食べた感想なので、わんこに完全に当てはまる訳じゃないんですけど。

2位が総合栄養食。
本来はこれが1位になるのが理想的なんですが、元気なうちからわざわざレシピを買うっていうことに抵抗がある方が多いのは当然なのかなと思うんですよね。ネットで調べれば山程レシピ載ってますし。
が、しかし、ネットで見つかるレシピは基本的に総合栄養食ではないのでお気をつけください…😓

いつか簡単なレシピは無料公開出来るようになりたい…!と密かな野望もありつつ。笑

とは言っても、簡単なことではないので頑張って稼ぎます‼︎😅笑




#手作り食 #手作り療法食 #療法食  #いぬらぶ #犬#いぬ #いぬばか部 #いぬのいる暮らし #腎臓病#homemadefood #dogstagram #doglover #犬好きな人と繋がりたい #ふわもこ部 #うまうま #いぬすたぐらむ #いぬら部 #犬なしでは生きていけません会 #食べることは生きること #獣医師 #ペット栄養管理士 #わんこ部#わんこごはん#dconedish#病気なんかなくなれ#腎臓療法食#総合栄養食
*キノコを食べればビタミンD摂取はバッチリ⁇*

写真はしろ鮭や豚バラ肉、とうもろこしを使ったわんこの腎臓療法食です。

ビタミンDと言えば、日光浴で増える!とよく言われる脂溶性ビタミンで、カルシウムやリンの吸収に関わり、骨を維持する上でも大切なビタミンです。

実はこのビタミンDには、D2〜D7まで種類があります。主に注目されるのが、

植物性ビタミンのD2(エルゴカルシフェロール)
動物性ビタミンのD3(コレカルシフェロール)

です。

犬、特に猫は植物性ビタミンDの利用効率が悪いと言われ、総合栄養食の基準では動物性のビタミンD3が基準値として設定されています。
というわけで、キノコをたっぷり食べればビタミンD摂取は安心!と思いきや、これは植物性ビタミンDなので、基準で考えると摂取ゼロ、ということになってしまうんです。

動物性ビタミンDを豊富に含む食材の代表格と言えば、鮭。
肉類にも豊富に含まれますが、鮭のビタミンD含有量は別格です。

焼いたしろ鮭100gあたりの動物性ビタミンDは約40μgなのに対し、肉類の中でも最も動物性ビタミンDが豊富な牛リブロースには3.6μgしか入っていません。

じゃあ、鮭を食べよう!…と思いがちですが、脂溶性ビタミンは過剰にも注意が必要です。
鮭を使うレシピはすぐにビタミンDが総合栄養食の上限値になりがちですので、計算しないでレシピを考えている方は定期的にローテーションで鮭を取り入れるくらいがちょうどいいかと思います。

暖かい日も増え、お散歩日和ですね☺️🐾
女性は紫外線を気にする時期ですが、わんこたちはそろそろ熱中症にもご注意ください🍀


#手作り食 #手作り療法食 #療法食  #いぬらぶ #犬#いぬ #いぬばか部 #いぬのいる暮らし #腎臓病#homemadefood #dogstagram #doglover #犬好きな人と繋がりたい #ふわもこ部 #うまうま #いぬすたぐらむ #いぬら部 #犬なしでは生きていけません会 #食べることは生きること #獣医師 #ペット栄養管理士 #わんこ部#わんこごはん#dconedish#病気なんかなくなれ#腎臓療法食
*手作り食は難しい?*

写真は、さつまいもがお好きな子に向けてお作りしたわんこ用の腎臓療法食です。

この一皿、使用している食材は4つしかありません。ですが、アミノ酸組成やビタミン、ミネラルなど、不足することなく療法食の基準を満たした食事になっているんです。

計算している私自身も、これだけでいいのか…?と少し驚きましたが、ちゃんと栄養バランスが整っているんですよね。

バランスが取れている理由として、サプリメントの使い方があります。
手作り食で不足することが非常に多いのが、
*
カルシウム
リン
亜鉛
鉄
ヨウ素
ビタミンD3
ビタミンB12
*
などです。
この中でもダントツで不足しがちなのがカルシウムと亜鉛。
ヨウ素は藻類などには多く含まれますが、全く含まれていない食材が多いので、割と不足しがちです。

実際、犬や猫の総合栄養食の基準はとても栄養価が高い基準になっているので、食材のみでこの栄養基準を満たすのは難しいんです。
市販のフードのパッケージ(原材料)を見ると、ほぼ間違いなくビタミンやミネラルが添加されています。

市販フードよりも手作り食の方が体に良いから実践している!と思いきや、栄養バランスが市販のものよりも劣ってしまっては勿体ないですよね。
だからこそ、うまいことサプリメントを活用していただければと思います。

4つの食材でサラッと作れるのであれば、手作り食もある意味簡単だなと思いました。(しかも残りの食材は人がそのまま食べられるのでコスパ良し。笑)

気付けば令和も6日目ですね!
10連休、みなさん楽しく過ごせましたでしょうか?
春は狂犬病ワクチンやフィラリア、ノミマダニ予防やらでわんこも忙しい時期かと思います。

連休最終日くらいは家族でのんびり過ごしたいものですねぇ☺️🐾

#令和もよろしくお願いします 
#手作り食 #手作り療法食 #療法食  #いぬらぶ #犬#いぬ #いぬばか部 #いぬのいる暮らし #homemadefood #dogstagram #doglover #犬好きな人と繋がりたい #ふわもこ部 #うまうま #いぬすたぐらむ #いぬら部 #犬なしでは生きていけません会 #食べることは生きること #獣医師 #ペット栄養管理士 #わんこ部 #わんこごはん#dconedish#病気なんかなくなれ#柴犬
~「手作り食」は安いか高いか~

手作り食のデメリットとしてよく挙げられるのが「手間」と「コスト」です。
封を開けてそのままあげることができる市販フードに比べれば間違いなく手間がかかると思います。

しかし、犬猫用の手作り食の面白いところは、彼らが素材の香りや味、食感を楽しんでいるということです。人間の料理と異なり、面倒な味付けはありません。調理工程も基本的に「ゆでる」「焼く」「計量」といった感じですから、料理が苦手な方でも不安なく作ることができます。

さて、コストに関してはどうでしょうか?
市販されているドライフードの価格を調べてみると…

(DC one dish調べ)
最も安い価格帯:1㎏あたり230円
最も多い価格帯:1kgあたり一般的には1000円~2500円
高級なもの:1㎏あたり9000円以上
ちなみにウエットフードに関しては、100gあたり50円から500円ほどの価格が多いようです。


今度は、体重当たりで考えてみましょう。例えば体重3kgの子の一1日の食費ですが、ドライフードでは100円~350円あたりが一般的な価格帯になります。ウエットフードだと100円~500円程度です。

では手作り食の場合はどうでしょうか?今回投稿した写真のレシピで、実は150円程度しかかかっていません。たしかに格安のドライフードと比較すると安いわけではありませんが、実は価格帯の高いドライフードと比較をすると手作り食のほうが圧倒的に安くなることもしばしばあります。

うちの子のためにいいものを食べさせてあげたいと思う方は是非いま一度、今のお食事内容と手作り食、そのほかの市販フードについて色々な選択肢があるということをお考えいただければと思います。

常に時間をかけて手作り食をしないといけないわけではありません。
震災時などに市販のフードを食べてくれるというのはとても大切なことですし、その子と一緒に遊んだり、のんびりしたりする時間のほうが大切だったりする時もありますから。
食事に絶対的な正解はありません。しかし、納得のいく食事というのはそれぞれあるかと思います。

いつもと同じドライフードさえあげていればいいという時代から、様々な趣向を凝らした市販フード、さらには好きな食材を使っておうちで作る栄養満点の手作り食など、犬猫の食事は新たな時代に突入しようとしています。

飼い主さん、獣医師、そして食べてくれる犬猫みんなで、その子の納得のいくお食事を追求して、健康な時間を一緒に過ごしていただけたらと思います。


#手作り食 #手作り療法食 #療法食  #いぬらぶ #犬#いぬ #いぬばか部 #いぬのいる暮らし #homemadefood #dogstagram #doglover #犬好きな人と繋がりたい #ふわもこ部 #うまうま #いぬすたぐらむ #いぬら部 #犬なしでは生きていけません会 #食べることは生きること #獣医師 #ペット栄養管理士 #わんこ部 #わんこごはん#dconedish#病気なんかなくなれ
*腎臓療法食のスタート目安は?*

牛ひき肉やひよこ豆を使った、わんこ腎臓療法食。
蛋白の制限をそこまで強くしていないひと皿なので、牛肉もお豆も使っています。

腎不全の時、腎臓療法食を食べることを獣医師から勧められるかと思いますが、腎臓療法食はいつ頃からスタートするものなのでしょうか?

多くの獣医師は慢性腎臓病の程度をIRIS(International Renal Interest Society)のステージ分類基準に基づいて評価しています。

腎臓病のステージは大まかに4つのステージに分類され、1が最も軽度、4が重度な状態です。
一般的に腎臓療法食が推奨されるのは、ステージ2からです。
ステージ2とは、クレアチニンの軽度の上昇、蛋白尿が見られる状態です。

ただし、クレアチニンは筋肉の量によって、検査数値に変動が出ることがあり、正確な判断が難しいこともあります。そこで近年よく検査されるようになったのがSDMAという検査です。
SDMAであれば、筋肉の量に関係なく、クレアチニンによりもより早期に腎不全を見つけることができる、と言われています。

腎不全をより早期に見つけられるようになったからこそ、食事管理が議論されています。
リンの過剰は腎臓にダメージを与えてしまうけれど、あまりに早い段階から市販の腎臓療法食のをスタートすると、蛋白質を制限しすぎてしまうと筋肉が落ちてしまう…というわけです。

最近では初期の腎不全、もしくはシニアの子用に蛋白の制限は軽度に、リンは適度に制限するというコンセプトのフードも発売されています。

手作り食も選択肢の一つです。
手作り食であれば、その子に合わせて栄養素量のカスタマイズができますので、市販のフードが合わない、もしくは食べてくれない場合は検討していただいていいと思います。

手作り食が必ずしも、食事の絶対的な正解ではありません。
うちの子に合う方法や食事を見つけるのが一番大切です。


#手作り食 #手作り療法食 #療法食 #腎臓病犬 #腎臓病食 #犬#いぬ #いぬばか部 #いぬのいる暮らし #homemadefood #dogstagram #doglover #犬好きな人と繋がりたい #ふわもこ部 #うまうま #いぬすたぐらむ #いぬら部 #犬なしでは生きていけません会 #食べることは生きること #獣医師 #ペット栄養管理士 #わんこ部 #わんこごはん#dconedish#病気なんかなくなれ
🐾空便り🐾

今日は空とのお出かけの様子を、ちょこっと投稿させていただきます😊

先日、東西柴犬祭りの東会場、鎌倉に行ってきました🐾
昨年は先代犬をなくして、寂しい気持ちと一緒に犬なしでの参加でしたが、今年は念願叶って空と一緒に来ることができました✨

特設会場の一部屋に、色々な作家さんの柴愛溢れる作品が沢山並んでいます🐕💓

犬も人もそうですが、その子その子で本当に個性がありますよね。
柴犬は、割と社交性がないといわれがちで、飼い主さん以外にはあまり懐かないと言われます(実は…動物病院の獣医師から警戒される犬種上位。笑)
ですが、それも個体差があります。

人それぞれ、犬種の好みはあるかとは思いますが、別にこの犬種だからこう!ってその子の特性を決めつける必要ないと思うわけです。

ちなみに、我が家の犬は、獣医師の家の犬の癖に大変恥ずかしながら、そんなきっちりした躾がされていません。笑
まだまだ、覚えてもらわなきゃいけないことは沢山ありますし、他の人に攻撃したりはしないようにしていますが、本人にも本人なりの主張があると思うので、反りが合わない時は随時お互いに協議に入ります。(協議という名の、若干の戦い。笑)

犬は散歩好きと言われますが、うちのはそもそも散歩が好きではなく、人混みでは一切歩く気がありません。多分、怖いんだと思います。

と、いうことで、私が駕籠屋になります。笑
空は楽だし、私は癒されるし、それでいいのです。笑

犬を飼うならこうしなきゃいけない‼︎
ちゃんと躾けないといけない‼︎
と、思われる方も多いようですが、それぞれのお家の、それぞれの家族ですから、その家族ごとの暮らしがあったっていいですよね。

食事もそうなんじゃないかなと思うんです。
それぞれ、その子ごとのベストがある。
栄養学って、そーゆー分野だと思うんです。

#柴犬祭り
#鎌倉

#手作り食 #柴犬#黒柴犬#shiba#犬#いぬ #いぬばか部 #いぬのいる暮らし #dogfood #homemadefood #dogstagram #doglover #犬好きな人と繋がりたい #ふわもこ部 #うまうま #いぬすたぐらむ #いぬら部 #犬なしでは生きていけません会 #食べることは生きること #獣医師 #ペット栄養管理士 #わんこごはん#dconedish
*グレインフリー・グルテンフリーって、どうなの?*

さつまいもとマカロニ、ヨーグルトなどを使った、わんこ腎臓療法食。
筋肉量が減りすぎないよう、蛋白の制限は軽めにしてあるヒトサラです。

最近、グレインフリー、グルテンフリーって流行ってますよね。
実際犬にとって良いことなのでしょうか?

グレインフリー、グルテンフリーを掲げるメーカーの多くは「アレルギーになりやすいから、これらを避けたフードを作っています」という文言で、フードを作っているようです。

ネット記事によっては「犬は肉食だから穀物なんていらない‼︎」というものも目にします。

実際、小麦などに含まれるグルテンが原因で食物アレルギーが起こることがあるのは間違いありません。
ただ、アレルギーが起きてしまうかどうかははまさに”その子の体質次第”です。
グルテンを食べて全く問題ない子もいれば、アレルギー症状が出てしまう子もいるわけです。

人でも、蕎麦でも海老でも何を食べて平気な人もいれば、ダメな人もいますよね。
アレルギーがある場合、避けるべきは「症状を起こしてしまう、もしくは起こす可能性がある食材」です。もちろん、グルテンなどにアレルギーがある子は避けるべきですが、特にその心配もなく過ごしている子であればあえて避ける理由はありません。

犬の総合栄養食の栄養基準は、37項目もあります。これを肉類だけで達成することは不可能です。穀物も、野菜も、様々な食材を組み合わせてバランスよく食べるのが”現代の犬の常識”なんですね。
祖先が狼でも、今のわんこたちは狼ではありません。

栄養学も医学も日々進歩しています。
“昔のまま”がいいとは限りません。
(※もちろん、動物種ごとの特性は配慮する必要がありますが。)

なぜそれを良しとしているのか、優れていると言われているのか、一度考えてみるのも面白いと思います🐾
実際その良しとされている事が、うちの子に合うかどうかは分かりませんものね😌✨

何はともあれ、うちの子第一‼︎


#手作り食 #手作り療法食 #療法食 #腎臓病犬 #腎臓病食 #犬#いぬ #いぬばか部 #いぬのいる暮らし #homemadefood #dogstagram #doglover #犬好きな人と繋がりたい #ふわもこ部 #うまうま #いぬすたぐらむ #いぬら部 #犬なしでは生きていけません会 #食べることは生きること #獣医師 #ペット栄養管理士 #わんこ部 #わんこごはん#dconedish#病気なんかなくなれ#グレインフリー#グルテンフリー
ウィズ(うー)くんがお食事のご様子を投稿してくださったので、リポストさせていただきます✨

市販の療法食は、各疾患に特化しているが故に、うちの子に合うものを見つけるのが難しいものですよね。

手作り食は簡単なようで、正解の見えない難しい分野だと痛感しています。だからこそ、飼い主さんとたくさん連絡を取らせていただいて、その子だけの正解を探したいと、一緒に見つけたいと思っています。

獣医の専門分野は眼科、皮膚科、整形外科など様々ありますが、栄養学はどんな分野よりも、その子のためだけの答えを飼い主さんと出すことができる分野だと思っています。

いつもメールなどのやりとりが多くてごめんなさい😓お付き合いいただけますと幸いです🍀

うーくん、もぐもぐ食べてくれてありがとうね☺️💓お母さんに感謝だね✨✨

#ありがとうございます

#repost @puffwithmichi 
🍚
うーと私に温かいメッセージをありがとうございます❤️
たくさんの応援やアドバイス、とっても嬉しいです😭
.
うー、昨日の夕方から完全手作りごはんにしました🐕😋
@dconedish さんが、うーの処方食の組成に合わせて(そして血液検査の結果をみて)組み立ててくださった、うー専用オリジナルレシピです👏 3レシピあります❣️
うー、喜んで完食してくれました☺️
.
@dconedish の成田先生は、獣医さんであり、動物の栄養管理士さんでもあります✨
今まで食べていた処方食と同じ基準のレシピなら、手作りごはんも安心してあげられます🍽
.
もう20年くらい前のことですが…
腎不全だった父の療法食を作っていたことがあります。
病院の管理栄養士さんが、父の血液検査の結果に合わせて、1食あたりのタンパク質やナトリウム、カリウム、リン…細やかに適正量をご指導くださったのです。
私は食品成分表とにらめっこしながら電卓を叩いて、毎日レシピを考え、療法食を作っていました。
その経験から「動物にも管理栄養士さんがいたらいいのに」と、ずーっと思っていたのです。
だから、DC one dishさんのインスタを見つけた時は「これだ‼️」と興奮してしまいました😄
.
うーが1日でも長く、おいしく食事ができるといいな。
そして、少しでも元気を取り戻してくれたら嬉しいなぁ。
.
なかなかゆっくり皆さん皆わんのところに行けず、ごめんなさい🙇‍♀️
少し落ち着いたら、またお邪魔させてくださいね😄❤️
.
#うー #ハイシニア #腎不全 #療法食 #手作りごはん #dconedish #まだちょっとてんやわんや

#手作り食 #手作り療法食  #犬#いぬ #いぬばか部 #いぬのいる暮らし #dogstagram #doglover #犬好きな人と繋がりたい #ふわもこ部 #うまうま #いぬすたぐらむ #いぬら部 #犬なしでは生きていけません会 #食べることは生きること #獣医師 #ペット栄養管理士 #わんこ部 #わんこごはん#病気なんかなくなれ
2日間に渡り、ウィルどうぶつクリニック様で、愛犬のための栄養学・手作り食セミナーを開催させていただきました🐾

その様子を投稿してくださったのでシェアさせていただきます🐶✨

とても熱心な飼い主様が多く、セミナー後の質疑応答はほぼ全員の方からお話をお聞かせくださり、とても熱量のある時間になりました🔥

愛犬のために飼い主さんが何を考え、どんなことを実践していらっしゃるのか、直接顔を合わせてお話を聞くことができて、私もとても参考になりました✨

このような貴重な機会を下さったウィルどうぶつクリニック様に心から感謝です☺️🍀

セミナー開催のご依頼は随時承っております。
お問い合わせはDC one dishのメールまでお願いします📩

support@dconedish.com

*****

15日・17日は、ウィルどうぶつクリニックにて
「専門の獣医師に聞いてみよう!手作り食セミナー」を開催しました✨
両日とも満員御礼での開催となりました😆

オーダーメイドの手作り食レシピをつくってくれるDC one dishの獣医師、成田裕布先生による、1時間半の熱い講義🔥

総合栄養食とは?療法食とは?
という知っているようではっきりと知らなかった内容から

手作り食に関するあやふやな情報、都市伝説(?!笑)などにもズバリと斬り込みながら、ワンちゃんネコちゃんの必要な栄養素、食材についてなども詳しく説明していただきました😊

質疑応答の時間には飼い主様からもバンバン質問が出てきて、とても勉強になるセミナーでした😃🌟

今回ご参加いただけなかった方、またの開催をお楽しみに😊💓


#手作り食#手作りごはん #犬 #いぬ #いぬのごはん #手作りいぬご飯 #手作り総合栄養食  #いぬバカ部 #犬好きな人と繋がりたい #いぬすたぐらむ #いぬら部 #いぬのいる暮らし #ふわもこ部 #dogfood #homemadefood #療法食 #わんこ飯 #食べることは生きること #いぬなしでは生きていけません #獣医師 #ペット栄養管理士#dconedish#ウィルどうぶつクリニック#手作り食セミナー