伊藤たかえ

伊藤たかえ Follow

参議院議員
民進党 愛知県参議院選挙区 第7総支部長

http://www.itoutakae.info/

1,468 Followers  65 Follow

Share Share Share

夜中に目が覚める。昨日ある人に「あんたが応援に来たって票にも金にもならん。去年の恩返しって、ただの自己満足だ」と言われた。本当にその通りだと思った。
でも。私はあの時の嬉しさを忘れない。候補者より大きな声で「伊藤孝恵をお願いします!」と声を枯らしてくれた仲間。「伊藤孝恵だけが笑っていたら無理してるようにみえる、だから街頭に立つスタッフみんなで笑おう!」そう言ってくれたあの人の笑顔。きっとみんな体力は限界。勝てるのか?負けるんじゃ?そんな空気に支配されるとき。苦しい苦しい中ですが、どうか今日も笑って、候補者にのっけた皆さんの想い、届けて下さい!もちろん私も参上します!
愛知2区(名古屋市千種区、名東区、守山区)古川元久総支部長の個人演説会。
私の姉分 矢田わか子参議院議員 & 妹分 日比美咲名古屋市会議員と共に、三姉妹揃って、努めさせて頂きました!
愛知9区(津島市、稲沢市、愛西市、弥富市、一宮市(旧尾西市域)あま市、海部郡)岡本みつのり総支部長と雨の中の街頭活動。しかし、岡本先生も何故かやっぱり楽しそう。もしかして、政治家って雨が好き?
愛知6区(春日井市、小牧市、犬山市、瀬戸市(十軒家投票区に属する区域))森本かずよし総支部長。雨の中、今日も反復横跳び状態で、握手を求めて走り回っております。びしょ濡れなのに何だか楽しそう。きっと部活を思い出しているんではなかろうか。
父の寿命を縮める訳にはいかない為、本日は終日電車移動。名鉄、近鉄、地下鉄を縦横無尽に乗り継いでおります。街ゆく人はシックな秋の装い。全身オレンジの私は常に浮いております。パー子?と二度見する紳士も。
昨年夏、伊藤孝恵の応援演説に熱が入り過ぎて前歯が飛んでってしまった、愛しい渡辺靖愛知県議会議員の地元で、愛知12区(岡崎市、西尾市)しげとく和彦総支部長の個人演説会。人の想いだけで、何か大きなものを動かせるかもしれない。1票だけで、何か後世に誇れる歴史を残せるかもしれない。そんな事を感じさせる時間でした。
愛知13区(碧南市、安城市、刈谷市、知立市、高浜市)おおにし健介総支部長の個人演説会。劣勢が伝えられているにも関わらず、候補も神谷文明知立市議もいいお顔してました。昨夏の選挙中、大西先生が教えてくれたこと。候補者には色んな声が届く。届くけど、いつも仲間の想いを大切に。そして最後は、他の誰でもない自分の選挙なんだから、自分で決める。決して悔いのないように。いま大西先生はきっと「自分の選挙」が出来ているのですね。
愛知14区(豊川市、蒲郡市、新城市、豊田市(旧稲武町域)額田郡、北設楽郡)鈴木克昌前衆議院議員の後継 田中克典総支部長と自転車街頭。
スカートで応援に来た私に「伊藤さん、自転車ですよ?」えー!(急いで着替える)
自転車をゼイゼイこぐ私に「今から坂、登りますよ」えー!(目に涙がにじむ)
候補者になっても相変わらず敏腕秘書の田中さんです。しかし驚異の体力、圧巻の演説。
「克昌から克典へ」のタスキは、選挙になって突然託されたのではなく、12年かけて大切に紡がれて来たのだと実感。
愛知6区(春日井市、小牧市、犬山市、瀬戸市(十軒家投票区に属する区域))森本かずよし総支部長。依然苦しい戦いの中におります。候補者は力強く志を語ります。仲間や恩人への感謝とプレッシャーをガソリンにして走ります。でも。いつも不安を飲み込んでいます。昨日、近所のおばちゃんが手作りバナナケーキに添えてくれた手紙に涙。選対本部長のくせに候補者みたい。しっかりせねば。
本日も御年72歳の父を運転手に愛知県中を走り回っております。連日の300キロ走行に「腰いたゃー」を連発しながらも、今朝も4時起きで公営掲示板を貼り替えてくれたり、チラシを配ってくれたり、カメラマン役まで。この愛しくバタバタの2人の時間、きっとずっと忘れません。ところで先ほどのグランドゴルフ試打式での1枚に父の一言「おみゃーさんダメだわ。剣道やっとるんじゃないんだで!」
富田昭雄 愛知県議会議員(名東区選出)のグランドゴルフ大会に、日比美咲名古屋市会議員と共に参加させて頂きました。「美人の伊藤さん」と紹介されて失笑。試打式で大ホームランして更に失笑。
富田先生の周りはいつも、何だかみんな笑っている。
愛知2区(名古屋市千種区、名東区、守山区)古川元久総支部長の朝街頭。日比美咲名古屋市会議員が持つ旗には「吾唯知足(われただ たるをしる)」古川先生の座右の銘がマークになっています。
世界の飢餓や肥満と闘うNPO「Table for Two」の創業に携わった方らしい、素敵な座右の銘です。
Table for Two
http://jp.tablefor2.org/aboutus/index.html