リラクゼーションサロンひだまり

リラクゼーションサロンひだまり Follow

西武池袋線・椎名町駅2分、南口公園前
老若男女みなさま
ほんとうにのんびりしてください。
ベッド一台、ゆったりしっかりほぐすサロンです。

http://hidamari-room.com/

70 Followers  0 Follow

Share Share Share

時々、誰かに言われた言葉がチクッて刺さってイラッてするときあるじゃない。
それね、本当のこと言われてるからよ。

忙しい忙しいって言う人いるじゃない。きっと頑張っているわねって褒めてほしいのよ。だからこう言ってあげたほうがいいわ。時間の使い方が下手ねって。

縛らないことよ、自分で自分を。わたしはかわいい、わたしはブス。わたしは賢い、わたしはダメ。わたしはモテる、わたしはモテない。あなた、自分をすぐ何かに決めつけようとするでしょ。本当の自分を見つけるのはもっとずっとずっと先の話。今することは、一生懸命迷うことよ。

みてるわよ、あなたがしていること。あのね、神様じゃないわよ。もうひとりのあなたがよ。もうひとりのあなたがあなたをみているのよ。見放されないようにね。嫌われないようにね。

あなたね、決断力がないんじゃなくて、決断する方法をしらないだけよ。あのね、いい方を選ぶんじゃなくてあなたが思う方を選ぶのよ。最初はいろいろ失敗するわよ、あなたバカなんだから。でもそのうち自然といい方を選ぶようになっていくわよ。最初からうまくやろうなんて自惚れてるんじゃないわよ。

何とかなる。それは、やることをちゃんとやってる人のセリフ。

べつに…あたしはあたしでいいよ。

逆よ、全く逆よ。自分と向き合うにはひとりになるんじゃないわ。いろんな人と関わりあうのよ。お友達とおままごとしろって言っているんじゃないの。自分の知らない、自分を知らない人たちと関わりあうのよ。見えてくるわよ、本当の自分が。

あんたったら、ほんとに自分自身をだますのがじょうずね。

それがあんたのわるいとこよ。たたかうってことをおぼえないうちは、あんたには自分の顔はもてません。

あなたの夢を、そんなこと無理だっていう人いるでしょ。こう言い返してやりなさい。あなたには無理ね、でもわたしはできるの、あなたとわたしはちがうから、って。でも言ったからには夢をかなえなきゃいけないことも覚えておきなさいよ。でかい口たたくんだから。

ひま、やることがない。なんて間抜けなセリフだこと。春は花を見て、夏は太陽を浴びて、秋は落ち葉を踏んで、冬は静かに春を待つの。やることがないんじゃないわ。やることをわかってないのよ。

新しい生活、その不安ね。大丈夫よ、全然、大丈夫よ。いま考えてもしかたないじゃない。何かあったらその時に考えればいいのよ。本当にそんなものよ。それで意外とうまくいくのよ。

女ってね、時々、好きな人といたくて。時々、好きな人の前から消えたくなるの。それをわがままっていう男とは、一緒にいれないわ。それをかわいいって思う男とは、長くいれそうね。

迷わないことが強さじゃなくて、怖がらないことが強さじゃなくて、泣かないことが強さじゃなくて、本当の強さって、どんなことがあっても、前をむけることでしょ。前をね。

#リトルミイ
#名言 #備忘録
#絵 #カフェ
#リラクゼーションサロン #ひだまり
チャレンジしての失敗を恐れるな。
むしろ何もしないことを恐れろ。

失敗が人間を成長させると私は考えている。

失敗のない人なんて本当に氣の毒に思う。

困れ。
困らなきゃ何もできない。

#本田宗一郎
#名言 #備忘録
#吉祥寺 #花
#リラクゼーションサロン #ひだまり
生まれたときから、人は呼吸をし、そして対話をしている。

対話とは、外の世界に反応し、自分の中で受け止め、の反応を返すことである。返した反応はまた同じようにして返ってくる。

それはテニスボールを打ち合うのとは異なる。

しっかりと受け、受けたことによって何かを感じ、感じたことを表現して、それを相手がまた受けて、それによって何かを感じ、感じたことを表現する。

ひとが赤ん坊のときに上手だった呼吸は、大人になるにつれて下手になっていく。

自然な呼吸ができなくなると、緊張が強くなったり、ひとと上手にコミュニケーションがとれなくなる。

からだの調子も、こころの調子も悪くなる。

それで、大人になってから呼吸法を学ぶ。

精神的な不調があるひとは特に、呼吸法を学ぶことでずいぶん気持ちが回復したり、よい状態を保つことができるようになる。

呼吸しなければ、人は死んでしまう。

この呼吸と同じように、ひとは対話をする。

外の世界と全身を使って対話をする。
ことばだけでなくからだを使って。

大人になるにつれて呼吸が下手になっていくように、対話も下手になる。

人との関係においては、赤ん坊のように素直にひとのことばを聞き、それを素直に感じることができなくなって、そして互いに闘ってしまったり傷つけあったりしてしまう。

しかし、ひとは対話しなければ死んでしまう。 
ひとは、ひととひとの関係の中で生きる。
ひとと対話をしながら生きる。

どれだけ孤立していたとしても、どれだけ孤独と思ったとしても、常にこの関係の中に生きる。
何かに影響され何かに影響している。

よって、人が精神を病むときはいつも、それはひととひとの関係性の中で起こるという考え方がある。

ひとつの考え方なのかもしれないが、しかしこの考え方は、ほとんどのことを網羅しているようにも思う。

ひとがとりまく環境とうまく対話ができなくなったときに、ひとは病む。

この対話は、ひとと対話し続けることによって身につく。
忘れないでいられる。 「対話というのは、自転車に乗るようなものだ」
と言ったひとがいた。

自転車に乗れるようになったときに自転車の乗り方をことばで教えることはできない。

対話も、どうしたら対話になるのかをことばで説明したとしても、対話ができるようにはならない。

ただ、対話は、赤ん坊のころから私たちが行なっているものであるがゆえに、自然な呼吸法を取り戻すのと同じように、対話の力は取り戻すことができる。 
自殺希少地域にいたひとたちは、とてもコミュニケーションに慣れていると感じた。

それを、もう少し違う言葉で表現すると、よく対話をしていると感じた。

相手のことばをよく聞き、それに対して自分はどう思うかを話し、そしてまた相手がそれに対して反応する。

ことばが一方通行にならないように対話をよくしている。

そして、自殺希少地域のひとたちは、相手の反応に合わせて自分がどう感じてどう動くかに慣れているように感じた。

それは相手を変えようとしない力かもしれない。 「相手は変えられない、変えられるのは自分」

自殺希少地域のひとたちは、大自然との対話をよくしているようだった。
厳しい自然があって、相手を変えることはできない。

よって、自分を変える。
工夫する力を得る。

相手の動きとよく対話をして新しい工夫をしていく。

工夫する力、工夫する習慣は、このようにして身に付き、そして他の困難に直面したときも工夫する習慣が助けになっていく。

よって、自殺希少地域の困難に対する対応方法はその地域地域で異なるように感じた。

なぜなら、地域ごとに困難が異なるからだ。

旧海部町は外のひとの出入りが激しい。

外の文化が入ってくると内部の安定が揺れる。

変化は不安定さを生み出す。

よって旧海部町では、その変化に対応できるよう、一つには朋輩組という組織が生まれた。

外からくる変化と対話し、自分たちはこうするとした。そして、 「人生は何かあるもんだ」

という、問題が起こること前提とした組織が生まれた。

何かあることから、起こったときに対処しようという機動力に優れた組織だ。
目的が一致しているから、その目的に沿って、目的が達成されるよう各人が努力していく。

ここにポリフォニー(多声音楽)がなりたつ。

互いに平等で、水平の関係があって、それぞれに役割があって、それが互いを気にしながらひとつの音楽をかなでていくように、対話が起こり何かが解決されていく。

旅の中で、私たちの困りごとは対話の中で結果として解決されていった。

自然の厳しい神津島では、 「なるようになる。なるようにしかならない」

ということばが印象的だった。強い自然に対抗するのではなく、その自然とともに生きる。

自然を感じながら、自然が変化することを受け入れながら、自分をそれに合わせていくしかないのだが、それが一番良いのだと思っている。

相手に合わせて自分を対応させていく。

その島のひとたちは、ひとの話をきかない
精神科医、
「自殺希少地域」を行く
終章 対話する力
著作 森川すいめい

#森川すいめい #対話 #オープンダイアローグ
#読書 #本
#かえる #ハロウィン
寒くて

ストーブつけてしまった

眠くなる…

#椎名町 #駅近
#外からは見えません #サンシェード
#リラクゼーションサロン #ひだまり
誰をも支配せず、誰にも服従せず、何者かでいられるような人間こそ、本当に幸福で偉大なのだ

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

#夏のある日  #おやつ
#エスプレッソ #ゼリー #スイーツ
#トッピング #雪見だいふく #ぜんざい
#名言 #備忘録
もし、人生をもう一度やりなおせるなら、

もっと失敗をして、

もっと馬鹿げたことをしよう。

今度は

もっと間違いを犯そう。

もっとくつろぎ、

もっと肩の力を抜こう。

絶対にこんなに

完璧な人間ではなく

もっと、もっと愚かな人間になろう。

この世には、

実際、それほど真剣に

思い煩うことなどほとんど無いのだ。

もっと馬鹿になろう。

もっと騒ごう。

もっと不衛生に生きよう。

もっとたくさんのチャンスを掴み、

もっとたくさんの冒険をし、

行ったことの無い場所にも、

もっと、もっと、たくさん行こう。

もっとたくさんの

アイスクリームを食べ

お酒を飲み、

マメはそんなに食べずにおこう。

もっと本当の

厄介ごとを抱え込み、

頭の中だけで想像する厄介ごとは

出来る限り減らそう。

見ての通り、

私は来る日も

来る日も片時も休まず、

危機を避け、

懸命に、まともに生きてきた。

もちろん、

私にも最高の瞬間があった。

もう一度やり直せるなら、

そんな瞬間をもっと数多く持とう。

一瞬一瞬をイキイキと生きよう。

私は体温計と

お湯入りの水筒と

うがい薬と

レインコートと

パラシュート無しでは

どこにも行けない人間だった。

もう一度やり直せるなら、

今度はもっと気軽に旅しよう。

もう一度最初から

人生をやり直せるなら

春はもっと早くから裸足になり、

秋はもっと遅くまで裸足でいよう。

もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り、

もっとたくさんのデイジーを摘んで、

もっとたくさんの夕日を見て、

もっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。

もう一度人生をやり直せるなら…

If I had to live my life over again
Nadine Stair

#スイーツ #かき氷 #梅シロップ #ラム
#そろそろ #バター #チョコレート
#備忘録 #詩
#先人の教え #アラフォー の自戒
惚れて通えば千里も一里
本田宗一郎

世界観が天井の角まで
その満たされた空間で
美味しいものを
ゆったり、じっくり食べる幸せ…

素敵なお仕事ありがとうございました✨

#パブロフ #カフェ #ケーキ
#アフタヌーンティー
#横浜 #中華街
#リラクゼーションサロン #ひだまり
♪“真夏のピークが去った

天気予報士がテレビで言ってた”

って口ずさみたくなる
高くなったね-

#フジファブリック
#若者のすべて
#まだまだ
#空 #秋 #歌
#リラクゼーションサロン #ひだまり
支援活動はやりっぱなしになりうる。

指針がなければ感情が判断基準になる。

何が正しいのかを学ばないまま行う活動はただの偽善になるかもしれない。

間違った善を押し付けてしまい、かえって不幸を生み出すかもしれない。

研究の仕方を知らなければ、自分の考えに合う資料ばかりに目を通して他の真実を無視してしまっていることに気づく手段がない。

これを防ぐ唯一の方法は、現場にいながらも勉強をし続けることと、本当の意味の研究を行うことだ。

感情を、パッションを、しっかりと整理すること。

研究は真実の一部を示すにすぎないから、そこに表出された結果には大きな意味は少ない。

重要なことは、バランスをもって現象を見る試みを続けることにある。

その島のひとたちは、ひとの話をきかない
精神科医、
「自殺希少地域」を行く
序章 支援の現場で
著 森川すいめい

#防備録 #読書
#オープンダイアローグ #対話
#プリンアラモード #カフェ #スイーツ
#夏休み #滑り込みセーフ
#リラクゼーションサロン #ひだまり
あせってはいけません。

ただ、牛のように、

図々しく進んで行くのが大事です。

夏目漱石

#8月 #ひまわり #空
#名言 #防備録
#リラクゼーションサロン #ひだまり
毎朝いつでも
たっぷり!

食べることは
楽しい!
大好き!

さてさて、台風はどうなりますかね?

今朝のメニュー …

バタートースト
ツナトマトのニョッキ
もやしのナムル
鶏ハムときのこマリネ
ポテサラ
モヤシと卵の酸辣湯風(鶏ハム出汁)
コーヒー

ご馳走さまでした!

#朝ごはん #献立 #食事 #morning
#台風 の朝
#リラクゼーションサロン #ひだまり
夏は
これからが
本番!

本格的なお疲れ前に
ゆったり、ご利用お待ちしております。

#盆踊り #夏祭り #夏休み #中野区
#アロマセラピー #オイルトリートメントコース
#リラクゼーションサロン #ひだまり