ブラックレーベル男のマッスルモール

ブラックレーベル男のマッスルモール Follow

筋トレ器具、筋トレマニア

http://black-lab.jp/omniball

195 Followers  61 Follow

Share Share Share

トップアスリートや人気芸人、タレントも愛用中のバーンマシン!
シルバーのバーンマシンはご存知の方も多いと思いますが、バーンマシンには正式な別バージョンがございます。
今回は2種類ご紹介します! ■バーンマシン2(上段)
シルバーのバーンマシンに比べ、3.7kgと少し軽量。
初心者から筋トレ中級者まで利用可能。
ウェイトの取り外しや中心のダイヤルにて負荷の調整が可能 ■バーンマシンゴールドラグジュアリー
バーンマシンの最強バージョン。
6.34kgの重量は、ハードなトレーニングを求める方にも大満足。
ウェイトの取り外しや中心のダイヤルにて負荷の調整が可能。 ★気になる方は写真をタッチ★

#bodymake
#burnmachine
#training
#workout
#汗だく
#インスタダイエット
#腕を太くする器具
#筋トレ
#筋トレ女子
#筋トレ男子
#筋肉痛
#懸垂
#サマースタイルアワード
#自宅トレーニング
#上腕三頭筋
#上腕二頭筋
#ダイエッター
#大胸筋
#代謝アップ
#力こぶ
#トレーニング
#トレーニング女子
#肉体改造
#バーンマシン
#バキバキ
#バストアップ
#パンプアップ
#フィットネス
#有酸素運動
#ワークアウト
【洗練された見た目の筋トレ器具、部屋に置いてもおしゃれ☆】 初回入荷分が即完売したオムニボールが<<<待望の再入荷!>>> 1日15分でOK!全身に「効かせる」筋トレボール 
最近は芸能人やアーティストも筋トレしていることを公言していて、色々なメディアでも目にすることも多くなりましたね! 
しかし、いくら筋トレブームだと言われても、そもそもジムに行く時間がとれなかったり部屋が狭くて思うようにトレーニングできない... 減量したいけどやり方が多すぎてわからない... なんてお悩みの方にオススメしたいのがこのオムニボール!! 主にコアマッスルの強化を目的としたトレーニングアイテムですが、360°回転するボールを両手足に装着してゴロゴロと転がして体を動かすことで、腕周りの筋肉から腹筋・背筋・下半身を使ったトレーニングまでこのアイテム1点でカバーできます! 
しかも・・・ <<<1日15分でOK>>> つまり・・・ <<<短時間でもガッツリ追い込みできちゃう>>> ※使用効果は個人差があります。 
コアマッスルを鍛えると体幹が強化されるので、こんなメリットが期待できますよ☆ ・脂肪燃焼 ・運動時のパフォーマンスアップ ・姿勢改善 ・持久力アップ 
オムニボールがあれば体幹トレーニングに必要な道具を揃える必要はありません。
腹筋ローラーの様にも、ローイングマシンの様にも!? あなたの鍛えたい動きに合わせて転がすだけでOKです。 ※早くも在庫数わずかですので、ご注文はお早めに。 
#omniball #オムニボール #コアマッスル #体幹 #腹筋 #美ボディ #筋トレ #トレーニング #エクササイズ #シェイプアップ #オモニ #筋トレ好きと繋がりたい
【洗練された見た目の筋トレ器具、部屋に置いてもおしゃれ☆】
初回入荷分が即完売したオムニボールが
<<<待望の再入荷!>>>
1日10分でOK!全身に「効かせる」筋トレボール
【4月上旬~中旬に再入荷決定!!!】
最短発送をご希望の方はぜひ最後まで読んで下さい☆

最近は芸能人やアーティストも筋トレしていることを公言していて
色々なメディアでも目にすることも多くなりましたね!

しかし、いくら筋トレブームだと言われても、そもそもジムに行く時間がとれなかったり
部屋が狭くて思うようにトレーニングできない。。。
減量したいけどやり方が多すぎてわからない。。。
なんてお悩みの方にオススメしたいのがこのオムニボール!! 主にコアマッスルの強化を目的としたトレーニングアイテムですが
360°回転するボールを両手足に装着して、ゴロゴロと転がして体を動かすことで
腕周りの筋肉から、腹筋、背筋、下半身を使ったトレーニングまで
このアイテム1点でカバーできます!

しかも・・・
<<<1日10分でOK>>> つまり・・・
<<<短時間でもガッツリ追い込みできちゃう>>>
※使用効果は個人差があります。

コアマッスルを鍛えると体幹が強化されるので、こんなメリットが期待できますよ☆
・脂肪燃焼
・運動時のパフォーマンスアップ
・姿勢改善
・持久力アップ

オムニボールがあれば体幹トレーニングに必要な道具を揃える必要はありません。
腹筋ローラーの様にも、ローイングマシンの様にも!?
あなたの鍛えたい動きに合わせて転がすだけでOKです。

しかも!耐荷重は136kg(メーカー推奨)なので
体が大きい方の基礎体力アップにもオススメ。

今回はプロモーションムービーを紹介しますので、使い方の参考にしてみて下さい! ☆☆☆クリッパーが運営する
「筋トレマニア ブラックレーベル」のyoutubeチャンネルでは
目的別のオムニボールの使い方ムービーもフル公開中☆☆☆
https://www.youtube.com/user/clipperinc/videos?view_as=subscriber
商品が届いてすぐにスマホで観ながらエクササイズ・トレーニングできます!!! 全てのフィットネスレベルに対応できるこの商品。
【再入荷分は現在予約受付中!】
ご予約は【プロフィールリンク】へ!!
※早くも予約在庫数わずかですので、ご注文はお早めに。

#omniball
#オムニボール
#コアマッスル
#体幹
#腹筋
#美ボディ
#筋トレ
#トレーニング
#エクササイズ
#シェイプアップ
#オモニ
#筋トレ好きと繋がりたい
【洗練された見た目の筋トレ器具、部屋に置いてもおしゃれ☆】
初回入荷分が即完売したオムニボールが
<<<待望の再入荷!>>>
1日10分でOK!全身に「効かせる」筋トレボール
【4月上旬~中旬に再入荷決定!!!】
最短発送をご希望の方はぜひ最後まで読んで下さい☆

最近は芸能人やアーティストも筋トレしていることを公言していて
色々なメディアでも目にすることも多くなりましたね!

しかし、いくら筋トレブームだと言われても、そもそもジムに行く時間がとれなかったり
部屋が狭くて思うようにトレーニングできない。。。
減量したいけどやり方が多すぎてわからない。。。
なんてお悩みの方にオススメしたいのがこのオムニボール!! 主にコアマッスルの強化を目的としたトレーニングアイテムですが
360°回転するボールを両手足に装着して、ゴロゴロと転がして体を動かすことで
腕周りの筋肉から、腹筋、背筋、下半身を使ったトレーニングまで
このアイテム1点でカバーできます!

しかも・・・
<<<1日10分でOK>>> つまり・・・
<<<短時間でもガッツリ追い込みできちゃう>>>
※使用効果は個人差があります。

コアマッスルを鍛えると体幹が強化されるので、こんなメリットが期待できますよ☆
・脂肪燃焼
・運動時のパフォーマンスアップ
・姿勢改善
・持久力アップ

オムニボールがあれば体幹トレーニングに必要な道具を揃える必要はありません。
腹筋ローラーの様にも、ローイングマシンの様にも!?
あなたの鍛えたい動きに合わせて転がすだけでOKです。

しかも!耐荷重は136kg(メーカー推奨)なので
体が大きい方の基礎体力アップにもオススメ。

今回はプロモーションムービーを紹介しますので、使い方の参考にしてみて下さい! ☆☆☆クリッパーが運営する
「筋トレマニア ブラックレーベル」のyoutubeチャンネルでは
目的別のオムニボールの使い方ムービーもフル公開中☆☆☆
https://www.youtube.com/user/clipperinc/videos?view_as=subscriber
商品が届いてすぐにスマホで観ながらエクササイズ・トレーニングできます!!! 全てのフィットネスレベルに対応できるこの商品。
【再入荷分は現在予約受付中!】
ご予約は【プロフィールリンク】へ!!
※早くも予約在庫数わずかですので、ご注文はお早めに。

#omniball
#オムニボール
#コアマッスル
#体幹
#腹筋
#美ボディ
#筋トレ
#トレーニング
#エクササイズ
#シェイプアップ
#オモニ
#筋トレ好きと繋がりたい
【アイアンチェストマスターのHOWTO動画!】
開発者のロン・ウィリアムスが実際に使いながら解説しています。
(英語訳)
※商品は【プロフィールリンク】から※
#BIG3
#アイアンチェストマスター
#プッシュアップ
#大胸筋
#上腕三頭筋
#三角筋
#前腕筋群
【胸板と腕を効率的に鍛えるなら?ベンチプレスにチャレンジしてみよう!】
筋トレBIG3の3つ目のトレーニングは「ベンチプレス」。
大胸筋や上腕三頭筋、三角筋を使うので上半身の筋肉を効率的に鍛えたい時にオススメのトレーニングです。
正しい方法で行わないと大怪我に繋がることもあるため、今回はベンチプレスのポイントなどを
紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい! ・基本フォーム
ベンチプレスの基本的なフォームはまず、フラットベンチに仰向けになります。
この時にお尻から背中の上部、頭部までシートの上についていることを意識しましょう。
ポジションですが、固定されたバーと目の位置が同じくらいに合わせます。

足の位置は両膝が90°に曲がった状態に来るようにし、地面にしっかりと付ける様にして下さい。
しっかり固定しておかないと力が出せないばかりか不安定な状態でトレーニングすることになってしまうそうなので
足が床につかない場合は板やプレートなどで安定させるようにしましょう。
足を開く幅は肩幅くらいから若干広めにとると良いのだとか。
出来るだけリラックスさせて安定するようにしましょう。

次にバーのグリップを握ります。
握るときの幅ですが、肩幅より少し広めに取ると良いそう。
手のひらは自分と反対側に向けて手首を反らせすぎないように握りましょう。

続いてラックからバーを外してゆっくりと胸に下ろしていきます。
しっかりした軌道になることを意識して、胸の下辺りに来るように下げていきます。
下げきるまで2秒ほど肘が上から見て45°のアングルになることを維持しながら
下ろしていきましょう。
バーを下ろす先は胸が着くギリギリのところまで下ろしていき、可動域を十分に使っていきましょう。
バーを下げたら勢いを付けないように素早く上げます。
限界まで上げた所で今度は1秒キープ。
再度胸におろいていきます。
回数の目安ですが、7回ほど行ってみましょう。
1分ほど休憩を挟みながら合計で3セットほど行ってみて下さい!

ベンチプレスの動作のポイントですが
降ろす時はゆっくりと、上げる時は素早く。
上げる時は手首で押すようなイメージで行うと良いそうです。
また、バーを握る時は力まず、握り込みすぎないようにしてみてください。
背中のアーチは崩さないようにして胸を張り、肩甲骨を寄せていくようにしましょう。
重量はフォームが維持できる重量から始めるようにしましょう。

重たい重量で追い込みたい時は、必ず補助の人を付けて行うようにしましょうね!

いかがでしょうか?
自宅でベンチやダンベルをお持ちの方でなかなか効果が上がらない方にも
参考になれば嬉しいです!

初めての方やベンチプレスを行う前の準備としてプッシュアップで使う筋肉を鍛えておくことも大切です。
自宅でベンチプレスを行えない方にもオススメしたいのが「アイアンチェストマスター」
胸板を厚くするための動作だけでなく、置き方を変えて体幹に利かせる動作にも使えます。
本体自体も3.3kgと軽量で、薄型なので器具を置くスペースが気になる方もオススメです。 ※商品ページは【プロフィールリンク】から※

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます!

#BIG3
#アイアンチェストマスター
#ベンチプレス
#大胸筋
#上腕三頭筋
#三角筋
#前腕筋群
美木航選手にバーンマシンゴールドラグジュアリーを紹介していただきました!
https://twitter.com/watarumiki0826/status/968794996122923009
ありがとうございます!!!これから暖かくなる季節。
いろんな種目にバーンマシンを追加してグルグル回してトレーニングしましょう!
【商品はプロフィールリンクから!!】
#美木航選手
#バーンマシン
#バーンマシーン
#上腕二頭筋
#前腕筋群
#大胸筋
#広背筋
【自宅で気軽にラットプルダウンが出来る!?】
専用のマシンがないとできなかったトレーニングも
TGRIPMAXなら自宅で取り入れることも出来るかもしれません!
#ラットプルダウン
#上半身の筋肉
#脊柱起立筋
#広背筋
#大臀筋
#チューブトレーニング
【自宅で出来るデッドリフトで背中の筋トレ!】
筋トレBIG3の中で背中の筋トレというとデッドリフトがあげられます。
これはバーベルなどを地面から持ち上げて降ろす動作を行うのですが、持ち上げはじめは足を踏ん張る力が必要で
途中から背筋を使って持ち上げることになるので脊柱起立筋から大臀筋にかけての強化にオススメのトレーニング。
しかし、このトレーニングは腰に負担がかかったり、自宅で行うには難しい面もあります。

そこで今回はあるものを使うことで自宅でも行えるデッドリフトを紹介したいと思います。

デッドリフトにはバーベルやダンベルが必要ですが、代わりに用意するのはトレーニングチューブ。
これを両足で踏み、上体を倒して両端を握ります。
背筋が丸まらないようにまっすぐの姿勢を意識して上体を上げましょう。
ポイントとしては肩が上がらないようにすること。
顔は正面を向くようにしましょう。
最初の体勢に戻る際はゆっくりと戻すこと。
体を起こす力を使うこと。

動作の際に意識して見て下さいね!
回数の目安ですが10~20回を合計3セットを目標に行ってみましょう。

いかがでしょうか?
番外編として、チューブを使った背中のトレーニングではシーフテッドローイングもオススメ。
このトレーニングでは広背筋や大円筋など体の後ろ側の筋肉に利かせることが出来るので
チューブで行うデッドリフトを行う際などに取り入れてみてはいかがでしょうか?

やり方ですが、まず座った状態で足を前に伸ばします。
背筋は伸ばした状態でL字のような体制になりましょう。

チューブの両端を持ち、伸ばした足にかけます。
背中はまっすぐの体勢からグッと腕でチューブを引いていきます。
引っ張った時に肘は体の後方へ突き抜くように、肘が開かないように注意しましょう。
戻す時はチューブに反発するようにゆっくりと戻し、背筋が曲がるか曲がらないくらい
腕がまっすぐ伸びるくらいの体勢で更にチューブを引いていきます。
回数の目安は10~20回を合計3セットを目標に行ってみましょう。

この動作の際は脇は締めて、腕の力ではなく、背中で引っ張るイメージで行っていきましょう。
背筋トレーニングに取り入れるのにオススメなのが「Tグリップマックス」
今回紹介したトレーニングはもちろん、付属のドアストッパーが使えれば
専用のマシンがないとできなかったラットプルダウンの動作も可能に!
付属のチューブで負荷を変えることも出来るので、気になる方はぜひ【プロフィールリンク】からアクセスしてださい!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます!

#tgripmax
#BIG3
#デッドリフト
#上半身の筋肉
#脊柱起立筋
#広背筋
#大臀筋
#チューブトレーニング
【サンドベルを使用したスクワット方法について】
本日紹介したスクワットの動きにサンドベルを取り入れた場合
の
イメージムービーを公開中! 
19秒ほどの動画なので、お手すきの際にぜひ参考にしてみて下さい!
※商品の詳細は【プロフィールリンクをチェック!】※
#サンドベル
#スクワット
#ビッグ3
#下半身
#大腿四頭筋
#大臀筋
#ハムストリングス
【複数の筋肉を同時に使って筋トレも効率化!コンパウンド種目を行ってみよう!】
効率的に筋トレを行う方法として筋肉のBIG3を鍛えよう!という記事やテーマを良く見ると思いますが
どのような種目を指すのでしょうか?
筋トレの時間がなかなか取れない方へ今週は筋トレBIG3の方法について紹介しようと思います! ・筋トレのBIG3とは?
まず、BIG3と言うのはトレーニングの種目のことを言うのだそう。
ベンチプレス、スクワット、デッドリフトと言ったトレーニングはコンパウンド種目と呼ばれ
多くの筋肉を動かしながら行うトレーニングなので、効率的に様々の部位を鍛えることが出来ます。

トレーニングを行う順番ですが、特に強化したい部位がなければ大きな筋肉から動かしていくと良いのだそうで
バランスよく行うならスクワット(下半身の筋肉)→デッドリフト(背中の筋肉)→ベンチプレス(上半身の筋肉)
の順番で行ってみましょう。 ・今回はスクワットの方法を紹介します。
スクワットでは『大腿四頭筋』、『ハムストリングス』、『大臀筋』と大きな筋肉を動かすために有効でしょう。
大きな筋肉を鍛えると脂肪燃焼も上がるので、ダイエット目的の人も是非取り入れてみてくださいね!

まずスタートポジションの際に胸を張り、背筋を伸ばして背骨が自然と湾曲した姿勢を作りましょう。
脚は肩幅よりやや広め。つま先は少し外側に向けます。

次に股関節をしっかり曲げながら体を下ろしていきます。
上半身を上下に移動させるイメージで、膝を曲げすぎない範囲でお尻の筋肉を意識しましょう。

フォームはキープしたままお尻を少し突き出すような体勢で
後ろに引きながらカカトに体重を感じながら行うのが良いそう。

動作時は前傾姿勢になりすぎないように気をつけましょう。
また、腰や膝が不安な人は必ずウォームアップを行ってから行いましょうね!

つま先を外側に向けることで大腿の内側とお尻の筋肉に刺激を与えることが出来るので
慣れてきたらこちらも取り入れてみると良いでしょう。

回数ですが1日50回ほどで効果が期待出来るそうなので
朝昼晩と15回前後に分けて行っても良いそうです!

いかがでしょうか?
スクワットは自宅でも気軽に行えるトレーニング!
慣れてきたらダンベルプレートなどのウエイトを追加して負荷を加えて追い込んだトレーニングも可能です。
落下時の怪我や床をキズ付けてしまうリスクを軽減したいならサンドベルをオススメします。
サンドベルを抱えるようにスクワットを行えば下半身の筋肉の向上にも期待できるかも!?
持ち方を変えることで様々な種目にも取り入れることが出来ますので、ぜひ【プロフィールリンク】から見てみてください!

今週も最後まで読んで頂きありがとうございます。
#サンドベル
#スクワット
#ビッグ3
#下半身
#大腿四頭筋
#大臀筋
#ハムストリングス
【オビトナーの使用イメージを紹介!!】
椅子に座った状態でもセッティングできるので、体が固まってきたなと感じた時に
すぐに取り入れられるのもポイント!!
※【プロフィールリンク】からアクセス※
http://black-lab.jp/obitoner
#オビトナー
#デスクワーク
#猫背改善
#腹斜筋
#上腕二頭筋
#広背筋
#三角筋