日経WOMAN(公式)

日経WOMAN(公式) Follow

働く女性のONとOFFに役立つ月刊誌日経ウーマン。編集部員が日々の取材風景をお届けします。

http://wol.nikkeibp.co.jp/woman/

4,829 Followers  44 Follow

Share Share Share

有隣堂ルミネ横浜店、有隣堂アトレ川崎店にて「日経WOMAN編集長の本棚」と題したブックフェアを開催中です。日経WOMANにゆかりのある著名人の方々と編集部員がセレクトした、働く女性におすすめの本を、熱いコメントとともに期間限定で紹介しています。
現在は、モデルの #押切もえ さん、料理家の#青山有紀 さん、家計再生コンサルタントの #横山光昭 さんと編集部員Hが、おすすめ本を紹介中。おかげさまで大変好評なフェアになっているようですので、お近くの方、ぜひ足を運んでみてくださいね。(編集長F)
#日経ウーマン  #日経woman  #nikkeiwomanlove  #読書  #おすすめ本  #本屋  #横浜  #川崎
おはようございます! 今日も朝から寒いですね。そんな寒〜い冬の朝にぴったりな「温活スープ」のレシピを、日経WOMAN3月号でご紹介しています😊🍴
こちらは、鮭フレークとワカメのスープ。具材と調味料を入れて、お湯を注ぐだけなので、忙しい朝でも1分で完成! 簡単&おいしい、働き女子にぴったりなスープです(*^^*)✨ 日経WOMANでは、記事を読んで得た学びや、実践されたことの投稿を募集しています。「#nikkeiwomanlove」を付けて、ぜひ、ご投稿ください!(ご投稿いただいた写真を拝見し、編集部からご連絡させていただくこともあります)みなさんの気づき、学びをお待ちしています!(編集H.H)

#日経WOMAN #日経ウーマン #温活 #温活スープ #朝ごはん
ご近所で仲良くさせていただいている方のお宅で、カレーをつまみに一献。今日取材した女性たちのお金の貯め方もすごかったな〜と余韻に浸りつつ。
貯蓄1000万円超え女子たちの24時間を紹介している日経WOMAN3月号、おかげさまで好調な売れ行きです!
ご自身なりのお金の貯め方、増やし方の工夫や、日経WOMANを読んで気づきを得たこと、実践されたことなど  #nikkeiwomanlove で発信してくださいね。みなさんのささやかな一歩をぜひ教えてください!(編集長F)
#日経ウーマン  #日経woman  #カレー  #晩酌  #お金  #貯める
今日は日経WOMAN3月号の発売日です!(一部地域の方は少しお待ちくださいね)
巻頭特集は「1000万円貯まる人の24時間」。資産1000万円以上の等身大の働く女性たちの「貯蓄や投資でお金が増えるコツ」を24時間の過ごし方とともに紹介。株価の変動にも負けない、働く女性向けの「貯蓄&投資ルールの正解」もたっぷりお伝えしています。働く女性がいま買うべき投資信託を厳選した「日経WOMAN投信大賞2018」も発表しています。
第2特集は、肩こりや太りやすさなどの原因となる「冷え」をカンタンに解消する「ズボラ温活、はじめよう」。お湯を注ぐだけ、レンチンだけでできる冷えとりスープのレシピも紹介しています。
第3特集は「お部屋をパワースポットにする簡単テク30」。運をつかんだ女性のパワスポ部屋や、金運や人間関係運がよくなる片づけ・掃除術も紹介しています。
日経WOMANを読んだ感想や、読んで実践してみたことは、ぜひ #nikkeiwomanlove で発信してください!編集部が拝見させていただき、今後さまざまな企画でご連絡させていただくこともございます。
寒〜い毎日、日経WOMANを読んで、温かい時間を過ごしてくださいね。(編集長F)
#日経woman #日経ウーマン #松嶋菜々子 さん #お金 #投資 #投資信託 #投資女子 #温活 #スープ #部屋 #パワースポット #金運 #仕事運
皆既月食、みなさまご覧になっていますか?  朝の天気予報では曇りでどうかな?という感じでしたが、編集部のある東京・港区からは21:40現在、よく見えています。(編集O)#日経WOMAN #日経ウーマン #皆既月食
週末に、かごバッグを編む教室に初めて参加しました。やまぶどうのつるを黙々と編んでいると、6時間があっという間。生徒のみなさんはそれぞれご自分の作品に取り組んでいて、「今度はあれを作ってみたいなー」「こちらはかなり難しそう。。」などと考えるのも楽しかったです。そんな趣味のスキルアップや、お仕事に役立つスキルアップ、何かされていますか? 近々、本誌でも取り上げる予定ですよ😊 (編集O)#日経WOMAN #日経ウーマン #かごバッグ #スキルアップ
編集部では、現在3月号(2月7日発売)の取材に励んでいます!
次号の特集、「部屋をパワースポットにするルール」の企画では、開運アドバイザーの内川あ也さんに取材しました。内川さんによると、風水上2018年は「火の気」の年で、キャンドルや明るい照明が開運につながるそう。早速、私も自宅で取り入れてみました。😊✨ また、こちらの特集では、読者の皆さんの「お部屋のパワースポット」の写真を募集しています! 眺める度に幸せになる窓辺の家族写真のコーナー、お気に入りの絵画を飾っているリビングの壁、ぐっすり眠れる良質なベッド、etc...。リラックスしたり、モチベーションが上がったり、皆さんにとっての「パワースポット」を大募集!
こちら、「nikkeiwoman」アカウントの右上のダイレクトメッセージより、
⑴年齢、職業/業種
⑵お部屋のパワースポットについて
・その場所の説明&こだわり
・どんなパワースポットかの説明

以上をご記入の上、お写真をご投稿ください。😊
※〆切:1月14日 23時59分
※取材をお願いする際には、改めて編集部よりご連絡いたします。
※取材にご協力いただいた方には編集部の規定に基づき薄謝をお支払いいたします。

皆さんのご投稿、お待ちしています!(編集H.H)

#日経WOMAN #日経ウーマン #部屋 #開運インテリア #パワースポット #キャンドル
発売中の2月号で、冷蔵庫の中を見せてくださった料理家の青山有紀さん。さっとお料理を作ってくださったのですが、どれもしみじみとおいしかったです😍特に黒豆のご飯が心に残りました。さっと炒った黒豆を普通のお米と炊くのですが、不思議なことにふつうのお米がモチモチに。とても簡単ですし、レシピも紹介しているので、ぜひ作ってみてください。青山さん、ありがとうございました。ほかにも肌のきれいな人の秘密、たくさんご紹介しています。(編集O)@yukiaoya #青山有紀 さん #日経ウーマン #日経woman  #肌荒れ #冷蔵庫
あけましておめでとうございます!新年最初の日経WOMANは、本日1月6日発売です(一部地域の方はもう少しお待ちくださいね)。仕事や家事で毎日忙しくても「自分の時間」を持てるようになるコツは? 10年後の「なりたい自分」から逆算して計画を立てられるシートがほしい! 肌がいつもキレイな「美のプロ」の冷蔵庫や洗面台には何が並んでいるの? 定年後に月5万円でも収入を得るには、今からどんなスキルを身につけるべき? 今年こそ、1000万円貯蓄女子を目指したい!...そんな願望をかなえるヒント、疑問の答えが、最新2月号にぜーんぶ盛り込んであります。ゲッターズ飯田さんの仕事&お金占いも掲載中。大人気のミニサイズ版も併売していますよ。この1冊をフル活用して、2018年をみなさんにとって素敵な1年にしてくださいね!(編集長F)

#日経WOMAN #日経ウーマン #石原さとみ #時間 #手帳 #逆算手帳 #美肌 #冷蔵庫 #コスメ #習い事 #資格 #スキルアップ #ゲッターズ飯田 #お金 #1000万円
年末年始のご予定は決まりましたか? 発売中の日経WOMAN1月号では「おとな女子のときめきハワイ旅」特集を掲載中。誌面で紹介しているイチオシスポットのひとつが、ワイキキから車で30-40分のカイルアにある「Leinaia(レイナイア)」。このお店を営んでいるのは、日本人の素敵なアクセサリーデザイナー・真希さん @leinaia です。ピンクのワーゲンバスの小さなショップが、とにかくかわいい!そしてハワイにちなんだモチーフや貝を使った、繊細で優しいデザインのアクセサリーが、真希さん自身の手で生み出されています。人気すぎて、ネットショップでも注文が混み合っているようですが。。ハワイに行かれる方も、そうでない方も、ぜひチェックしてみてください!www.leinaia.com/ (副編F)
#日経WOMAN #日経ウーマン #ハワイ #カイルア #レイナイア #アクセサリー #自分土産 #旅 #女子旅 #leinaia #kailua #hawaii
日経WOMAN まんが版ムックの第2弾が書店に並びました!『まんが お金がどんどん増える本〜1000万円のつくり方』。主人公あおい(30歳)が貯蓄ゼロ円生活から脱し、趣味や美容も楽しみながら、貯められる女子になるまでの物語。ムダ遣いゼロわざも、一見ハードルが高そうな投資も、まんがだと共感しつつ学べるから不思議! 冬休みにサクッと読んで、2018年からのマネー管理にドンと活かしていただけるとうれしいです。他のまんが書籍より一回り大きめB5サイズ、ぜひ手にとってみてくださいね。

#お金  #まんが  #ムダ遣い  #日経ウーマン  #日経woman  #1000万円  #一生  #投資  #イデコ  #ideco  #年金  #コスパ  #コスメ  #冬休み
「注文をまちがえる料理店」。認知症のスタッフが注文をとるので、ときには間違えるけれど、お客はそれを受け入れて楽しむ。今年9月に3日間限定で営業したこの店は、SNS、WEBニュース、新聞などのメディアを通じて国内外でとても注目され、「自分の街でも開いてみたい」という問い合わせが毎日のようにあるそう。

そこで、プロジェクトの発起人である小国士朗さんが、この店を作るに至った経緯や資金の集め方、運営してみてわかったことなどを、たくさんの写真とともにまとめた1冊が「注文をまちがえる料理店のつくりかた」(方丈社、1600円)。舞台になったRANDYは、編集部から徒歩5分の距離。遅めのランチをとりながら、読ませていただきました。危ない。心が動かされて涙がじわっと。。。 いただいたのは、ランディプレート1500円。本日のメインは偶然にも、「注文をまちがえる料理店」でバーガーとして出されていたタンドリーチキン。おいしかったです。(編集O)
#日経WOMAN #日経ウーマン #注文をまちがえる料理店 #RANDY #ランディー #小国士朗 さん