Factelier(ファクトリエ)

Factelier(ファクトリエ) Follow

ファクトリエは、メイドインジャパンのファッションブランドです。職人と高品質でこだわりのものを作っています。Factelier is a fashion brand of Made in Japan.We make high quality products with craftsmen.

https://goo.gl/VYw0yB

5,004 Followers  15 Follow

Share Share Share

【ニットってなんのこと?】
昨日、2月10日は「ニットの日」でした。
これは、1994年に日本ニット工業組合連合会が全国的な記念日として制定したものです。

そもそもニットの起源は、考古学的には紀元前一世紀頃と推定されるエジプトの古墳などから発掘されたものだとされていて、本格的な手編みの技術を完成させたのはアラビアの遊牧民族だそうです。
この技術がエジプトからヨーロッパ各地へと広がっていったと言われています。

さて、このニットの意外に知らない事実。それは、実はニットとは「編んだ布地やそれを使った服」のことだということ。 「ニット=ウール」もしくは「セーターやカーディガン」だと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、ウール素材もしくはセーターに限ったものではないんです。
なので、カシミヤの編み地もニットですし、編み地を使ったTシャツや靴下もニットということになります。

今日のように寒い日には欠かせないニットですが、改めて意味を知ると、思わず誰かに話したくなってしまいますね。

#ニット #ニットの日  #カシミヤ #ウール #豆知識 #aha #トリビア #意外に知らない #雑学 #誰かに話したくなる #起源 #factelier #ファクトリエ #ファッション #工場 #madeinjapan #日本製 #ものづくり #こだわり #factory #職人 #語れるもので日々を豊かに #japan
【あきれるほど美しいローファー】
ローファーの起源は20世紀初めに王室や上級階級者の室内履きとして誕生しました。

そんなローファーを、美しいシルエットと最高の履き心地にこだわって作っているのが大阪府浪速区に工場をかまえる「インターナショナルシューズ」。 古くから皮革産業の町として発展してきた浪速区に1954年創業して以来’’もっといい靴を作ろう’’というスローガンを掲げながら、伝統と技術が受け継がれてきました。

そのこだわりは、コンマの世界。
革の選別から仕上げまで、全ての行程の細部にまでわたり、熟練職人の手で一足一足丁寧に作られます。

そんな丁寧な職人技だからこそ、女性の足を綺麗に魅せてくれる美しいシルエットや毎日履きたくなるような履き心地を実現しています。

一足一足に込めた職人の想いとこだわりが光る、あきれるほど美しい一目惚れローファー。
その履き心地に、驚くことと思います。

#ローファー #あきれるほど美しい #一目惚れ #靴 #革靴  #オシャレは足元から #シルエット #履き心地 #インターナショナルシューズ #大阪 #factelier #ファクトリエ #ファッション #工場 #madeinjapan #日本製 #ものづくり #こだわり #factory #職人 #語れるもので日々を豊かに #japan
ものづくりマルシェ「熊本」特集。本日の店頭イベントのライブ配信で紹介した限定セット。
語りつくせないこだわりで、大量生産できない、甘くないピーナッツバター。
小国杉のスプーンとどんぐり。
普段ウェブでは売っていないこのスペシャルセットを特別にご用意しました!
ファクトリエのイベントページから10個限定で発売中。

#熊本 #数量限定 #小国杉 #田舎想菜楽や #ピーナッツバター
【新年のご挨拶とお年賀】
新年、あいさつ回りの際にタオルやお菓子など手土産を持って行くのには、お年賀とお年玉との深い関係があります。
日本では古くから新年のご挨拶で訪問する際には、年神様を祀る神棚へのお供え物「御歳魂(お年玉)」を持参する習わしがあり、これが「お年賀」の起源とされています。このお供え物が時代を経て手土産に変わり、現在では子供へは「お年玉」大人は「お年賀」として贈るようになりました。ちなみに松の内を過ぎた場合はお年賀ではなく、「寒中見舞い」になるのでご注意ください。
お年賀やお返しには、いつもお世話になった人が喜んでくれるものを贈りたいものですよね。そんな時にストーリーのある語れるものだと訪問時の会話も弾みそうです。
#お正月 #新年 #挨拶まわり #仕事始め #お年玉 #お年賀 #年神様 #寒中見舞い #御歳魂 #手土産 #factelier #ファクトリエ #ファッション #工場 #今治タオル #madeinjapan #日本製 #ものづくり #こだわり #factory #職人 #語れるもので日々を豊かに #2018aw #japan #ものがたりのあるものづくり
新年、明けましておめでとうございます。

今年の干支は「亥」ですね。
さて、日本で一般的に干支と呼ばれているものは、正しくは十二支。
実は紀元前14~15世紀の中国から使われていた、十干(じっかん)と十二支を組み合わせた「十干十二支」を、一般に「干支」といい、年や月、日を表すのに使っていました。それをのちに、人々が覚えやすいように十二支に動物を当てはめたのだそうです。

亥年は、猪肉の栄養価が高く病気予防になることから「無病息災の年」になるとも言われ、また猪突猛進という言葉が表すように、目標に向かって猛進していく人を助ける「火の神の化身」ともされています。

ちなみに十二支がある国でも、その動物は国によってちょっとずつ違うんです。
国の文化の違いも感じられるので調べると面白いかもしれませんね。

それでは、この一年が幸多き年になりますように。
本年もよろしくお願いいたします。
※年賀状にも使ったこのイラストの亥を良く見ると、洋服の生地や革を組み合わせてあるんですよ。

#ファクトリエ #ファッション #工場 #madeinjapan #日本製 #ものづくり #こだわり #factory #職人 #語れるもので日々を豊かに  #japan #亥 #いのしし #猪  #お正月 #新年 #newyear #年賀状 #干支 #十二支 #無病息災 #火の神の化身 #十干十二支
【着衣始(きそはじめ)という習慣】
着衣始(きそはじめ)は江戸時代から続く習わしで、お正月の三が日のうち吉日に新しい着物を着始めること。いわゆる「新調」です。当時は頻繁に着物を新調できる訳ではないので、新しく年神様を迎えるお正月に、新調した着物や下着を身につけたのだそう。現在でもその名残りとして、普段身に着けている洋服や下着、お財布などを新調する方も多いようです。お正月を新調した洋服で過ごすことで気分も引き締まり、新しい一年を気持ちよく始められそうですね。
今日寝る前には、新しい洋服を準備してみてはいかがでしょうか。
良い年をお迎えください。
#着衣始 #お正月 #年始 #新調 #洋服 #年神様 #吉日 #factelier #ファクトリエ #ファッション #工場 #madeinjapan #日本製 #ものづくり #こだわり #factory #職人 #語れるもので日々を豊かに  #japan #newyear
【お正月の祝い箸と箸袋】
お正月にも使用する祝い箸。
祝い箸の長さは縁起よく末広がりの八寸(約24センチ)。また箸の両端が細くなっているのも特徴です。
これはおせちを食べるにあたって、一方を年神様、もう一方を人が使い、年神様と食事を共にするという意味が込められています。これは「神人共食」といい、神様と共に食事をすることで1年の恩恵を授かろうというものです。
ですから絶対に、箸の反対側を取り箸にしてはいけません。
それ以外にも真ん中が太いのは、五穀豊穣や子孫繫栄を願うため、などとたくさんの意味が込められています。
ちなみに、お正月の祝い箸は、大晦日に家族の名前を箸袋に記入して神棚に供え、元旦から松の内まで使うのが習わしです。
祝い箸袋は千代紙で手作りしてみるのもいいかもしれませんね。

#祝い箸 #お正月 #縁起 # #factelier #箸袋 #折り紙 #和紙 #千代紙 #折り鶴 #手作り #ファクトリエ #ファッション #工場 #madeinjapan #日本製 #ものづくり #こだわり #factory #職人 #語れるもので日々を豊かに  #japan #newyear #origami
【スペシャル企画:「つかう人と、つくる人。」】 クリスマスのスペシャル企画として連載が始まった「つかう人と、つくる人。」
使っているアイテムへの愛情や気に入っているところ、そして工場の職人への想いを工場へ届け、また工場の職人からもご愛用者様へメッセージをいただきます。
そんなお客様と作っている工場が想いを伝え合う、まるで文通のような、あたたかいコンテンツです。

第1回は、プレゼントに多く選ばれている世界初の「オリーブレザー」を使った革製品を展開する「エールック」とそのアイテムのご愛用者が登場しています。
※商品詳細ページからご覧いただけますのでぜひご覧ください。

#クリスマス #christmas #alook #つかう人とつくる人 #伝え手 #happyholidays #factelier #ファクトリエ #ファッション #工場 #madeinjapan #日本製 #ものづくり #こだわり #factory #職人 #語れるもので日々を豊かに  #japan
【手袋には“愛”がつまっている!?】
あと4日でクリスマスですが、12月から人に気持ちを伝えるイベントが盛りだくさん。
大切な人に渡すプレゼントには語れるものに想いをのせて贈りたいもの。

実は、プレゼントによく選ばれるものに「手袋」があります。
ひと目見て「美しい」とまで言わしめるほどこだわりの手袋を作っている香川県の老舗手袋メーカー「TOMOKUNI」によると、実は手袋には“愛”が詰まっているのだそう。
それは「手袋」を英語でいうと「GLOVE」。そう「LOVE」が入っているから。
だからこそ手袋は、語れるものとともに想いを伝える、そんなシーンに最適なのかもしれません。

#christmas #present #クリスマス #プレゼント #happyholidays #手袋 #tomokuni #香川県 #GLOVE #LOVE #想いを伝える #愛 #贈り物 #factelier #ファクトリエ #ファッション #工場 #madeinjapan #日本製 #ものづくり #こだわり #factory #職人 #語れるもので日々を豊かに #japan
【なぜクリスマスにプレゼントを贈るの?】
あと10日でクリスマス。大切な人に何を贈ろうか悩むのは楽しいひと時ですよね。
クリスマスの起源は諸説ありますが、古代ローマのサトゥルナリア祭が起源だといわれています。この祭りはちょうど冬の折り返しの時期、日本でいうと冬至の頃に、残りの冬を乗り切るためにごちそうを作り、近所で分けて、さらに親しい人にはろうそくや人形を贈っていたのだそう。これがクリスマスプレゼントの始まりです。その後ローマではキリスト教が国教となり、この祭りがクリスマスになったのです。
クリスマスプレゼントのはじまりから、こんなに長く続くのは、日ごろの想いを伝えたいと多くの人が思っているからこそではないでしょうか。
“語れるもの”に想いをのせて贈ってみませんか。

#christmas #クリスマス #christmaspresent #クリスマスプレゼント #贈り物 #起源 #文化 #伝統 #factelier #ファクトリエ #ファッション #工場 #madeinjapan #日本製 #ものづくり #こだわり #factory #職人 #語れるもので日々を豊かに #2018aw #japan"
【いい服の日こそハンガーを】
11月29日は「いい服の日」。これは良い服とは何か、良い服を作るのに必要なものは何か考える日として平成22年に制定されました。
そこで、今回は「良い服を長持ちさせる」ためのケア方法をご紹介します。

普段何気なく使っているあの道具が洋服の基本的なケアに繋がるんです。
それは「ハンガー」。 平面裁断で作られる和服はたたんで収納できますが、立体裁断で作られる洋服は、できるだけ「人が着ている状態」に保っておくことが大切。
着ている時間よりもハンガーにかかっている時間の長い洋服にとって、ハンガーは一番の相棒です。

日本で唯一の国産の木製のハンガーを作る「中田工芸」。
原材料である天然のブナの硬さや木目に合わせて、熟練職人が一本一本手作業で加工を行っているため、当然全て一点モノ。

肩から肩先にかけての湾曲だけでなく、肩先の丸み、首の後ろの丸みなど、人体の骨格に近いアールを再現したり、機能性の追求にも余念がありません。 「いい服」を大切にしたい方は、まずはハンガーからこだわってみても良いかもしれませんね。

#いい服の日 #ハンガー  #hunger #お手入れ #ケア #歴史 #伝統 #文化 #factelier #ファクトリエ #ファッション #工場 #madeinjapan #日本製 #ものづくり #こだわり #factory #職人 #語れるもので日々を豊かに #nakatakougei
【履いた瞬間に感じる、包み込まれるような感覚】
秋も深まり、紅葉が綺麗になってきました。もみじ狩りには“歩きやすい”スニーカーで出かけたいもの。この“歩きやすい”に欠かせない条件がなんといっても「履き心地」。愛知県丹羽郡大口町に工場をかまえる「マドラス」は究極の履き心地を生み出すために、約100年ものあいだ日本人の足に寄り添ってきました。この履き心地を左右する最も重要な工程は靴の木型を作ること。たった一枚のスケッチを描くことから始まる靴づくり。そこから現代の日本人の足や体格を研究し尽くしたデータをもとに型紙、木型を製作していきます。機械では再現できない手作業ならではの丁寧さ、繊細さが宿る木型は熟練職人にしか作れません。伝統と確かな数字、そして熟練の技に裏打ちされたスニーカは履いた瞬間に「包み込まれるような感覚」を味わえ、長く歩いても疲れにくい極上の履き心地です。上品でカッコ良いスニーカーは、スニーカー通勤にもおすすめです!
#紅葉 #もみじ狩り #スニーカー通勤 #leathersneaker #レザースニーカー #sneaker #スニーカー #歩きやすい靴 #木型 #伝統 #100年企業 #老舗 #madras #マドラス #本物の履き心地 #愛知県 #factelier #ファクトリエ #ファッション #工場 #madeinjapan #日本製 #ものづくり #こだわり #factory #職人 #語れるもので日々を豊かに #f2018aw #japan