Doteno Iseya

Doteno Iseya Follow

土手の伊勢屋
創業明治22年
天丼にして美味しい素材を吟味して使用しております。天丼は、庶民の食べ物ですので値段も味のうちと考えCPに気を付けております。
穴子にこだわり、店外に専用水槽を設け
豊洲市場がお休みの日も朝〆の新鮮な活穴子をご提供させて頂いております。小鯛(春子)の天麩羅も自慢の一品です

http://www.dotenoiseya.jp/

1,230 Followers  3,389 Follow

Share Share Share

【江戸前】
 梅雨の時期になりました。
山から養分豊富な水が海(東京湾)に流れ込むと
プランクトンが増えそれをエサとする
小魚も増えまたそれをエサとする キス、穴子他に
格好の環境になります。

穴子は、梅雨の水を吸って脂がのり最も美味しい旬を迎えます。
キスは、「6月のキスは、絵に書いた物でも食え」 と言われ最盛期を迎えます。

当店でも連日 江戸前の穴子、キスを仕入れています。
小鯛(春子)は、九州 豊後水道より脂ののった最高品質の物を仕入れます。 
現代の江戸前天丼は、エビ、小魚、かき揚げ、野菜が載り 錦柄の丼ぶりで提供するのが常道です。丼ぶり飯ですので値段も味のうちとしてあえて高価な車エビは入れません。
車エビは、塩で召し上がった方が美味しい食材です。また野菜も高温で揚げるのには 不向きな
葉っぱ類は、扱いません。

当店の現代の江戸前天丼を是非お召し上がり下さい。
人には任せず責任をもって私の揚げた天麩羅
のみをご提供致します。

生涯一職人
四代目 若林喜久雄

#土手の伊勢屋#老舗#江戸前天丼
#活穴子#小鯛#キス#江戸前
#四代目 若林喜久雄
土手の伊勢屋のWikipediaが乗っ取られた事は、既に ご報告致しました。
Wikipediaの説明では、管理者と話し合いで解決する様にと無責任な事が書かれています。
当店のWikipediaを乗っ取ったヤカラは、
素直に話し合いに応じるはずがないので
当店は、このデタラメの書かれてたWikipedia への正しい情報の投稿を諦めます。

土手の伊勢屋のWikipediaの情報は、デタラメです。
ご理解頂きます様お願い致します。
当店は、こんりんざい関与致しません。

投稿内容は、土手の伊勢屋店主への名誉毀損及び営業妨害にあたります。

このデタラメな情報の責任者は、もちろんお分かり頂けると思っております。
名乗っているのと同じですから…
子供じみたちょっかいは、いい加減にしてもらいたいものです。
ブロック解除の日が過ぎると こちらが手を打つ前に勝手な事を書いてまたブロックするに違いありません。

四代目 若林喜久雄

#土手の伊勢屋#Wikipedia
#四代目 若林喜久雄
土手の伊勢屋のWikipediaが、管理者名を変えられ乗っ取られました。

あの店の連中は、こう言う事をするのですね。
このデタラメな部外者の投稿は、土手の伊勢屋
店主への名誉毀損及び営業妨害にあたりますね。 
責任者の資質を疑います。

この投稿は、監視されている恐れがありますのでご注意下さい。

#土手の伊勢屋#Wikipedia#証拠有り
#四代目 若林喜久雄
昭和47年  土手の伊勢屋

三代目 若林喜一の時代

#土手の伊勢屋#老舗
#三代目 若林喜一#パブリカバン 800
【こだわり】
当店は、穴子に特にこだわりがあり朝〆を徹底しております。その日の内に使い切り翌日には持ち越しません。
穴子専用の水槽を設け海水の水温、水質管理に
気を付け自然のきれいな海水に限りなく近ずけミネラル豊富な穴子にとって快適な環境を作っております。
移動と狭い水質の良くない環境に置かれた穴子を当店の水槽でストレスをなくし活きの良い
状態に戻します。

活かして置けば良いと言う問題ではありません。
水質が悪るいと身にクセが出たり 何日も活かして置くと身が痩せてしまい脂も堕ちてしまいます。
活魚が必ず美味しいと言う事はありません。
その様な事がない様に当店では、活魚が付いた
日から3日以内に使い切ります。

6月、7月は、梅雨穴子と言って江戸前の穴子が
旬を迎え脂がのり最も美味しい時期になります。当店でも江戸前活穴子をご提供致しますの
で  ご賞味頂けますと幸いです。

老舗の信用、責任と技を込めた天丼をご提供致します。
また 土手の伊勢屋に五代目は存在致しません。
老舗の精神、技とお客様への感謝の気持ちを教えた者は誰一人おりません。
系列店及び支店も一切ございません。
類似店にご注意下さい。

#土手の伊勢屋#天丼#天麩羅
#こだわり#活穴子
#四代目 若林喜久雄
先日、「ごはんジャパン」
テレビ朝日 Pm6:30~7 (土)で
江戸前天麩羅を紹介していました。
千葉県竹岡でキス、メゴチの漁、その魚を
豊洲市場で買う高級天麩羅店を紹介し
ゲストに提供すると言う内容でした。
その天麩羅店では、コーン油となたね油を使用しごま油は、使わないそうです。
魚は、江戸前のキス、メゴチ、アオリイカ、
太刀魚(切身)、のど黒(切身) の天麩羅を
紹介していました。 
江戸前天麩羅の魚は、必ず一尾を使い
そのしっぽの形で何の魚かが分かると言うのが定義でした。
油は、香り高いごま油を使用します。
この定義が時代と共に変わり切身も使う様になりました。
高級天麩羅の歴史は浅く現在では前述の様に
切身の魚を使い油もごま油を使ない店まで存在します。
もはや高級天麩羅は、江戸前天麩羅の定義から
はずれ創意工夫をした現代の天麩羅との認識が正しいと思います。
江戸前の魚を使うから江戸前天麩羅とは必ずしも言えない時代になりました。
まして漁獲量、魚種が少ない高価になり過ぎた
江戸前をあえて追う時代ではありません。

当店の話しになりますが、
魚は江戸前天麩羅の定義通り一尾付けの小魚を使い香り高いごま油を使用します。
江戸前天丼を守り続け進化させて行くためあえて高価な江戸前の魚は追いません。
天丼は、値段も味のうちと考えます。
旬を迎え漁獲量が多い時は江戸前の魚を使います。
全国から魚が豊洲市場に入ってきます。
江戸前の魚は確かに一流ですがそん色のない魚も沢山ありますので
その見極めが職人の目利きと豊洲市場の仲買さんとの信頼関係になります。

#土手の伊勢屋#天丼#天麩羅#江戸前
#活穴子#春子(小鯛)#老舗
#四代目 若林喜久雄
この名刺の裏面の絵は、
故酒井不二雄先生に描いて頂いたボールペン画です。先生は、ご自身の作品を売る事はせず大事に保管されていました。
個人的にお付き合いのあった当方は、
無理をお願いして特別に当店を描いて頂き原画を買い求めました。
世界に一枚の貴重な作品です。
この絵の入った包装紙を作るため昔からお付き合いのある某印刷業者にこの原画を預けました。
ところが、ひと月後に返却された絵は、スキャンした印刷物でした。
問いただしてみると「お預かりした絵はスキャンした印刷物でした。」との回答でした。
先生から買い求めた原画を大事に自宅で保管しておりその絵をそのまま業者に渡したので間違いなく原画でした。
その印刷業者は、お預かりした絵は、スキャンした印刷物でしたのいってん張りで非を認めません。預り証をもらわなかった当方の落度もあり
原画でした いや スキャンした印刷物でした との両者引かない証拠のない事件で
訴えても責任のなすり合いでらちがあかないと
思い  訴えを諦め当方の泣き寝入りと言う結果になりました。
当店は、二度と手に入れる事の出来ない貴重な財産を失いました。
この印刷業者との付き合いを辞めこんりんざい伊勢屋の敷居をまたがない様にと言うのが精一杯でした。
お引き取り下さい。と言うと社長は、ふたつ返事で帰りました。確信犯です。
全く無責任で許しがたい業者です。

#土手の伊勢屋#故酒井不二雄先生
#ボールペン画
【お客様各位】
 GW中にお越し頂いたお客様を大変お待たせ
してしまい申し訳ございませんでした。
それでもお待ち頂いたお客様に厚くお礼申し上げます。
普段ですとここまでお待たせする事は、
ございませんのでお近くにお越しの際は、
是非またご来店頂きます様お願い致します。

また今週末より「そら豆のかき揚げ」の
販売を再開致しますので是非ご賞味下さい。
 土手の伊勢屋の新しい名刺が出来上りました。
伊勢屋のトレードカラーの藍色をベースに
〇天を入れSpacenoid Companyさんに
作って頂きました。
ご来店の際にパンフレットと共にお持ち返り下さい。

#土手の伊勢屋#お礼#名刺
#Spacenoid Company
#Art Derecter/Designer#魚住和伸
#そら豆のかき揚げ#季節限定
#四代目 若林喜久雄
GW中は、大変混雑してかなりお待たせしてしまい申し訳ございません。
職人を使い揚げ手を増やせば、お待たせする時間が短くなるとのご意見は、ご最もだと思いますが、
自分が納得した魚を自分で天麩羅にして召し
上がって頂きたく他人には任せられますん。
自分が社長で職人任せの店は、他に沢山あります。
そうすると職人によって出来の良し悪しが出る様になったり揚げ置きを提供してしまう事が大型店には有りがちです。
当店は、小さな店ですので
この様な事は避け私の揚げた天麩羅のみをご提供致します。
旨い不味いは、私の全責任です。
私には、多店舗化などの能力がございませんので生涯一職人として店を経営させて頂きます。
また一人で揚げていますので
お時間がかかってしまう事をご理解頂きます様 お願い致します。
その代わり責任を持ってこれが
現代の江戸前天丼だと言う作品をご提供させて頂きます。

皆様のご来店お待ち申し上げます。

#土手の伊勢屋#江戸前天丼#天麩羅
#活穴子#小鯛#老舗のポリシー
#四代目 若林喜久雄
【GWのお知らせ】
20日(土) 「ぶらぶらサタデー
有吉くんの正直さんぽ」 で
土手の伊勢屋が紹介されました。

GWは、5月1日(水)は お休みさせて頂きます。
その他の日は、通常通り営業致します。
豊洲市場が、お休みの日でも
生けすに新鮮な活穴子と
春子(小鯛)もご用意致します。
お誘い合わせのうえ是非
ご来店頂きます様お願い致します。

残念ですが、そら豆の入荷予定がございません
のでご容赦お願い致します。

#土手の伊勢屋#天丼#天麩羅#老舗
#朝〆活穴子 #春子(小鯛)
#ぶらぶらサタデー
#四代目 若林喜久雄
【お知らせ】
4月20日(土)  フジテレビ
Pm12~Pm1:30
「ぶらぶらサタデー 有吉くんの正直さんぽ」
で 土手の伊勢屋 が紹介されます。番組後半の短い時間ですが、是非ご覧下さい。

ゲスト 朝比奈 彩さん、上島竜平さん

#土手の伊勢屋#天丼#天麩羅#老舗
#ぶらぶらサタデー 有吉くんの正直さんぽ #四代目 若林喜久雄
この絵は、故酒井不二雄先生に描いて頂いたボールペン画です。先生は、ご自身の作品を売る事はせず大事に保管されていました。
個人的にお付き合いのあった当方は、無理をお願いして特別に当店を描いて頂き原画を買い求めました。
世界に一枚の貴重な作品です。
この絵の入った包装紙を作るため昔からお付き合いのある某印刷業者にこの原画を預けました。
ところが、ひと月後に返却された絵は、スキャンした印刷物でした。
問いただしてみると「お預かりした絵はスキャンした印刷物でした。」との回答でした。
先生から買い求めた原画を確認し大事に自宅で保管していた絵をそのまま業者に渡したので間違いなく原画でした。
その印刷業者は、お預かりした絵は、スキャンした印刷物でしたのいってん張りで原画であった事を認めません。
預り証をもらわなかった当方の落度もあり(預り証を書かなかった業者も落度あり)
 原画でした いや スキャンした印刷物でした との両者引かない証拠のない事件で
訴えても時間とお金ばかりかかる裁判になるので
訴えを諦め当方の泣き寝入りと言う結果になりました。
当店は、極めて貴重な家宝を失いました。
今後この印刷業者との付き合いを辞めこんりんざい伊勢屋の敷居をまたがない様にと言うのが精一杯でした。
全く無責任で誠意の無い業者でした。

#土手の伊勢屋#ボールペン画#家宝
#故酒井不二雄先生#無責任な業者
#四代目 若林喜久雄