日本赤十字看護大学

日本赤十字看護大学 Follow

【国際・災害看護学の日本赤十字看護大学】
入試広報係が運用する公式アカウントです。
Japanese Red Cross College of Nursing
#1890年から受け継ぐ看護の知と技を学ぶ #jrccnTOKYO

https://www.redcross.ac.jp/

229 Followers  21 Follow

Share Share Share

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、紛争や迫害により故郷を追われた難民・避難民といった人道危機によって生活が脅かされた何百万もの人々を支援している機関です。ジュネーブに本部を置いています。

本学のカリキュラムでは、グローバル化が進む現代の国際社会が抱える多様な問題や、国際社会の基本的なりたちについて理解するとともに、地球的な諸課題の解決のために取り組む国際機関その他NGO等の活動の現状と課題について考察し、理解を深めることを目的とした講義や演習を行っています。

その一環として『赤十字国際活動論演習』でソルフィリーノやジュネーブ等にある赤十字のゆかりの地や国際機関を訪問します。
日本赤十字看護大学の特長的な授業の一つ『赤十字国際活動論演習』では、ソルフェリーノやジュネーブ等にある赤十字のゆかりの地や国際機関を訪問します。
中央にあるのが「ソルフェリーノの塔」。ソルフェリーノの戦いでオーストリア軍の本部となった塔で、現在は展示スペースや展望台が整備されています。
スウェーデンの首都、ストックホルムの旧市街は『ガムラスタン(古い街)』と呼ばれ、中世の街並みが今も残っています。
日本赤十字看護大学はスウェーデン赤十字大学と交換留学の協定を結び、今年で10年目を迎えました。
本学は赤十字の国際的なネットワークを活かした教育・研究活動を取り組んでいます。
国際・災害看護学領域の先生が携わっている、アフリカの #ウガンダ共和国 における母子保健活動の一環で訪れた小学生の写真を紹介します。
本学のカリキュラムでは、グローバル化が進む現代の国際社会が抱える多様な問題や、国際社会の基本的なりたちについて理解し、これらの基礎的知識を基に、地球的な諸課題の解決のために取り組む国際機関その他NGO等の活動の現状と課題について、特に赤十字の国際活動の歴史とその特色などを中心に考察し理解を深めることを目的とした講義や演習を行っています。
その一環として『赤十字国際活動論演習』でソルフィリーノやジュネーブ等にある赤十字のゆかりの地や国際機関を訪問します。
日本赤十字看護大学では、サークル活動でも国際支援の取り組みが活発に行われています。

ハイナハラップは、フィリピンにある学校に通うことができない子どもたちの学校で活動を続けています。
北欧テキスタイルというと日本ではフィンランドの #マリメッコ が有名ですが、ストックホルムにもたくさんのテキスタイルショップがあります。
『öppet』はスウェーデン語でオープンという意味だそうです。

日本赤十字看護大学は2008年にスウェーデン赤十字大学と交換留学等の協定を結び、今年で10年目を迎えました。
12月10日はノーベル賞の授賞式と晩餐会が、ストックホルムの市庁舎で開かれます(右奥のレンガの建物が市庁舎です)。 日本ではイッタラやアラビアなどフィンランドの食器が有名ですが、晩餐会では #ロールストランド という欧州で2番目に長い歴史を持つスウェーデンの食器が使われています。 
日本赤十字看護大学はスウェーデン赤十字大学と交換留学を行うなど、赤十字の国際的なネットワークを活かした教育・研究活動を取り組んでいます。
クロア・ルージュ(赤十字)通り4番地にあるこのエナール宮は、19世紀後半の女性が先頭に立ってスイス・ジュネーブ赤十字の活性化を目指す拠点ともなった場所です。クロア・ルージュの名は本学の大学祭の名称になっています。
本学を含め北海道・秋田・豊田・広島・九州にある6つの看護大学を運営する学校法人、#日本赤十字学園は、浜松町の #日本赤十字社 本社内に事務局があります。

近くに #東京タワー や #増上寺 などの有名スポットがたくさんあるエリアです。
日本赤十字看護大学では、サークル活動でも国際支援の取り組みが活発に行われています。
ハイナハラップは、フィリピンにある学校に通うことができない子どもたちの学校で活動を続けています。
サークル名はタガログ語で「未来」という意味があるそうです。
写真の手前や右の奥にはイトスギを見ることができます。イトスギは赤十字のシンボルツリーと言われていますが、アンリ・デュナンが訪れた当時からソルフェリーノの丘にイトスギが群生していたことに由来します。広尾キャンパスの入口にもイトスギが植えられています。