ホンダノホンダナ

ホンダノホンダナ Follow

これまで地道にあつめてきた「ゴミのようでゴミじゃないもの」を毎日少しずつお披露目していきます。
普段はデザイナーとして活動しているホンダアヤがデザイナー視点で紹介していきます。
▼主な#収集▼
#ペーパーナプキン #コースター #ワンカップ #マッチ#包装紙 #紙袋 #トイレットペーパー包み紙

113 Followers  36 Follow

Share Share Share

【ペーパーナプキン No.22】
銀座の釜飯・焼き鳥居酒屋「鳥ぎん」のペーパーナプキン。釜飯の種類が豊富なお店でロゴマークも鶏の背中に釜飯が見事にフィットしたデザインです。
【コースター No.22】
スヌーピーミュージアム内の「Cafe Blanket」のコースター。現在は閉館中で今年の秋に南町田に移転するそうですね。スヌーピーコミックの切り抜きが絵柄になっていて、私は2種類持っていますが全部で何種類あったんだろう?キャラクターカフェにしては珍しくちゃんと活版で刷られているのがポイント高いです!
【マッチ箱 No.18】
頂き物の神戸の中華料理「一貫樓」のマッチ箱。いかにも中華!なデザインがカッコイイ一品。きっとこの店は美味しいんだろうな〜と感じさせてくれるデザインです。
【包装紙 No.26】
京都の和菓子屋「二條若狭屋」の包装紙。箱も中身もときめかずにはいられない葛湯「不老泉」が欲しくて買いに行きました。ゆるいタッチで描かれたモチーフと色合いが春の京都っぽくてウキウキします♩
【ペーパーナプキン No.21】
日比谷の洋食レストラン「松本楼」のペーパーナプキン。日比谷公園の中にある雰囲気抜群のお店です。何となく東京メトロのロゴに既視感を覚えるのはMで水色だからでしょうか。
【コースター No.21】
日本橋の喫茶店「ロータス」のコースター。これ以上ないシンプルなデザイン!こちらでは1日分のビタミンCが摂取できそうな程フルーツ盛りだくさんのフルーツサンドが味わえます。
【ワンカップ No.19】
前回に続き桜南食品の冷やしあめワンカップ。No.5で紹介したデザインの色違いです。桜南食品の冷やしあめには瀬戸内レモン果汁入りもあって、さっぱりしてて飲みやすいので私は好きです!
【マッチ箱 No.17】
岩本町の喫茶店「アカシヤ」のマッチ箱。アカシアではありません、明石屋=アカシヤです。テーブルの上にのったコーヒーカップと灰皿、日常的な喫茶店の風景が描かれています。
【包装紙 No.25】
軽井沢物産館の包装紙。軽井沢のお土産をいただいた際こちらに包まれていました。浅間山の風景でしょうか。リソグラフのような味のある印刷が素敵です。
【ペーパーナプキン No.20】
2012年に渋谷LOFTで期間限定で開催された「ステッドラーカフェ」のペーパーナプキン。ステッドラーの鉛筆で描かれた(であろう)鉛筆とフォークの絵。ペーパーナプキンは凹凸があるのに繊細な印刷も出来てしまうのですね。
【コースター No.20】
最近もらったばかりのコースターがあまりにも可愛いので早速ご紹介!ポーランド・クラクフにあるビアバー「Ursa Maior」のコースター。ふてくされた表情といい、ぽってりとした体型といい、足跡といい、すべてが可愛すぎるよ君🐻
【ワンカップ No.18】
前回に続き、桜南食品の冷やしあめワンカップ。こちらはピンクの薔薇柄です。ため息出るほどかわいいです。。3月のライオンに出てきたあめスキー(冷やしあめ+氷+ウイスキー)今度試してみようかな。