ALPHA FOOTBALL ACADEMY JAPAN

ALPHA FOOTBALL ACADEMY JAPAN Follow

東京都豊島区池袋・新宿区神楽坂にて開校中のアルファフットボールアカデミージャパン公式Instagramです。

http://www.alpha-fa.jp/

24 Followers  0 Follow

Share Share Share

【神楽坂校・U12・U9クラス】今回の Alpha FA 神楽坂校の練習では「判断力」をテーマに取り組みました。

様々なシチュエーションでどうするのかという選択はサッカーの環境だけではなく、人生でも色々決めなくてはいけません。

もちろん、判断の良いアクションも、判断の悪いアクションもあります。一番大事なことは、アクションを起こすということです。

ですが、Alpha FA では適切な選択率を増やすことが目標です。

2週間の間にアタックする瞬間を選ぶ、チャレンジするタイミングを伺う、守ってない方へ仕掛ける判断など、様々な内容でこども達の判断力を磨きました。

夏休み前に素晴らしいトレーニングが出来ました!
【第1回なでしこサッカー広場】
ゲストに、元なでしこジャパン(日テレベレーザ所属)泉美幸さん・原菜摘子さんをお招きして、ALPHA FAにて念願のなでしこ広場初開催となりました!!!年中さん〜6年生まで、初心者・経験者ともに笑顔溢れる企画となりました。今後も、継続的になでしこサッカー広場を開催していきます。ALPHA FAは、なでしこサッカーの普及に貢献します☆
http://alpha-fa.jp/nadeshiko.html
【神楽坂校・U6クラス】幼稚園クラスは今回 1vs1 と 3vs3 形式でたくさんゲームを行いました。

その中で、相手が守れていないゴール、得点を決めやすいゴールを探しながら頑張りました。

嬉しいことにトレーニングの後に子供たちが「まだやりたい」と言ってくれています。
次回も楽しみにお待ちしています。
【神楽坂校・U12・U9クラス】1vs1 よりステップアップした、「2人組攻撃」のテーマに基づくトレーニングを行いました。やはりサッカーとはチームワークのスポーツです。個人技術の他に味方との関わり方はとても大事です。今回、2人で前進する、ワンツーのイメージ、相手をかわすための、基本のポジショニングを学びました。

いつも最後に行ってるゲームの中で与えたコンセプトは良く出来てきました!
【神楽坂校・U12・U9クラス】神楽坂校での2週間のテーマが終わりました!今回のテーマは「様々な1vs1」 でした。1vs1の局面での力は、とても大事な能力です。相手をかわすことによってチームを優位に立たせることができるので、細かいことまで教えていきたいと思います。

相手から遠い足でドリブルする、かわす瞬間でスピードアップ、適切な角度と距離を作る。。。たくさんキーファクターがあります。
難しいトレーニングでしたが、全員が上手くになったと感じます!
【神楽坂校・U6クラス】幼稚園生でもサッカーが大好きで、多くの子供達が神楽坂校に来てくれます。

遊びながら強い身体。
カッコいい技術、賢い頭脳を養います。

元気に練習に参加してくれている幼稚園生です!!
毎回毎回、非常に楽しい!!!
【神楽坂校・U12・U9クラス】今回のテーマは個人スキルアップに向けて、「プレッシャーとアプローチ」をテーマに取り組みました。いつも通り、攻撃者と守備者に対して課題が与えられ、子供たちは技術力、判断力、集中力、思考力を高めることができたと思います。二週間の間に各クラスで多く1vs1 を取り組みチャレンジすることを意識した期間でした。
【池袋校・スペシャルクラス】
5月下旬は「ポゼッション」をテーマに取り組みました。
前回まで守備をテーマに取り組んでいたことから、表裏一体である攻守のシナジーが生まれ、質の高いトレーニングができています。
・キーファクター
①ポジショニング
②マークを外す
③バランス
④パス&コントロール
⑤ギャップ
⑥スライド(3人目の動き)
5-6年生が良いお手本となり、3-4年生も徐々に深みと幅を取りながらピッチを広く使い、ポゼッションの形を作れるようになってきました。
※ユベントス遠征に向けたALPHA特待生を表彰させていただきました!!!ALPHA FAを通じて共に育んだアカデミー生が、ひとりでも多く海外へ渡り、チャレンジしてくれることを願います。そんな最高に刺激的な環境を、ALPHA FAはこれからもご提供させていただきます。
【池袋校・U-12&9クラス】
5月下旬のテーマは「キープ」でした。
守るキープ・運ぶキープの2つのキープを、試合に生かすために様々なシチュエーションでトレーニングしました。
・構成要素
守るキープ
①半身になる事で多くの利点がある
A:相手から遠い脚で持つ
B:ボールと相手を同一視する
C: 身体でブロックする
②相手の動きに応じてボールを持ち替える
③身体の当て方
④ルックアラウンド(次のプレーイメージ)
運ぶキープ
①間合い・タイミング
②ボールの置き所・持ち方
③予備動作(フェイントの連動)
④緩急
⑤パスorドリブルの駆け引き
⑥ルックアラウンド
最後のゲームでは、ボール2球を用いたレギュレーションで、2つのキープを駆使しつつ、コミュニケーションを取りながら楽しく活気のある試合になっていました!!!
池袋校・U-12&9クラスは、水曜日クラスが定員となりましたので、木曜日クラスにて体験を受け入れしております。新たなお友達のご参加をお待ちしております☆
【池袋校・スペシャルクラス】
5月上旬は「守備の基本」をテーマに取り組みました。
On the BALLの守備
①守備の基本姿勢
②対応・ステップワーク
③ボールを奪える状況
④ボールの奪い方
Off the BALLの守備(マークの原則)
①マーク(相手)とゴールを結んだライン上
②マーク(相手)よボールを同一視できる身体の向き
③インターセプトできる且つ背後を取られない位置
その他、組織的な守備の事など、多くの要素が含まれたセッションです。積み重ねる事で、「何となくコツが掴めてきた。」と言う、6年生選手。積み重ねる事の大切さを理解してくれた瞬間が大きな喜びでもあります!!!年間を通して、最終的にはラインコントロールまで、守備の組織としてのテーマが繋がっていきます。
※2コマ連続で参加している選手は、合間の捕食タイムも楽しみの一つですw
【池袋校・U-12&9クラス】
5月上旬は「ターン」をテーマにトレーニングしました。
相手の状況を確認しながら、左右どちらに切り返すのか?また、相手と駆け引きするためのフェイントも、徐々に引き出しが多くなってきました!!!最終的には、試合のどの場面でターンを効果的に生かすことができるか?4ゴールゲームでは、サイドチェンジの形も観られて良かったです。
【イタリアフットボールメソッドトレーニング開催】
2部構成、約60名の選手達が集まってくれました。
優秀選手は、ユベントスサマーキャンプに特待生として参加することができる特典が付いています。
今回は、単発のレッスンと言うことで、極めてベーシックな内容のメニューとなりました。
ステップの間合いや駆け引き、ドリブルの運び方の基礎を練習してから、対人でチャレンジ。
即座の習得で、学びをすぐさま実践できている選手も多くいました。
この様な基礎の土台から、一つひとつ丁寧に積み重ねることに重要性があり、イタリアではシンプルに子ども達でも分かり易いメソッドが構築されています。
ユベントスサマーキャンプでは、今回教わった基礎が、現地でのトレーニングに役立ちます。
気になる優秀選手の選考基準は、「海外遠征に繋がる。」ことを考えると、「あぁ、なるほどな。」と納得できる要素がありました。
それは、ピッチで自分を表現できること。
幾らクリエイティブで判断の質が高い選手だとしても、セレクションの場で自分を出せずに埋もれてしまうのでは、感情表現の豊かな海外へ送り出す基準としては足りない部分があります。
海外へ行くためのマインド。
フットボーラーとしてのパーソナリティとは、一般的な日本人教育のそれとは、多少感覚が異なるのかもしれません。
寡黙に淡々とではなく、誇張すると、うるさいくらいオープンマインドで。
もちろん併せて、プレーの連続性・次のプレーイメージがあり意図のあるコントロールができている等、プレーの部分も観ています。
非常に興味深い選考基準でした。
パニッチャコーチ、スタッフの皆様、ありがとうございました!!
優秀選手を獲得したみんな、おめでとうございます!!