みゆう設計室

みゆう設計室 Follow

みゆう設計室は母・主婦目線のデザインで新築住宅、リフォーム・リノベーション、インテリアの設計・監理を行う神戸の一級建築士事務所です。家族の暮らしから、住まいをデザインしています。心地よく暮らしやすい住まいの様子を紹介します。ホームページでは事例やいえづくりレシピを紹介しています。

http://www.miyudesign.com/

463 Followers  87 Follow

Share Share Share

狭くて暗かった玄関の階段をかけかえて、明るく収納たっぷりの玄関にリノベーションした「フレンチナチュラルスタイルの家」
.
玄関正面には壁いっぱいの下足収納、階段下には屋外で使うものを収納できる階段下収納を。
.
階段上の高窓からたくさん光が差し込みます。
無垢のパイン材フローリングとシラスの左官壁で自然素材たっぷりのやさしさあふれる玄関です。
畳敷きだった和室を床板張りにリノベーションした「柚子の実る家」の寝室。
和室のイメージを残しながら、少しモダンな印象に変えるために、押入の襖をグレーの襖紙にしました。
.
選んだのは、ルノンの新鳥の子襖紙「凛」シリーズの「花【Hana】」
1階の和室では色違いの襖紙を利用しました。
.
小さな花柄は甘くなりすぎない模様。
グレーの襖紙を選んだので、寝室にふさわしくとても落ち着いた雰囲気になりました。
子どもに「危ないからそれをしてはいけない」と言うことがなくなって、こそだてをしていて安心して暮らせる家だと思います。
そんな暮らしの感想を頂いた「インナーテラスのある家」
.
今までの家ではキッチンは危ないからとゲートをつけていたけれど、今の家はない。それでも、新しい家のキッチンを危ないと感じなくなったのは何故なのでしょうか。
.
それはおそらく、キッチンに危ないものを置いてあるという状態ではないから。全てキッチン収納の中におさまり、落下するものもほとんどない。
もしかしたらゆったりとお料理や片付けをできる両親の姿を、お子さんたちもリビングダイニング側から安心して見ていられるのかもしれない。
.
洗濯を干すスペース(インナーテラス)もゆったり。洗濯をしている横で子どもが遊んでいても全く気にならない余裕。
.
そうやって家事をするスペースと収納にゆとりをもたせたことが、子育てをしていて安心できる間取りになったのかもしれません。
個室やリビングダイニングの広さ以上に重きを置いた家事空間と家事動線。
これが効きましたね!
安心する家ってどんな家だろう。
ぽかぽか日当たりがよくて、お母さんがにこにこ笑ってる家。子どもにあれしなさい、これしなさいと言ってばかりの私だからこそ、そんな余裕がうまれる家を作りたいと思う。
.
家事負担の少ない家を設計するのは今ではお母さんのためだけではありません。お父さんが洗濯物を干したり、子どもがお料理や片付けをしたり、家族で家事をシェアしやすい家になるからです。
.
「インナーテラスの家」も水周りや片付け動線を考え尽くした家事ラクな住まい。夫婦で家事育児を共有でき、お母さんがホッとする時間が作れる家です。
.
個室フロアは空間を分けることもできるし扉を開けて一体利用することも。
リラックスゾーンと片付けゾーンを設けているので、片付けもラクだし、心地よく過ごせます。
.
さらに子どもスペースの隣にはお父さんの書斎コーナー。見守ってくれるお父さんがいるから、お子さんも安心。
家の耐震強度や防犯性に加えて、そんなやさしい要素があると安心できる家になるのかなと思います。
大阪北部地震が発生して2日目。余震もまだ続いていますね。電車の運行も少しずつ回復してきて、それらに関わるお仕事の方たちがとても大変だったろうなと思います。
.
震源から近い位置にお住まいのお客さまのご自宅が心配でしたが、大丈夫だったとご連絡を頂きました。ガスも止まり、買い物も大変なことと思いますが、破損したものはごくわずかだったとのこと。一緒に考えた間取りや家具配置が幸いしたようです。被害も少なく済んでご家族が無事であると聞いて、本当にほっとしました。
.
写真はみゆう設計室の事務所のワークデスクですが、造作家具であることは「地震への備え」のひとつであると思います。やはり扉や引き出しのレールがしっかりしていますし、ぴったりサイズで納まるので家具自体が動きません。OPEN部分の収納も家具自体が動かないので、置き家具の本棚より落下しにくいのではないかと思います。
.
また良い効果が表れたのは家具配置と出入口の配置でした。危なくない家具配置。家具が転倒しても避難できる個室の出入り口。2か所以上の出入り口がある部屋がほとんどなので、万が一ひとつの扉があかなくなっても、もうひとつの扉側から避難できる、という間取りなのです。
.
建物の強度を高めることは大前提ですが、それに加えて間取りや家具配置で被害を軽減することができるのですね。頭ではわかっていても、実際の経験を聞いて、いかに重要なことなのかを実感しました。まだ余震の心配もありますが、きちんと「地震に備えた家」を作ったので大丈夫、という気持ちがあります。でも、もう地震、こないで。
今朝の大阪北部地震、大阪にお住まいの皆さん大丈夫でしたか?
神戸も揺れました。
緊急地震速報より前に揺れ始め、家族で急いで廊下に避難しました。
.
今回学校の塀の倒壊に巻き込まれ、小学生のお子さんが亡くなられたというニュースを見ました。
とても辛い被害です。
.
新築住宅を建てる時(もちろん住宅に関わらず)確認申請で敷地周辺にある塀は建築基準法に則っているかチェックが入ります。
.
コンクリートブロック塀の高さは2.2メートル以下。
高さが1.2メートルを超える場合は、塀の長さ3.4メートル以内に控壁が必要。
.
写真のお住まいの塀も、既存の塀を利用したため(既存塀が1.2メートルを超えていたので)控え壁を設けています。 .
申請のときに、控壁設けるとスペース減るし嫌だなあ、と思うことがよくあるのですが、今回の地震でもコンクリートブロック塀が倒壊している写真をいくつか見かけたので、やっぱり必要なんだなと実感しました。
.
子どもを持つ親としてもとても悔しくて辛い被害なのだけど、起きてしまった被害は取り返すことはできません。

人災だ、と責める前に今庭にある塀や建物を見直して、直すべきところは直しておいた方が良いと思います。
お金がかかること、なかなか着手できないものですが、これも1つの「備え」だと思います。
もちろん、住宅の耐震改修も。「備え」として行うこと、おススメします。
ステンレスカウンターの広いアイランドキッチンのある「柚子の実る家」
お料理が大好きな奥様はたくさんキッチンツールをお持ちですが、それがこのキッチンの収納に全て収まったそうです。
.
定位置もありとても使いやすいキッチン。食事の時間が合わないこともよくあるそうですが、そういうときはキッチンカウンターを活用。
キッチンの横にはファミリーデスクがあるので家計簿を書いたりパソコンを使ったりしやすいスペースです。
.
冷蔵庫横にはパントリー入り口があり、ストック品などは全て収納できます。
このパントリーはシューズクローゼットと繋がっているので、買い物をしてきたらすぐに収納できる家事ラク収納です。
キッチンの素材はいろいろありますが、やはり清潔感のある白のキッチンは人気があります。
ベースは白のステンレスキッチンで、作業スペース側は濃茶を、ウッドデッキ側は曇りガラスの透明感ある扉をプラスしたのが「キッチンを囲む家」のキッチン。
.
家の中央にキッチンが大きく構えるこのお住まいは、ダイニングキッチンの目の前にウッドデッキがあります。
ウッドデッキと連続するちょっと広めのスペースは、家事をしている間、お子さんが過ごしていられる空間でもあります。
.
このウッドデッキ側が透明感あるガラスと白ベースの仕上げになっています。普段過ごす場所が明るい印象になりますね。
.
それと比べてキッチンの内側、作業スペースは濃茶に。
ガスオーブンが黒いので、その黒が強く見えないように濃茶のレザー調の面材と白の面材のツートンカラーにしました。
.
キッチンは単色である必要はありません!インテリアとバランスとりながら、仕上げを変えるのも楽しいですよ。
シンクのみアイランド、コンロは背面に設けるオリジナルキッチンはみゆう設計室では人気のスタイル。
コンロから飛び散る油汚れは壁があるほうが掃除しやすいですし、換気扇の吸い込みも良いので部屋全体が汚れにくくなります。
.
「フレンチナチュラルスタイルの家」のキッチンは、収納たっぷりのオーダーキッチン。柱と窓がある建物を有効利用して、柱部分には奥行が浅い収納を設けています。
.
広くてゆったりとしたアイランドキッチン側のシンク前には60センチ幅のミーレの食洗機、まな板やキッチンツールの収納用引き出しを設けています。
.
このキッチンもシンク下はオープンに。
ふきんやタオルをかけたり、ゴミ箱を置いたりできます。
生ゴミ処理機を置くことを想定して、シンク下にコンセントも設けてあります。
キッチンがすっきり見えるのも、ゴミ箱やふきん、まな板の定位置があるからですね!
キッチン収納はオープンの方が使いやすい。でも、見た目がごちゃごちゃしそうで心配な方も多いかも。
.
「森を望む家」のキッチンは収納全てがオープン収納。片付けるものがどこにあるか、家族全員で把握するためにこのような作りにしています。
.
一目見てどこに何があるか分かりますし、片付け方にもルールを設けています。キッチン周りには頻繁に使うものを、ストック品や普段あまり使わない道具や食器はパントリーへ。
.
コーヒーマグや飾りたい食器は飾るスペースへ。
日常使いの食器は限定しているので、キッチン周りのオープン棚も整っています。
キッチンのデザインも家事の仕方、家族の関わり方によって大きく変わりますね!
オープンキッチンってリビングやダイニングから丸見えになるので生活感あるものはあまり見せたくない。
でも、家族といっしょに過ごしている感じで楽しく料理や片付けができるのもオープンキッチンの魅力。
.
「インナーテラスのある家」のキッチンはリビングダイニングと一体感のあるキッチンですが、生活感の出るまな板、ふきん、ゴミ箱などを置くためにシンク下がオープンになっています。
.
シンク下は湿気もたまりやすいので、オープンにしておくといつもキッチンがカラッとスッキリ。
.
オープン部分に4本の取り外し可能なパイプを渡していて、手前にはふきん、上部にはまな板が置けます。
ゴミ袋をフックでかけたり、掃除用スプレーを引っ掛けたり、ゴム手袋を引っ掛けたりもできますし、下部には一時置きのゴミ箱も置けます。
もちろん足元なのでダイニング側からは見えないのです!!
オーダーキッチンをつくる時、こだわるポイントは人それぞれ。シンクを製作することもありますし、既製品のシンクを使うこともあります。
.
「コラベルのある暮らし」のキッチンはカウンターがステンレスでシンクはシンプルなステンレスの既製品を使用しています。
.
パンチングトレイはこのシンクに合わせて製作しました。
お野菜を洗う時もパンチングトレイの上にのせて洗うことができるのでとても機能的です。
シンクを既製品にして、パンチングトレイを製作する。そんなスタイルも自由です。それができるのがオーダーキッチンの魅力。
.
自分仕様のオリジナルキッチンは、シンプルで無駄なスペースの無い、家事ストレスを感じないキッチンになりますよ。