がたんごとん

がたんごとん Follow

「生きるための道具と詩歌」
#ほうき 職人#吉田慎司 のアトリエ兼お店。詩歌の販売とイベント。#space115
◎営業日:金・土・日(12:00-18:00 ※日のみ17:00まで。不定休)
同人誌、ZINEなどの委託販売もご相談下さい
#短歌 #tanka #haiku #俳句 #詩 #poem

http://gatan-goton-shop.com/

170 Followers  31 Follow

Share Share Share

現代短歌社さんから、凄いのがきました!!3点。

1,現代短歌11月号。「特集 ハンセン病と短歌」掘り方が凄い。マイノリティや差別、生の重さと短歌がどう向き合ってきたか。もはや資料としても熱い完成度…!キレッキレです。

2,宇都宮敦さん『ピクニック』のフライヤー!裏面には20首。素敵すぎるのでチラ見せしかしません!笑

3.文庫セレクション2018。瀬戸夏子さんが選んだ30冊。×5首ずつ。ほぼ、秀逸なアンソロジーじゃないか…!ほんとに貰っていいの?笑
告知が間に合っておらず、間もなく、再来週より開催です!

東京在住の陶器作家・梶山友里さんのミニ個展を開催いたします。

身近な自然を生活の中に取り込めたらとの思いから、植物や小動物などを題材に制作されている梶山さん。
その中でも今回は、さりげなく小花があしらわれた鳥のブローチ、花柄レリーフの小皿など、手にとっていただきやすい作品たちが並びます。

可憐なモチーフを取り入れながらも、可愛くなりすぎないところが日々の暮らしに取り入れやすいかなと思います。手作りの温かみが感じられたり、色味も落ち着いているので、いつものお茶の時間や装いに安らぎを与えてくれます。日常に寄り添う梶山さんの作品に、どうぞ会いに来てください。 --------------------------------------
梶山友里ミニ陶展
「とりかげのあと」

10/27 sat. - 11/16 fri.

営業日:10/27,28 & 11/2,3,9,10,16

営業時間:12-18時(日曜は17時まで)
※11/2,3は17時半まで

ほうきのアトリエと本の店
がたんごとん 〒060-0061 
札幌市中央区南1条西15丁目1‐319
シャトールレェーヴ 
space1-15 605号室

#梶山友里 #陶器 #陶器作家 #ブローチ #鳥モチーフ #花柄 #レリーフ #小皿 #展示 #札幌 #西15丁目 #space115 #がたんごとん
【入荷情報】『たべるのがおそい vol.6』
特集は「ミステリ狩り」
秋の夜長にぴったりなタイトル。
ぐっと冷え込んできた札幌。
温かい飲み物と共に、読書に浸りたいです。
バックナンバーも揃ってます。
安田純生さん『現代短歌用語考』(邑書林)入荷しています!いりつ日、ちちふさ、食ふ、声あらげ、など32例。現代短歌から古典まで縦断的に引用、文法や言葉の歴史や背景、その意味を多角的に検証しています。勉強になるなー!(よ)
【10月の営業日】

本日も17時半までオープンです。明日はお休みなので、次の営業日は10月です。
もう10月か!と驚きます。

10/21(日)は「がたんごとん歌会」。 そして、10/27(土)より陶器作家・梶山友里さんのミニ個展【とりかげのあと】を開催いたします。
おって、詳しく告知していきます。

どうぞお楽しみに!
俳諧浄土!
#Repost @shinji19840904 ・・・
今日はついに、たねまめマルシェに参加します!
https://tanemame-marche.jimdofree.com

参加会場の正覚寺は、俳句寺とも呼ばれています。「俳諧浄土」とか、石碑があるらしい…ときめく
相模湖の橋もときめきポイントです
本日も17:30までオープンしています。

短歌同人誌『かばん』
9月号が届きました。
特集は伊波真人歌集「ナイトフライト」。
編集後記で当店に触れていただいております。ありがとうございます。
#Repost @shinji19840904 with @get_repost
・・・
明日から金曜まで、浦和伊勢丹の6階 キッチンフロアで、実演してます!埼京線にゆられていきます
【営業時間について】
※申し訳ありませんが、本日9/22は17時で閉店いたします。
-
-
写真は『高校図書館デイズ』。札幌南高校の司書さんが生徒たちから聞き出した、本にまつわるエピソードをまとめたもの。

追体験が止まらない。思春期の頃の自分は、読んだ本のこと、本との思い出、実は誰かに話したかった・聞いて欲しかったんだなあ。青くて甘酸っぱいよ。 「本好き」な子供だった人にとって、セラピーのような一冊。
職人の方は、東京の国立、#カゴアミドリ さんにて、18時からトークショー。明日はワークショップです!
皆様、お待ちしております。
【入荷情報】奈良の詩人・西尾勝彦さんが編集人をつとめる雑誌『八月の水』5号。

今号、裏表紙に創刊の言葉が配してあり、強い意志を感じます。こちらも、東日本大震災がきっかけとなり生まれた雑誌です。

特集は「わたしと仕事」。岡野大嗣さんの短歌も。
【入荷情報】
『わたしを空腹にしないほうがいい』
盛岡在住の歌人・くどうれいんによる食にまつわる俳句とエッセイ。

待望の入荷。

20代前半くらいの、がんばっている・がんばろうとしている女の子に贈りたい。あの子とかあの子とか。