小泉八雲記念館

小泉八雲記念館 Follow

島根県松江市・小泉八雲旧居西隣。小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)という多面的な作家を知る基本情報を遺愛品の展示と解説を通して紹介するとともに、八雲ゆかりの世界各地と情報共有を行い発信します。
Lafcadio Hearn Memorial Museum, Matsue, Japan.

http://www.hearn-museum-matsue.jp/

155 Followers  23 Follow

Share Share Share

来月は神在月です。

受付後ろの写真が変りました🌾🌾 #小泉八雲記念館
#稲佐の浜
#神在月
#島根 #松江 #出雲
是非、夜の松江も散策してみてください♪

#カラコロ工房 #京橋 #京店商店街 #小泉八雲記念館 #小泉八雲 #lafcadiohearn #松江
秋らしくなってきました、、、🌾🍂🍁 #小泉八雲旧居
#われもこう #ノゲイトウ
#秋 
#島根 #松江 #塩見縄手
【Lafcadio Hearn Calendar-小泉八雲歳時記】

1903年9月10日
長女寿々子(すずこ)の誕生。

September 10, 1903
Suzuko was born!

Suzuko was born as the first daughter one year before Hearn dided in Nishi-Okubo, Tokyo. Her father passed on without seeing her growth. Since she was suffered from cerebral meningitis caused by scarlationa, her mother brought her up at home with affection.

八雲が亡くなる一年前に、東京西大久保で誕生。しかし、愛娘の成長を見ることなくこの世を去ってしまいました。幼いころ、しょう紅熱から脳膜炎を引き起こしたため、母のセツは亡くなるまで自分の手元において養育しました。
【ご案内】New!
アン・バリントン駐日アイルランド大使講演会 「日本・アイルランド外交関係樹立60周年に寄せて」

企画展「文学の宝庫アイルランド:ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」関連イベント! ―水燈路企画”ナイト・ミュージアム”― 9月23日(土)19:00~20:30
小泉八雲記念館 2F多目的スペース&ライブラリー
参加無料 要申し込み 日本語通訳あり

みなさま、大変貴重な機会ですので、是非お出かけくださいませ。
アイルランド文学トーク
「Two Hearts Beat As One. ―個人の中に見るその国の魅力ー 」は、たくさんの方にご参加いただき、無事に終了しました。
ワイルドやハーン、ジョイス、フランク・オコナーそしてブレンダン・オキャロルなどの作品をご紹介いただきながら、その作品にみられる"Two Hearts Beat As One"をキーワードとして語っていただきました。
こんな視点で本と向き合うことができたら、きっと楽しい事でしょう…。
講師の伊達さん、本当にありがとうございました。
【Lafcadio Hearn Calendarー小泉八雲歳時記】

1863年9月9日
北イングランドのセント・カスバート・カレッジに入学する。
September 9, 1863
Enters a Catholic boarding school in England.

大叔母サラ・ブレナンの強い意向で、13歳で北イングランドのダラム郊外アショーにある全寮制の神学校に入学。
ハーンはいたずら好きの快活な少年で、生徒たちの人気者であったと言われています。また、英語力は抜群で常にクラスの上位を占めていたものの、数学は大の苦手でした。
一方、同行の厳格な宗教教育と僧侶の偽善的な振る舞いに反発を覚えていきます。
在学中のある日、遊戯中の事故で左眼を失明し、ハーンの心に大きな影を落としていきました。

At thirteen, Hearn’s great aunt sent him to St Cuthburt’s College. While at the school, he excelled at English, but was poor at mathematics.
He lost the sight in his left eye in a playgraound accident. Hearn was very sencitive about the appearance of his eye.....
【9/20臨時休館】
小泉八雲記念館は館内メンテナンスのため、2017年9月20日(水)に臨時休館いたします。 
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただけますようお願い申し上げます。
【Lafcadio Hearn Calendar-小泉八雲歳時記】

1891年9月6日
加賀の潜戸ー子供の亡霊の岩屋ーへ。
September 6th, 1891
Hearn visited KUKEDO, the Cave of the Children’s Ghosts.

126年前の今日、念願の「加賀の潜戸」への訪問を果たしています。
八雲は人間の魂と海との深いかかわりを自問し、海上他界観に強く共感を覚えるようになりました。新潜戸の美しさに魅せられる一方、旧潜戸では、死んだ子供の魂がここに集まり、今でも小石を積んだ塔や子供の足跡のことなど岩屋の様子を、作品「子どもの亡霊の岩屋」(『知られぬ日本の面影』)に残しています。
帰宅後、同年9月10日付のチェンバレン宛書簡で、特に旧潜戸について「私の見た最も不思議な場所です」と報告している。 ―…“Shinda Kodomo no shigoto,” my kurumaya murmurs with a compassionate smile; “all this is the work of the dead children.” …
『耳なし芳一・雪女』
『新編 日本の怪談』
『怪談・奇談』
『KWAIDAN』

小泉八雲記念館 お土産コーナーで販売中です!

#小泉八雲記念館 #小泉八雲 #lafcadiohearn #怪談 #kwaidan #松江
【Lafcadio Hearn Calendar-小泉八雲歳時記】

1890年8月30日
小泉八雲松江に到着!

August 30, 1890
Lafcadio Hearn Arrives in Matsue “The Chief City of the Province of the Gods”.
Becomes a teacher in Matsue and walks the path of an educator.

島根県尋常中学校赴任のため、米子から蒸気船で中海を渡って「神々の国の首都」松江へ!
8月30日午後4時、大橋川南岸、八軒屋町の船着き場に到着し、対岸の富田旅館で出迎えを受けました。
八雲は、風呂上がりに出された白い浴衣が気に入り、宿にいる時はいつも浴衣で過ごしたそうです。 『西田千太郎日記』8月30日
「英語教師Lafcadio Hearn氏本日到着。氏を旅館、富田方に訪ふ。」とあります。

古き良き日本の伝統が色濃く残る松江での、幸せな生活の始まりました。
厳しい暑さが続いていましたが、松江もようやく涼しくなってきました。

#小泉八雲旧居 #小泉八雲 #松江