NeSTA

NeSTA Follow

高校生・学生の運営する演劇サイト「NeSTA」アカウントです。

https://nesta5.jp/

26 Followers  0 Follow

Share Share Share

Thrill me
2018/12/22  19:30開演(私:成河  彼:福士誠治)
東京芸術劇場シアターウエスト

通路をゆっくりと1人の男が重そうに歩いてくるところから始まった。刑務所内の審理室、仮釈放請求審理委員会で、受刑囚「私」は語り始める。

この公演は、「私×彼」が「成河×福士誠治」と「松下洸平×柿澤勇人」の2パターンあり、「私」と「彼」そして1台のピアノのみで繰り広げられる。今回観たのは「成河×福士誠治」バージョンだ。

成河の「私」は34年前と現在を軽々と行き来する。姿勢、表情、声…照明も相まってまるで別人。大学生の「私」から一瞬で変わり、本当に1人がやっているのか信じられないほど。

大学生の「私」は自分をニーチェの描く"超人"だと自負する「彼」の、完全犯罪こそが社会を超越し、"超人"の自分達でもスリルを味わえるという考えに巻き込まれ、次々に犯罪を重ねていく。そしてついに、残忍な誘拐殺人を起こした。しかし、「私」は犯罪現場に眼鏡を落としてしまう。着々と進む警察の捜査に先に「私」が、そして「彼」も捕まる。一方的に「彼」がリードしているように見えた関係性。だが本当に支配していたのはどちらだったのか…

福士誠治の「彼」はスタイリッシュで冷たくて、余裕たっぷりな様子がたまらない。まさに「息もつかせぬ100分間」だった。劇場は小さく、舞台上の2人の緊張感が客席にダイレクトに伝わってくる。

東京公演は1/3ほど終わったところ。2パターンそれぞれ、千秋楽にかけて進化し続けて行くのが楽しみだ。観終えてすぐ、もう1回観たい、と思ってしまったのが恐ろしい。(小野)

#観劇記録#スリルミー#成河#福士誠治#thrillme#松下洸平 #柿澤勇人
2018.12.22 12時公演 OSK日本歌劇団『円卓の騎士』@近鉄アート館
.
今なお多くの人々に愛されている冒険譚であるアーサー王伝説が、荻田浩一氏によって新たに生まれ変わった。
壮大なストーリーが軽快なケルトの音楽に乗せて風とともに駆け抜けていくようであった。
.
王子としての運命を背負い、戦いを続けるアーサーを楊琳が好演した。
孤高な彼が時折見せる哀情、また弱々しさと純粋さを見事に表現していた。
懊悩する心の端から端を楊の表情からも十分に読み取れるように、目線や動きで心情を表す術は楊の強みだと言えるだろう。
.
他の者を犠牲にすることを厭わず、他の国や民族と争いを繰り返すことで自らの理想を叶えようとするマーリン(愛瀬光)。
アーサーの盟友であるが、彼の妃であるグウィネヴィア(舞美りら)を愛してしまったが故に自身の気持ちに苛まれるランスロット(翼和希)。
他にも多くの魅力的なキャラクターが登場した。
.
特に印象深かったのは、自らの信ずるものの違いによる対立だ。ドルイドを信仰する魔術師マーリンは、他国の王女でキリスト教徒であるグウィネヴィアを「異教徒の娘」と非難し、アーサーが彼女の言葉に心を動かされると「呪いだ」と警告する。その人の置かれた立場によって、人の思いは祈りにも呪いにもなってしまい得る。このようなことは現代においても往々にして存在するが、これは繰り返される人類の普遍的な課題なのかもしれない。(古門)
.
#oskrevue#OSK日本歌劇団#楊琳#舞美りら#荻田浩一#円卓の騎士#近鉄アート館#観劇#観劇記録
2018.11.24 15:30公演 東京宝塚劇場 宙組公演 『白鷺(しらさぎ)の城』『異人たちのルネサンス』
.
『白鷺の城』
千年という時の中で転生を繰り返す二人の運命の巡り合わせを、雅やかに、そしてドラマチックに描いたショーである。
真風涼帆演じる陰陽師・安倍泰成と星風まどか演じる妖狐・玉藻前は、敵対しつつも互いに惹かれあい、この物語を醸成してゆく。
背景に映される映像と絢爛な日本物のセットは過不足なく調和しており、観客を雅致のある物語の世界へと一気に引き込んだ。
宙組では日本物の公演は珍しいが、男役たちは平安貴族や武将の衣装を難なく着こなしていた。また娘役たちが優美に踊る様も幻想的で一際目に鮮やかであり、まさに妖狐の舞のようであった。
.
『異人たちのルネサンス』
1幕の和物ショーとはうって変わって、2幕のお芝居はルネサンス時代の画家や聖職者をとりまく愛憎劇である。
現存する作品が数少なく、その生涯が今もなお謎に包まれているレオナルド・ダ・ヴィンチを真風が好演した。彼のパトロンの愛人であり、また幼馴染であるカテリーナへの愛が彼の創作意欲の根源であった、というストーリーは巧みな設定だと感じさせられた。
フィナーレナンバーでは、宙組の持ち味である優雅で洗練された雰囲気が存分に生かされ、今作品を豊潤にするに値する場面であった。
.
11/23から東京で幕を開けた本公演。
壮麗なショーと熱気溢れるお芝居が、風に吹かれて冷たくなった心と身体を溶かし、芯から暖めてくれることでしょう。皆様是非ご覧下さい。(古門)
.
#宝塚#宙組#東京宝塚劇場#大野拓史#田渕大輔#真風涼帆#星風まどか#宝塚歌劇#白鷺の城#異人たちのルネサンス#劇場#観劇記録
贋作 桜の森の満開の下
NODA・MAP第22回公演
2018/11/18  14:00開演
@プレイハウス(東京芸術劇場)

平成元年に劇団夢の遊眠社で初演された戯曲が、平成の終わるこの時に、NODA・MAPとして再演された。

ストーリーとしては坂口安吾の、「夜長姫と耳男」がメインに、壬申の乱の大海人皇子ならぬオオアマによる国造り、飛騨王朝伝説などが絡む。しかし、流れる空気は、「桜の森の満開の下」のものであり、終始桜のイメージが離れなかった。

キャスト陣も豪華だ。耳男を演じるのは妻夫木聡、夜長姫は深津絵里。最後、満開の桜の下、桜が舞い散る中で、夜長姫が鬼の面をつける場面はとても美しく、見とれてしまった。残酷で、無邪気で、しかし人を惹き付けて止まない存在を体現していた。夜長姫は鬼というより、不気味な美しさを持つ桜そのものだったのだと思う。
序盤は好青年、後半は権力にしがみつき、自分を認めない人を追わせるオオアマを演じる天海祐希。自他共に俗物と認め、ただし最後は耳男の味方をし、「鬼」として死んでいくマナコは古田新太。二人は良い対で、お互いをより際立たせる。マナコは縦横無尽に舞台を駆け回り、当て書きかと思うほど。後半のオオアマの笑顔は、凄みが目に焼き付いて離れない。
もちろん野田秀樹を始めとする他のキャストもテンポ良く話を進めていたのは言うに及ばない。

東京から始まり、大阪、北九州、パリをまわって東京に戻ってきたこの公演も残りわずか。チケットは完売ではあるが、各公演、70~100枚ほど当日券が出ているとのことだ。来年にはシネマ歌舞伎の公開も決まったので、ぜひ劇場へ。(小野)

#観劇#野田秀樹#演劇#nodamap#NODAMAP#贋作桜の花の満開の下#東京芸術劇場#妻夫木聡#深津絵里#天海祐希#古田新太
2018.10.18 18時公演 新橋演舞場『浪漫活劇 るろうに剣心』
.
言わずと知れた大ヒット漫画をミュージカル化したこの作品。小池修一郎 脚本・演出、宝塚歌劇団 雪組で早霧せいな主演により2016年に上演されて以来、2回目の公演である。
剣心と様々なキャラクターとの出会いを交えながら、「蜘蛛の糸」と呼ばれる麻薬を巡り、原作にはない新キャラクター 松岡充演じる加納惣三郎と剣心との因縁を軸に物語は進行していく。
.
緋村剣心を、前公演に引き続き早霧せいなが務めた。
約2年ぶりに前回とは全く異なるフィールドで剣心を演じた彼女だが、宝塚歌劇での現役時代と変わらない、いや、更に深みを増した演技力に心を動かされた観客も多かったことだろう。
ヒロインである神谷薫は上白石萌歌が演じた。男勝りな役柄だが、剣心に向けるチャーミングな表情がとても愛らしく、目を引いた。
.
そんな本作品を盛り立てる名演を見せてくれたのは、 廣瀬友祐演じる斎藤一や三浦涼介演じる四乃森蒼紫をはじめとする個性溢れるキャスト陣だ。ここでは書き切れないのが悔やまれる。
.
 上山竜治演じる武田観流がガトリング砲を乱れ撃つシーンなど、コメディタッチの場面も見受けられたが、間の掴み方が絶妙で、非常に面白かった。
.題に「浪漫活劇」とあるように、激しくスリリングな立ち回りは、本作品の見逃せないシーンの1つである。
特に、ラストの剣心と惣三郎の戦闘シーンは息を呑むほどの臨場感だった。
.
新橋演舞場の後は大阪松竹座でも上演されます。是非劇場でご覧下さい!(古門)
.
#浪漫活劇#るろうに剣心#新橋演舞場#早霧せいな#上白石萌歌#松岡充#小池修一郎#観劇記録#舞台#ミュージカル
帝国劇場 ミュージカル「マリー・アントワネット」10/09/2018 18:00公演(笹本、昆、田代、原田、長堀、叶)

博多座からスタートした新生「マリーアントワネット」が帝国劇場でも幕を開けました! .
.
MAという同じイニシャルを持つ2人の女性、マリー・アントワネットとマルグリット・アルノーが出会い、憎しみあい、許し合い、ともにフランス革命の激動の時代を生きていく。2人の数奇な運命を辿る物語。 .
フランス革命を題材にしていますが、1789やベルサイユのばらなど従来のフランス革命作品とは少し違ったテイストになっていました。特に、史実に登場する人物であるマリー・アントワネット、ルイ16世、そしてフェルゼンの描き方。マリー・アントワネットは自由で奔放、贅沢好きの無邪気な女性というイメージから、家族、そして子供たちを大切にする母というイメージが強く押し出されていたり、ルイ16世は史実通り、いやそれ以上にでくの坊でおどおどした”普通”の男性であったり。特にフェルゼンはマリーを一途に愛した、かっこいい男性というよりは、マリーのために、フランスの財政難や経済格差という危機を革命前から変えていこうと試みる熱い男性というように描かれていました。
.
 そして、それらと対象的に描かれるのがマルグリット・アルノーをはじめとする、史実には残らなかった民衆たち。私には、この貴族と民衆の対比が、理想と現実の対比のように映りました。民が飢えているという現実を無視して、ダンスパーティーにケーキにプチトリアノンと華やかな理想の世界に生きる貴族サイド。対して平民は飢え、1日のパンにも困っている。衣装や舞台装置からも色とりどりの理想と色のないモノクロの現実という対比がわかりやすいです。そして、その現実を生きる民衆のエネルギーが革命を起こす。ただこの物語はそこで終わることなく、お金のために行進に参加したり、貴族を殺してはその首をやりに突き刺して練り歩いたりという、ある意味人間の性ともいえる現実を写し出し、フランス革命という出来事をただ美化することなく幕を閉じます。正義を唱えていた民衆が集まり、力を得ていく中で非人道的な、ある意味異常ともいえる行動をとっていく。これは第二次大戦中のファシズムや現代の紛争を彷彿とさせるものであり、現代社会の私たちに正義とは何かという問いを投げかけているようでもありました。 .
 マリー・アントワネットを演じた笹本玲奈はその感情の起伏が見事でした。特に幽閉され、夫を殺され、子供と引き離された笹本マリーの苦しみ、そして何かを悟ったような表情は、さすがと思いました。昆夏美のマルグリット・アルノーは抜群の歌唱力で民衆を率いて歌う数々の名曲の迫力はもちろんのこと、マリーと触れ合う中で自分の中での正義が揺らいでいく、その感情の演じ方も素晴らしかったです。田代万里生はマリーへの熱い想いから行動を起こしていくフェルゼンを体現し、吉原光夫はある意味悪役でもあるオルレアンを”かっこよく”演じました。 .
.
 MAという2人の女性を通して、この物語ではフランス革命期を生きた名もない民たちを描いているようでもあります。現実で虐げられた民が立ち上がり、絶対君主を倒す。だが、その民衆のエネルギーは集まると、次第に非人道的な残虐なものへと転換していく。。。 .
 どうすれば変えられる、この世界を私たちで。
 そのことを現代の私たちは今、考えなければならないのかもしれません。
 お時間のある方はぜひ劇場へ。
(杉下)

#帝国劇場 #帝国劇場ミュージカル #ミュージカル #マリーアントワネット #ma #笹本玲奈 #昆夏美 #田代万里生 #吉原光夫 #舞台 #劇評 #観劇 #nesta
2018.9.25 18時公演 東急シアターオーブ 『マイ・フェア・レディ』
.
はすっぱでキュート、繊細でダイナミック、そんなイライザだった。
田舎の花売り娘イライザがヒギンズ教授の指導により洗練されたレディーになるまでのサクセスストーリーを描く。
薄汚れたスカートを履き、大股を開いて地べたに座りながら自分を「あたい」と呼ぶイライザを演じるのは、元宝塚男役トップスター朝夏まなとだ。
そして、絢爛なドレスに身を包みエレガントな振る舞いで周りを釘付けにする。
その変化の対比を元男役という肩書きにとらわれず、朝夏ならではの包容力のある演技で客席を大いに楽しませてくれた。
歌唱に定評のある朝夏だが、高音をびくともしない声量で誠実に歌い上げていた。
しかし所々に弱い部分もあり、ある意味そこが伸びしろとも言える。今後の成長に期待したい。
力強くも軽やかなダンスは宝塚で培われた実力を発揮すると共に、新しい挑戦に体当たりの様子が垣間見れた。
寺脇が演じたヒギンズ教授だが、こちらは寺脇のはまり役とも言えるだろう。
絶妙な間の取り方はあっぱれであり、相沢演じるピッカリング大佐との掛け合いがコミカル且つリズミカルなテンポで笑いを誘っていた。
再演を重ねた今公演は、実力派で脇を固め色濃く仕上げているが、出演者それぞれのカラーが良い具合に主張をしていて、時に融合し、時に輝き、このカンパニーの互いがマイフェアレディの色として映し出されていた。
カーテンコールではスタンディングオベーションとなり盛大な拍手が舞台上に送られ、朝夏の太陽のような笑顔で幕を閉じた。(古門)
.
#マイフェアレディ#myfairlady#東急シアターオーブ#朝夏まなと#寺脇康文#G2#観劇記録#舞台#ミュージカル
2018.9.21 13時公演 宝塚大劇場月組公演 『エリザベート 〜愛と死の輪舞〜』
.
珠城りょうと、本公演で退団する愛希れいか率いる月組が名作に挑む。
珠城りょうは今まで精悍な役どころが多く、「陰」か「陽」でいえば「陽」のタイプであるため、黄泉の帝王であるトートをどのようなアプローチで演じるのか関心を寄せていたが、「最後のダンス」は正統派 宝塚男役然としており流石であった。
愛希れいか演じるシシィは、豪華な衣装に負けず抜群の存在感であった。小動物のようで愛らしい彼女だが、エリザベートとして、国を背負う皇妃として、威厳を漂わせていた。
また、この演目の見所の一つであるシシィのソロ「私だけに」では、見事な歌唱と表現力で舞台全体をにまさにシシィだけの空間を作り上げていた。
美弥演じるフランツは、母親であるゾフィーに抗えない弱々しさや線の細さが前面に押し出されており、それもまた一興であった。
月城が演じたルキーニは狂気を滲ませており、眼を剥き出しに開いて高らかに笑う姿は、まさに無政府主義者かつトートに心酔する彼そのものだった。
既成のイメージに囚われることなく、今までにはない新しいベクトルに仕上がっていた。
「エリザベート」という大作が成長し続ける様子を垣間見た気がした。(古門)
.
#エリザベート#愛と死の輪舞#宝塚大劇場#月組#小池修一郎#宝塚#珠城りょう#愛希れいか#観劇#舞台#観劇記録
2018.9.5 12時公演 宝塚歌劇団星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀(とうりけんゆうき)』 『Killer Rouge/星秀☆煌紅』@梅田芸術劇場
.
お芝居の『Thunderbolt Fantasy 』は、中国の伝統的な人形劇である布袋劇に虚淵玄による新たなストーリーが加わり、日台合同映像企画としてTV放映された人形演劇をミュージカル化した作品です。
強大な力を持つと言われている天刑劍(てんぎょうけん)を巡って、紅ゆずる演じる凜雪鴉(りんせつあ)や綺咲愛里演じる丹翡(たんひ)を中心に、おののくほどの壮絶な争いと戦いが展開されていく幻想的な物語となっています。
つくりこまれた独特の世界観や衣装の再現度の高さは汲めども尽きぬ程の素晴らしさです。原作を舞台化する術に秀でる小柳奈穂子先生の本領をありありと見せつけられました。
剣を用いた戦闘シーンも数多くあり、その臨場感には息つく間もありません。
天刑劍や丹輝劍訣など作中で使用される用語には難解なものも多いですが、原作を知らない観客にもストーリーが分かりやすく、誰もが楽しめる作品といえるでしょう。
.
前回の宝塚大劇場・東京宝塚劇場公演に引き続き、ショーは『Killer Rouge』です。中国語で歌われる場面が作られるなど、台湾公演仕様にバージョンアップされており、更に艶やかなステージとなっています。真紅の龍をモチーフとした衣装やシャンシャン、舞台セットにも台湾公演へ向けての情熱が窺えます。
中詰めの客席寄りで客席の熱気は最高潮に。さらに、紅ゆずるによる星組お馴染みのキャラクター「紅子」も登場し、持ち前のトーク力で客席を大いに湧かせていました。
この秋は是非星組公演でエネルギーチャージを!(古門)
.
#ThunderboltFantasy#東離劍遊紀#KillerRouge#星秀煌紅#宝塚#宝塚歌劇#小柳奈穂子#斎藤吉正#星組#紅ゆずる#綺咲愛里#梅田芸術劇場#舞台#観劇#観劇記録
8/21/2018 18:30公演 
自由劇場『恋に落ちたシェイクスピア』
シェイクスピアの戯曲、ロミオとジュリエット。その裏には、シェイクスピアの真の恋物語があったー。
.
ウィルことウィリアムシェイクスピアは次の舞台の脚本が書けずに悩んでいる。上演まで3週間を切り、脚本なしでとりあえず始めたオーディションでウィルは天才的な役者、トマス・ケントを見つけ、彼の暮らすレセップス家にオファーに訪れる。そのレセップス家にいたのがレセップス卿の娘ヴァイオラ(トマス・ケントは実は芝居好きなヴァイオラの男装)。ウィルとヴァイオラは運命的な恋に落ちるが、身分の違いとヴァイオラの結婚話が2人を妨げる。2人の恋物語の行方は......。
.
この物語ではヴァイオラとの恋にインスピレーションを得たウィルが、まるでウィルとヴァイオラの恋物語を反映するように戯曲ロミオとジュリエットを書き進めていきます。ヴァイオラとの恋を経験したウィルはスランプを抜け、洗練された言葉の数々を生み出していく。セットや衣装はシンプルながら、ウィルの言葉に、戯曲に、物語は彩られ、舞台は花が咲いたように美しく生き生きと仕上がっています。戯曲上の台詞はもちろん、ウィルが発する言葉全てがとても美しく、私の心に栄養を与えてくれました。
.
ウィルの美しい言葉たちに是非一度魅了されてみませんか?(杉下)
.
.
#恋に落ちたシェイクスピア #shakespireinlove #自由劇場 #劇団四季 #上川一哉 #山本紗衣 #ロミオとジュリエット #シェイクスピア #ストレートプレイ #戯曲 #演劇 #観劇 #舞台 #劇評 #nesta
2018.8.16 18:30公演 東京宝塚劇場
宝塚雪組 『凱旋門』『Gato Bonito』
.
.
第一幕『凱旋門』は第二次世界大戦下のパリを舞台に、外科医ラヴィック(轟)、友人のボリス(望海)、そしてラビックの思い人ジョアン(真彩)を中心に、パリへの亡命者とその周囲の人生を描いた群像劇です。パリの街で出会ったラヴィックとジョアンはお互いを深く愛し合うも、戦争とラヴィックの亡命者という事実が2人の心と距離を少しずつ切り裂いていって。。。 .
 轟悠の大人の魅力を存分に堪能できる舞台となっており、雪組トップスター望海風人の歌唱力、トップ娘役真彩希帆の演技力がそれに花を添えます。モノクロのセットや暗い色の衣装からは第二次世界大戦下の暗い情景が目に浮かび、舞台中央の建物のセットが回っていく様子はそれぞれの人生が数奇に巡っていく様子を表しているようでした。
 不安と混乱の中に生きる彼らですが、その人生の中に少しの希望を見つけ明日へと生きていく姿は現代の私たちにも訴えかけるものがあるように思いました。
 ショーの『Gato Bonito』は猫をモチーフにしたショー。タンゴ、サンバ、和風のショーなど盛りだくさんで目が離せません。美しい猫のような男という副題の通り、男役の皆さんはとても美しく、また”猫”からは想像できないほどかっこいいです。対して、にゃおという歌詞や猫風の振り付けなどかわいい部分もたくさんあり宝塚雪組のいろいろな魅力が楽しめるショーとなっています。望海風斗のアドリブも見どころの1つです。1幕とは打って変わって、明るいキラキラとした華やかなレビューで、会場も盛り上がっていました。(杉下)
.
.
#宝塚 #宝塚歌劇 #宝塚雪組 #雪組 #takarazuka #凱旋門 #gatobonito #望海風斗 #真彩希帆 #轟悠 #東京宝塚劇場 #歌劇 #演劇 #レビュー #舞台 #劇評 #ミュージカル #nesta
2018/8/12 18:00公演
東急シアターオーブ『RENT』来日公演2018
.
.
傑作ミュージカルRENTが去年に引き続き日本に来日しました!
.
ニューヨークに住む、貧しくも夢を追いかける若者、マーク、ロジャー、ミミ、エンジェル、コリンズ、ジョアン、モーリーン。自身の苦難に立ち向かいながら今日を生きていく彼らの1年を描きます。
.
この作品を私自身何度も見ていますが、やはり海外キャストを見て思うのは歌うまが勢ぞろいしているなということ。その声量には圧倒されました。また、今回の演出ではそれぞれの人生に重きを置いていると感じました。プリンシパルキャストもアンサンブルもそれぞれが役の人生を隅から隅まで把握して、本当にその役を生きている。そして、そこから来るそれぞれの感情の爆発がとても素晴らしかったです。
.
RENTは今日を、今を生きる勇気を与えてくれる素晴らしい作品。この名作が今後も語り継がれていってほしいと思います。なお、2020年に全オーディションで行われる日本公演が決定しています。2018年来日公演は終わってしまいましたが、お時間のある方は2020年にぜひ。(杉下)
.
#rent #レント #東急シアターオーブ #来日公演 #ミュージカル #観劇 #演劇 #劇評 #nesta