石本藤雄展 -マリメッコの花から陶の実へ-

石本藤雄展 -マリメッコの花から陶の実へ- Follow

愛媛県出身、フィンランド在住のテキスタイルデザイナー・陶芸家の石本藤雄さんの展覧会。
■愛媛展 2018年10月27日-12月16日
愛媛県美術館・砥部町文化会館
■京都展 2019年3月9日-4月21日
細見美術館
■東京展 2019年夏
スパイラル

http://www.fujiwo-ishimoto.com/

893 Followers  1,203 Follow

Share Share Share

【フィンランド紀行3】
ミーティングの合間に訪れた石本さん馴染みのレストラン「Wellamo」。このレストランには、マリメッコのスタッフともよく来ていたそうです。
*
Gallery Restaurant Wellamo 
https://www.wellamo.fi/
*
#石本藤雄 #fujiwoishimoto #フィンランド#Finland #arabia #アラビア#北欧 #Scandinavia #ヘルシンキ #Helsinki  #マリメッコの花から陶の実へ #marimekko #マリメッコ #細見美術館 #京都 #kyoto #陶芸 #ceramic #Ravintolawellamo
【フィンランド紀行2】
フィンランドを代表する老舗陶器メーカーのアラビア社では、1932年、フィンランドの陶器文化の発展の鍵をアラビア社が握っているという考えから当時のアートディレクターであったクルト・エクホルムの提唱で、アート部門が立ち上げられました。2003年にはアラビア・アート部門協会が設立され、石本さんのスタジオがある同フロアでは常時8作家がそれぞれのアトリエで制作に励んでいます。

#石本藤雄 #fujiwoishimoto #フィンランド#Finland #arabia #アラビア#北欧 #Scandinavia #ヘルシンキ #Helsinki  #マリメッコの花から陶の実へ #marimekko #マリメッコ #細見美術館 #京都 #kyoto #陶芸 #ceramic
【フィンランド紀行1】
愛媛県美術館で大盛況だった「石本藤雄展 ーマリメッコの花から陶の実へー」を終え、ヘルシンキにて京都展の準備に取り掛かる石本さんの元へ展覧会スタッフが訪れました。今日から数日間その様子をお届けします。
*
石本さんのアトリエは、フィンランドを代表する窯「アラビア」のアートデパートメントにあります。建物の最上階に位置するこの場所は眺望もよく、石本さんはここで日々制作に取り組んでいます。
*
#石本藤雄 #fujiwoishimoto #フィンランド#Finland #arabia #アラビア#北欧 #Scandinavia #ヘルシンキ #Helsinki  #マリメッコの花から陶の実へ #marimekko #マリメッコ #細見美術館 #京都 #kyoto #陶芸 #ceramic
3月9日(土)より京都・細見美術館で開催される「石本藤雄展 マリメッコの花から陶の実へ-琳派との対話-」に合わせて、京町家を利用した宿泊施設「京の温所 岡崎」にて、展覧会鑑賞チケットと宿泊プランがセットになったご予約を受付中。期間中は宿内にて石本藤雄さんの作品が鑑賞できるほか、羊羹やポストカードもついてます。

ぜひこの機会にご覧ください。

詳しくはこちら→https://www.kyo-ondokoro.kyoto/blog/01-ondokoro-okazaki/post-22.html

#石本藤雄 #fujiwoishimoto #フィンランド #Finland #Scandinavia #北欧 #Finnish #helsinki #marimekko
#arabia #マリメッコの花から陶の実へ
#京の温所岡崎 #マリメッコ #細見美術館 #京都 #京町家 #町家 #一棟貸し#kyoto #wacoal #京の温所
愛媛県美術館にて2018年に行なわれ、好評を博した『石本藤雄展-マリメッコの花から陶の実-』の第2弾として、日本でも有数の「琳派」のコレクションで知られる細見美術館(京都市左京区)にて、3月9日(土)より『石本藤雄展マリメッコの花から陶の実へ-琳派との対話-』を開催します。

今回は、細見コレクションの主軸である「琳派」作品と石本作品の取り合わせが見どころです。伸びやかな構図で身近な自然の美を描き人々の生活を豊かに彩る作品を生み出す石本藤雄と、京都で育まれ、身のまわりを美しく飾る意匠として江戸時代から人々の心を惹きつけてやまない琳派との競演、今回限りの大胆な取り合わせをお愉しみください。

開催概要
『石本藤雄展マリメッコの花から陶の実へ-琳派との対話-』
会期: 2019年3月9日(土)-4月21日(日)
場所: 細見美術館 京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
時間: 午前10時-午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日: 月曜日
入館料: 一般1,300円(1,200円)学生900円(800円)
※( )内は20名以上の団体料金

#細見美術館 #京都 #Kyoto #石本藤雄 #fujiwoishimoto #フィンランド #Finland #Scandinavia #北欧 #Finnish #helsinki #marimekko
#arabia #マリメッコの花から陶の実へ
本日いよいよ愛媛展最終日となりました!写真は10月27日展覧会初日の石本さん。展示室の前での記念の一枚をなじみのカメラマンの方が撮影しているところです。石本さんの想いの詰まった故郷での展覧会、ぜひいらしてください!
2018年5月2日付の記事ですが、茶玻瑠とMUSTAKIVIについてたくさんの写真を掲載して紹介してくださっています。
Yahoo!
https://lifemagazine.yahoo.co.jp/articles/12864
※写真は茶玻瑠の9階エグゼクティブフロアの1室 LAHDE(ラフデ/泉) 各部屋には石本さんのマリメッコ作品の名前が冠されています。
現在開催中の「道後オンセナート2018」の記事の中でも、茶玻瑠について触れられています。12月16日までの石本展開催中はこちらのお部屋を見学できます!(13:30~14:30 要予約)
Pen ONLINE
https://www.pen-online.jp/feature/art/dougo-onsenart2018/1
今年3月にオープンした、道後の宿・茶玻瑠9階の石本さんプロデュースのエグゼクティブフロア。
Casa BRUTUS
https://casabrutus.com/travel/74052
Japan Times
https://www.japantimes.co.jp/…/fujiwo-ishimoto-marimekko-f…/
※ オオイヌノフグリ (c) Chikako Harada / Fujiwo Ishimoto
美術手帖
https://bijutsutecho.com/exhibitions/2898
※海 (c) Chikako Harada / Fujiwo Ishimoto
エクラ éclat 
https://eclat.hpplus.jp/article/27392
※写真はMUSTAKIVI1階茶房