٩( ᐛ )و

٩( ᐛ )و Follow

:)
きょうもあなたが植物たちのかおりにつつまれて
ちょうどにステキないちにちでありますように

https://m.facebook.com/aromammytherapy

52 Followers  60 Follow

Share Share Share

🌏動植物の生育環境についてはなしあう
ワシントン条約
の第18回締約国会議が
きょうから
🇨🇭ジュネーブで開催されています

人間の欲望によって
痛い
つらい
かなしい
思いをしたり
数を減らしていく
また異常に増える
動植物たち

彼らが暮らす環境を守ることは
わたしたちの健康にも
つながってまいります

例えば
よく耳にする
海を浮遊する
マイクロプラスチック問題

わたしたち
発展国の食生活の中では
平均して
1週間に5g
クレジットカード💳1枚分の
プラスチックを
経口摂取しているそうです

めぐりめぐって
わたしたちに被害が及ぶから
というだけではなく
おなじ地球に暮らすいきものとして
おだやかに
のびやかに
たのしく
共存していけるといいですよね

夏休み
ガラパゴスにおひとり旅をされた
お客様から
お写真を
ちょうだいいたしましたよ

そこでの動植物たちは
しっかりと保護されており

そのおかげで
人を怖がることもなく
ゆるりとすごす日常を
観ることができて
カメラ📸のシャッターから
指を離せなかったそうですよ

わたしがみたことがない地球の裏側の
臨場感あふれる
たのしい
おみやげばなしも
ありがとうございました

知らない世界やできごとを
教えていただける💆‍♀️施術時間
わたしも
楽しませていただいております

きょうもあなたが植物たちのかおりにつつまれて
ちょうどにステキないちにちでありますように

#お手当て
#トリートメント
#アロマテラピー
#エステティック
#リラクゼーション
#セラピスト

#歯ぎしり
#くいしばり 
#肩こり
#むくみ
#冷え
#便秘 
#たるみ
#倦怠感
#不眠
#更年期 
#くすみ 
#乾燥肌 
#シミ
#しわ

#40代
#50代 
#60代
#70代
#80代
#90代

#夙川
#香櫨園
医学の祖
ヒポクラテス

彼がお医者さまを目指す学生たちへのカリキュラムのなかでもとりわけ
マッサージについては
深く学ぶよう
指導していたそうです

皮膚は露出した脳
と呼ばれるように
ふれられた手のひらから
刺激
温度
圧力
さまざまを受け取り
感覚野へ届け
治癒力を高める
心を安定させる
とともに

親と子の
パートナー同士の
信頼するセラピストの
やさしいタッチと
こころのこもったマッサージ
肌と肌のふれあいは
もっとも
癒しと安らぎを与えてくれる
施しのひとつ

大きな台風が近づき
外はすごい風🌀と
そしてまもなく
雨☔️もやってくるもようです

こんな日はおうちで
たっぷりの
オイルやボディクリームを
あたためた手のひらにとり
大切なだれかに
そして自分に
やさしくゆっくりと
塗り伸ばしてあげましょうね

きょうもあなたが植物たちのかおりにつつまれて
ちょうどにステキないちにちでありますように

#オクラ
💆‍♀️お客様のお肌に、おからだに
ふれているお時間
お客様は、ぐっすりとお眠りになることもあれば
いろんなおはなしをしてくださることもあります

ふたりでお腹を抱えて笑い
お客様の、笑い転げておおきくあいたおくちに
わたしの指がごそっと入りそうになったり

ひとりでかかえていらっしゃる
いたみ
くるしみ
なやみ
繊細な告白ととともに
涙をこぼされたときには
てのひらに、つつみこむような気持ちを込めて
やさしくなでるように
流れていくように
溶けていくように

施術がおわり
ベッドから起きたときには
からだはもちろん
こころもスッキリと軽くなっていますように
そう祈りを込めて
そおぉっと
がつんと
わびさびをきかせて
手のひらをあてさせていただいていますよ
こころがけている大切なことのいっこです

きょうは、早い目に💆‍♀️お仕事を終え
帰ることができたおかげで
新幹線の車窓から
とてもやさしい西陽を浴びることができました

手のひらをおひさまにむけて
日光浴をさせましたよ

きょうもあなたが植物たちのかおりにつつまれて
ちょうどにステキないちにちでありますように
昨夜、新大阪駅で新幹線を待っていると
ぼっぼっぼっ
地面からお腹にずしりとひびく花火の音に
夏を感じましたよ
淀川の花火大会だったのですね

席についたころ
母からLINEで
花火がきれいだと
テレビ画面をうつした動画が送られて来ました
ほんの何分でしたが
雅やかで涼やかで
おビールがなおのこと
おいしくなりましたよ

花火🎆🎇の音と火薬のかおりを感じると
季節を感じられるしあわせと同時に
もうすぐに秋がやってくるような
せつなさを感じます

そうしてきっとすぐに年の瀬が
やってまいりますね

歳をいっこかさねるたびに
時計の針のちくたくが
どこかでこっそりと
ごそっとはしょられてるんちゃう?
と疑いたくなるような
時の流れがはやくなっていくような
気がいたしませんか?

80代のお客様が
「80過ぎたら1年なんてまばたきよ」
とおっしゃいました

おぉ
もっとはやくなるのか
まばたきか

やはり経験を積んだお姉さまの言葉は
深いですね

お姉さまに言わせると
40代なんて
まだまだお嬢さん
なのだそうですよ

そっか
お嬢さまか

それを聴くと
なんだか少し
時計の針への戦闘体制がゆるむ気がいたしますよ🙄😆 お客様とのおはなしのなかで
教わることは多いのです
ありがとうございます

さて本日からは
💆‍♀️トリートメント巡業
名古屋場所

こんな猛暑日に
繰り出して来てくださり
大切なお肌、お身体に
ふれさせていただきますこと
感謝です

腕によりを込めて
ふれさせていただきましょうね

きょうもあなたが植物たちのかおりにつつまれて
ちょうどにステキないちにちでありますように
鎖国時代
唯一の国交窓口であった長崎出島での
風景が描かれた小説のひとつの
甲南女卒の朝井まかてさんが書いた
「先生のお庭番」

2012年に出版されてすぐ読んで以来
ずっと来たかった
シーボルトのおうち跡
シーボルト記念館
長崎歴史文化博物館
出島

ともに
その小説に出てくる先生
シーボルト
の資料が展示されています

毎夏、長崎に来ているものの
お墓まいりで親戚と合流すると
そのまま
大切な教会をめぐったあと
宴会に突入し
翌日は平和祈念式典に出て空港に向かう
というルーチンで
なかなか足を向けることができず

今回、やっと
そのよっつをめぐることができました

お医者さまのシーボルトが残した
手書きの処方箋には
植物や
エッセンシャルオイル
お台所にならぶ食材
が、たくさん登場します

日本植物誌
という書籍を出版するなど
日本と植物をこよなく愛したものの
波乱の末、日本を出たシーボルトの
こころにあったのは
異なる文化も平和に共存できる世にしたい
という想いでした

出島で
シーボルトが植物たちを育てた庭園跡地や
壁に手摺りのやさしい唐紙がはりめぐらされた屋敷の内に立つと
きっとすっかりと景色はかわっていますが
小説の世界の中に立ったような
その時代にいるような

また、歴史博物館でであった
ステキな書

一華一葉一如来

江戸時代
崇福寺の住持だった道者超元が書いたもの

偉人たちの
ものがたりと叡智にふれ
脳みその中のいろんな引き出しの
あっちが開いたり
こっちが開いたり
濃厚なお時間をいただくことができましたよ

きょうもあなたが植物たちのかおりにつつまれて
ちょうどにステキないちにちでありますように

#先生のお庭番
#シーボルト
平和祈念式典の最後に
こどもたちがのびやかにうたう
千羽鶴

平和を祈る詩と曲です

これを聴くと
彼女たちの未来が
平和で自由でありますように
と祈る気持ちでいっぱいになります

過去に起きたことを
変えること、なかったこと
にはできませんが
きょうとあしたと未来とが
愛につつまれ
いろあざやかにやさしくここちよいものになると
過去は想い出と教訓に変わり
消化することができることも
あるような気がいたします

いじめも
いやがらせも
虐待も
戦争も
原子爆弾も
人の想いと手のひらでつくられます

西川きよしさん風
おおきいことはできませんが
わたしはわたしの手のひらで
心を込めて
技を込めて
ゆるんでいただけるよう
ほぐれていただけるよう
目の前に横たわってくださるおひとりおひとりに
めいいっぱいを
お届けしていきたいと思います

きょうもあなたが植物たちのかおりにつつまれて
ちょうどにステキないちにちでありますように
お墓参りへ

このあたりの?
キリスト教の?
風習として
墓石にお水はかけないのだ
と、ちいさなころに、教わりましたよ
なので、墓地に水を汲める場所がありません

しかし
ばあちゃんオリジナルルールだったのか
ローカルルールなのか
うちのお墓には
被爆により、なくなったご先祖様も多くいる
ということで
暑かったよね
お水飲みたかったよね
と、たっぷりとてんこもりに墓石にお水をかけます

被爆直後
水を飲むとすぐに亡くなってしまうから
あげてはいけない
という噂が広がっていたらしく
ばあちゃんも、歩く道すがら
たくさんの人に水を求められたけれど
差しあげることは堪えた
でも結局、その方たちはなくなってしまい
それならば、お水を飲ませてあげればよかった
と、涙を浮かべておりました

そんなことを思い出しながら
持てる限りのてんこもりに
お水を買ってまいりましたよ

お空にいるばあちゃんと親戚たち
わんこちゃんにゃんこちゃんたちに
ぺちゃくちゃぺちゃくちゃと
一方的に
いちねんぶんのおしゃべりをしながら
お掃除して
つくってきた花飾りを添え
水を浴びせ
手を合わせる
このお時間

ご先祖様たちへ
というより
わたし自身に
みえないなにかたくさんを
いただいている気がいたします

最後に、ご先祖様たちが
生前、よりどころとしていた
お墓のそばの教会で
今年もまた、伺えたこと
お礼をお伝えしてまいりました

平和なきょうに感謝
そして
さみしい今を過ごしているだれかがもしいれば
そばのだれかが気づきますように
愛のうつわが満たされますように

きょうもあなたが植物たちのかおりにつつまれて
ちょうどにステキないちにちでありますように
お花屋さんで
かわいい子を見つけました

熟れた実の中には
タネがぎっぢりとつまっています
うちに持って帰ったら
このタネたちを
土に撒くのが楽しみですよ

本日も腕によりをかけて
ふれさせていただきましょうね

きょうもあなたが植物たちのかおりにつつまれて
ちょうどにステキないちにちでありますように
本日もあたたかでゆるやかなお時間を
ありがとうございました 
٩( ᐛ )و

きょうもあなたが植物たちのかおりにつつまれて
ちょうどにステキないちにちでありますように

#ユーカリ
長崎生まれ故か
8月を迎えると
自分のいきかた
について考えさせられます
誕生日月よりももっと

ばあちゃんからきいた
原爆と
その瞬間に両親、きょうだい全員がいなくなってから
その後の人生のはなし

ばあちゃんが言っていたのは
長い年月が経ってみると
みんな、おなじ

たまたま、ばあちゃんは被爆体験があるけど
ばあちゃんになるまで長く生きることができたならもう
原爆のせいで、どうなったこうなった
というのは、ない
これだけ生きていれば、病気にもなる
生きていればみんな
大なり小なり、つらいことくるしいこと
はあって
それとおなじくらいに
うれしいことたのしいことしあわせなこと
もある
自分だけがなんで…
なんてことはない
みんな、おなじ

と、自分個人の人生観を語った上で
原爆の日のおはなしは
体験したものとして語らないといけない
戦争は絶対にしてはいけない
と、起きるのもやっとで
いちにちじゅう
横になって過ごしているはずなのに
そのはなしになると
むくっと起き出して
タクシーを呼んで
杖をついて
爆心地や
そのすぐ前にあったばあちゃんの家の跡や
に、すごい早足ですたすたと向かい
ものすごいはやくちの長崎弁で
あつく
残りの電池を燃やすように

あの日、ひとりぼっちになったばあちゃんが
その後、結婚して7人のこどもを育てあげ
老後も、動ける間はずっと働き続け
わんこやにゃんこをかわいがり
いつも自分のはなしに涙を流すほど大笑いをし
場を明るくさせ
今も、子や孫のこころに
笑っていつづける

こどもたちとその家族全員の誕生日を記憶していて
その日に必ず電話をくれたばあちゃん

すごい人だな、と

きっと、どんなわたしでも
ばあちゃんはそのままに
笑って受けとめてくれると思うけれど
ばあちゃんが教えてくれたものさしがあるおかげで
わたしのまんなかをまっすぐに持っていられるよ

お空にのぼってなお
支えてくれるばあちゃん

ありがとう

ただいま、名古屋巡業中です
引き続き、腕によりをかけて
ふれさせれいただきましょうね

きょうもあなたが植物たちのかおりにつつまれて
ちょうどにステキないちにちでありますように
からだがほぐれるとこころもほぐれる
お肌が元気になるとこころも明るく前向きになる

全部、つながっているんですよね

おこしくださったときと
ベッドから起き
鏡にむかわれたときと
みなさま、目の輝きと呼吸の深さが違いますよ

それを拝見するたび
わたしの手のひらの職人魂が
るるるるっと
小躍りしております

ありがとうございます

きょうもあなたが植物たちのかおりにつつまれて
ちょうどにステキないちにちでありますように

#ユーカリ
気持ちいいお天気ですね

昨夜は帰りが終電となり
家についたのは日が変わっておりましたが
わがやの暴犬🐶🐾が
起き出してきて
玄関でお出迎えをしてくれましたよ

店に着いてカバンをあけると
きっと暴犬がしのばせたおもちゃが入っていたり

植物のかおりにいやされ
暴犬にいやされ
きょうも笑顔で
腕によりをかけて

きょうもあなたが植物たちのかおりにつつまれて
ちょうどにステキないちにちでありますように

#粟