リラクゼーションサロンひだまり

リラクゼーションサロンひだまり Follow

西武池袋線・椎名町駅2分、南口公園前の明るく広々とした、ベッド一台のゆったりプライベートリラクゼーションサロンです。頭のてっぺんから爪先まで、心地良くしっかりとほぐし整えます! 老若男女みなさま、うたた寝にお喋り、のんびりしにいらしてください。

http://hidamari-room.com/

59 Followers  0 Follow

Share Share Share

一番の誇りとは、失敗を経験しないことではなく、挫折の度に立ち上がることだ
* 孔子

失敗したことのない人物とは、新たなものに挑戦したことのない人物だ
* アルベルト・アインシュタイン
今日のランチ

特大アッフォガート

好きなアイス持ち込みで
アッフォガート
楽しめます
!

@サントスコーヒー椎名町店
まち中つながる展覧会

まちと人がつながる
回遊アート展覧会

55人の作家さんの
作品たちが

江古田・東長崎・椎名町・千早・要町・池袋
周辺の50店舗に展示されます

今回もまた
参加させて頂いております

廃材を利用した額装に
焼き印のサインがぴったり
男性作家さんの
愛らしい作品
2点です

ひだまりに回遊マップも
置いてありますので
是非!
寒くても

満開!

#芍薬  #ゴールデンラズベリーローズ 
#花 #flower
#椎名町
#リラクゼーションサロン
#ひだまり
花言葉は

はにかみ
恥じらい

しっとりした空気に
ふわり
香り
ゆっくり
花開く

この時期の楽しみ

すももみたいで
美味しそ- *

自分の心の平静を保つには、愛と思いやりを知ることだ。誰かの幸せを願えば、それ以上に自分が幸せになれるのだから。-ダライ・ラマ14世

花は
いつも
やさしく
しあわせを
わけてくれる

#芍薬 #花 #flowers
#ゴールデンラズベリーローズ
#リラクゼーションサロン
#ひだまり
雫石

透き通るつぶつぶ
ふしぎふしぎ

するり
花も
また然り

今年もきれい

植えかえようね
本気の夏がくるまえに!

#雫石 #多肉植物 #花 #flower_daily
#サボテンの花 
#空 #sky
#注意  落ちないでね !!
#リラクゼーションサロン
#ひだまり
今晩は満月

お月さまを見上げて
ありがとうを伝えると
よいらしいですよ
届きますように

#満月 #fulmoon 
#ドリームキャッチャー  #dreamcatcher 
#sweetdream
#リラクゼーションサロン
#ひだまり
余白の美しさに
いつも、惹かれる

空間 時間 こころ
にも
ゆったりと、かつ、柔軟に
それをもつ

どっしりと
美しく
心地よく、生きよう *

沖正弘 / 捨の心 より抜粋 *

捨の心とは求めぬ心である。

離れた心である。

忘れた心である。

気にかけぬ心である。

ひっかからない心である。

執着せぬ心である。

そのまま受け取る心である。

捨の心は強者の心である。

捨てたら困りはしないかと計らう弱者に、

捨てたら入らないのではないかと憂うる弱者に、

捨てきる、まかせきる行為は不可能である。 …

成否を捨てた心に苦しみはない。

結果を任せた心に不安はない。

唯与えられるままに生きる心に焦りはない。

常時不動心である、

悠々である、

自然である。

捨の心は神心をそのまま拝受する心である。

捨の心なるが故にすべてに合掌している。

任せきって唯努力をしている。

この捨の心に、すべては生かされるのである。

この捨の生活に神〈生命〉の花は開くのである。

願を捨て心を支配する者はいない、

願わない故に誰も縛らない、

心は無礙である、

捨の心は自由である、

捨の心が解脱への門である。

捨の心は、何時も豊である、

持たざるが故にすべての物が自由に

自分の物となってくれるが故に豊なのである。 …

捨てきったときのみ

真実は入ってくるのである。

#沖正弘 #捨の心 #断捨離
#備忘録 #名言
#心無罣礙
#リラクゼーションサロン
#ひだまり
あれ以上に力のこもった食べ物は作れないかもしれないが、今でも私は疲れて腕が落ちてきたり、味付けがしょっぱくなりそうになると、いつでもあの時の 、背筋をぴんと伸ばして作った、岩倉くんに最後に食べさせ、そして天国へいくあの夫婦の最後の晩餐のために作ってあげたオムライスとポークカレーにこめたものを、うしなうまいとしっかりした気持ちになるのだ。

誰にとっても、私の作ったものが最後の食事になりかねない、そういう仕事をしていることをいつでも忘れないでいようと思うのだ。

よしもとばなな / 幽霊の家

#よしもとばなな #読書 #本
#木 #さくらんぼ
#リラクゼーションサロン
#ひだまり
扉が一つ閉まると、それより多い数の扉が開くって知ってたか?

ボブ・マーリー *

ブルーグラデーションの海と
南国のグリーンに
包まれるようなサロン
本当に素敵だった!

こんなパワーのサロンとセラピストに
なる-っ!
もしくは、それ以上↑

#名言 #備忘録 #ボブマーリー
#夢 #ihavedreams #restarting #reseted
#imready
#奄美大島
#リラクゼーションサロン
#ひだまり
自分を表に出せないのは、自分を大切にしていない証拠
中島芭旺 ―

いろんな大人の方にも出会っている芭旺さんから大人の姿はどんなふうに見えていますか。

人それぞれ違うとは思いますけど、やっぱり知っていること、覚えていることは子どもよりも大人のほうが広くて、深いなぁと感じます。でも、一つのことに集中して何かをやるのは、子どものほうが得意かもしれない。

それから、よく大人から「普通はこうするんじゃない?」とか「こうするのが当たり前でしょう」って言われるんです。でも、その「普通」とか「当たり前」って何だろうって、不思議で。

ほんとうはきっと「これが普通」というわけじゃなくて、その人のまわりには「たまたまそういう人がたくさんいる」ってだけのこと。”普通” にとらわれているのかな。 ―

いつも「普通」や「常識」を意識せざるを得ない大人からすると、芭旺さんの生き方は、「普通じゃない」ように見えるのかもしれませんね。

いろんな考えがあるっていうことを忘れてほしくない、と思います。

学校に通ったり、会社に勤めたりすることは、「当然のこと」じゃないと思うんです。心のどこかでただ思い込んでいるだけというか、「行くのが当たり前」という考え方が根っこに染みついているだけであって。それに対して疑問を持つこと、自分にとって本当に大切なことなのかどうかを考えて、大切なことだと思えたら、きっと苦ではなくなりますよね。

仕事にしても、「どうして毎日同じところへ行かなきゃいけないんだろう」という疑問は、もともとたくさんのひとが持っているんだと思います。疑問を持って、その答えに納得できればいいけど、それができなかったら、疑問が疑問のまま残ることになる。それを表に出せるかどうか、なんです。 ―

その疑問を外に表明すると、まわりから浮いてしまったり、「わがままだ」と思われてしまったりしませんか。

そうなるかもしれません。まわりから浮かないように疑問を自分の中でしまっておこうとする気持ちも分かります。

だけど、自分の気持ちを外に出せない、出さない、ということは、「自分の優先順位がいちばんではない」ということですよね。まわりを気にして、自分を出せないあまりに、不機嫌になったり、嫌な気持ちになったりするなら、お互いにとってよくないこと。

そもそも「なんでまわりの目を気にしているんだろう」と気づくことも、変わるための一歩かもしれない。自分自身が「いい」と思えることが、いちばんいいことだと思うんです。それは、自分にとってもまわりにとっても。

一人ひとりが幸せを感じられて、それがみんなにとっても幸せだと思える。それが、いちばんいい場所なんだと思います。 ―

自分だけが幸せになる」のではなく、「一人ひとりの幸せを尊重できる」ということなのかもしれませんね。

たぶん、そう思えないんだったら、その集団が自分に合っていないということなんだと思います。そういう集団は、抜けてしまえばいいと思う。

人っていっぱいいるじゃないですか。僕も学校を休んで、クラスの子と会わなくなったけど、インターネットでいろんな人と出会えて、いろんな話ができるようになりました。居場所はどこにでもある。もっと、自分のことを大切にしてもいいんじゃないかな。

取材、文・大矢幸世、岡徳之 "未来を変える"プロジェクトから抜粋
2018年4月3日公開の記事

#中島芭旺 #幸せ
#空 #sky #islan #島
#リラクゼーションサロン
#ひだまり
遠回りしながらも、もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものよりも後々まで役立ちます。

いいときは何事もうまくいくので、むしろ悪くなったときにどれだけ頑張れるかがその人の真価。

本当にわからない時は、個人的な好き嫌いで決めてもいいかなと思っています。
迷った時にどうするかは自分自身の調子を測るバロメーターにもなっていて、現実的、物理的に判断するのが難しい場面で見切りをつけて決断できる時は調子がいいし、そこで迷って堂々巡りになってしまう時は調子が悪いということが言えます。

直感は便利で使い勝手のいいものではあるのですが、あまりに頼りすぎるのは危険です。いいところは突いているけれど、正確さに欠ける、ということになってしまいますから。

情報収集をしすぎたり、対策を練りすぎると、かえって時代に取り残されてしまうことになりかねない。「捨てるべきときには、過去の蓄積を惜しまずに捨てる」という覚悟が重要。

いくら情報が溢れていても、創造の基本となるのはゼロからの視点です。

どうせムダ、役に立たない、といったくらいの気楽な気持ちで考えることが新しい発想を生むコツです。

やる気の源は、発見し続けること。

#羽生善治
#名言 #備忘録
#花 #flower #奄美大島 #island
#リラクゼーションサロン
#ひだまり