Okamura Dental Floss

Okamura Dental Floss Follow

オカムラは毎日欠かせないデンタルケアの為に専門性とデザイン性の高い歯ブラシや歯間ブラシをご提案しています。口臭も「デザイン」する時代!世界初のフレーバーデンタルフロスでオーラルケアが変わります!

http://www.okamurafloss-store.com/

60 Followers  62 Follow

Share Share Share

歯を黄ばみにくくするには??
もともと白い歯が黄ばんでしまうことには、様々な原因があり、それらが影響しあって黄ばみの程度の差につながります。
まずは、生まれつきの歯の色の微妙な違いです。
歯の象牙質を包むエナメル質はピカピカで透明ですが、
その中の象牙質の色は、人によって若干違いがあります。
例えば、肌の色と同じように、人によって黄みがかっていたり、逆に真っ白に近かったりする訳です。
歯の象牙質が元から黄みがかっている人の場合、ホワイトニングなどを行わないで、それ以上歯を白くすることはほとんど不可能です。
ですので、”今以上黄ばみが出ないようにする”といった対策が必要になります。
また加齢などにより、歯のエナメル質のピカピカさや透明さが失われて、汚れが付着していくことも、歯の黄ばみの大きな原因での1つです。
例えば、歯の黄ばみの原因となる汚れには、タバコのヤニや食べ物、飲み物が影響しています。
タバコを吸う人は吸わない人に比べて、歯が黄ばみやすい(特にタバコをくわえる前歯付近)です。
また、コーヒーや紅茶、コーラなど色素の濃い飲み物を愛飲していたり、チョコレートやキャラメルをよく食べていたりすると、それも歯の黄ばみにつながります。
ジュースやお菓子などの飲みすぎや食べすぎは、虫歯になるから良くないという印象がありますが、実はそれだけではなく、歯の黄ばみにも大きく関わっているのです。
ですので、「歯の黄ばみが気になる」「歯を白くしたい」という方は、オーラルケアはもちろんのこと、タバコや食生活の見直しから始めてみるのが良いでしょう。
★歯ブラシだけで歯の黄ばみは防ぎきれない★
「歯の黄ばみを防ぐ、あるいは落とすためには、歯ブラシで歯の表面を丁寧に磨くようにすればいい」と考えていらっしゃる方も多いかもしれません。
たしかに、歯の表面の汚れを落とすためには、歯ブラシも必要不可欠です。
特に、歯の黄ばみが目立ちやすい前歯周辺は、意識して磨いている方も多いかと思います。
しかし、歯の黄ばみを防ぐためには、歯ブラシで歯を磨くだけでは十分とは言えません。
なぜなら、歯の黄ばみは歯の表面にだけ起こるのではなく、
歯と歯のすき間や、歯と歯茎のすき間(歯周ポケット)など、歯ブラシでは十分にプラーク(歯垢)を落とすことのできない部分からも、発生するからです。
また、歯の黄ばみはどうしても前歯が気になりがちですが、実は奥歯も黄ばみやすいです。
奥歯周辺もまた、何となく歯ブラシで磨くだけでは、プラークを落としきれない部分です。
プラークの取り残しが多い状態が続くと、虫歯や歯周病のリスクが高まることはもちろん、そのプラークの色素が歯に移り、どんどん黄ばんでいってしまいます。
★歯のふちの黄ばみ対策にはデンタルフロス★
そこで、歯のフチや奥歯の黄ばみを抑えるために有効なのが、
デンタルフロスを使ったオーラルケアです。
デンタルフロスを使って、歯と歯のすき間や歯周ポケットに入り込んだプラークをしっかり除去することで、歯のフチからの黄ばみを抑えることができます。
もちろん、歯の黄ばみの抑制だけではなく、特に奥歯から起こりやすい虫歯や歯周病の予防にもなります。
できれば、マウスウォッシュも一緒に使うと、なお良いでしょう。
歯ブラシ、デンタルフロス、あればマウスウォッシュを使ったオーラルケアを、毎日コツコツしっかり続けていくことで、自宅でも歯の黄ばみの対策が行えます。
ぜひご参考にしてください♪

#oralcare  #フロス  #oral  #コラボ  #歯医者  #歯磨き  #虫歯  #口臭  #dentist  #デンタルフロス  #糸ようじ  #drops  #rebre  #歯  #dentalfloss  #floss  #beauty  #オカムラデンタルフロス  #okamuradentalfloss  #smile  #歯周病  #aaa  #teeth  #歯磨き粉  #モデル  #歯科衛生士推奨  #なろうよ  #デュエット  #teeth  #フランフラン #francfranc
今年こそデビュー!自分に合うおすすめのデンタルフロスを見つけよう!
自分に合うデンタルフロスの選び方 ~その①~
ご存知でしょうか?
オーラルケアアイテムには、
◎歯ブラシ
◎歯間ブラシ
◎フロスピック
◎デンタルフロス
など、様々な種類があります。
特にデンタルフロスは、プラークコントロール(歯についた歯垢の量を減らす)を行うのに、ピッタリなオーラルケアアイテムです。
★デンタルフロスの種類
デンタルフロスの中だけでも、
①PTFE素材のデンタルフロス
②スポンジフロス(スーパーフロス)
③フロス部分がブワッと広がるデンタルフロス
④ワックスあり(なし)のデンタルフロス
⑤香りつきのデンタルフロス
など、細かく種類が分かれています。
これほどたくさんの種類のデンタルフロスがあるのは、
1人1人歯の状態や、デンタルフロスを使ったオーラルケアに慣れているかどうか、
また見た目やコストなど、デンタルフロスのどこを重視しているかが違うからです。
★ユーザー別におすすめのデンタルフロス
Ⓐ 若くて歯間が狭い方はPTFEデンタルフロス
Ⓑ 高齢で歯間が広くなってきた方はスーパーフロス
Ⓒ矯正やインプラント治療をしている方はスーパーフロス
Ⓓ使いやすさよりも機能性を重視する方は広がるフロス
Ⓔ忙しいので時間をかけずにデンタルフロスを使いたい方はフロスピック
Ⓕコストを重視している方はナイロン・ポリエステルのデンタルフロス
Ⓖかわいい見た目のデンタルフロスを使いたい方は色つき・香りつきのデンタルフロス
上記は、ユーザー別におすすめのデンタルフロスの例です。
★年代別におすすめのデンタルフロスとその理由
まずは、年代別におすすめのデンタルフロスです。
個人差はありますが、基本的には若ければ若いほど、人の歯間は引き締まっていて狭いです。
しかし、年を重ねるにつれて、だんだん歯自体が歯茎から浮き上がってきて、歯間は広くなっていきます。
◎若くて歯間が狭い方におすすめなのがPTFEデンタルフロス
10代~20代かつ歯並びがぴっちりしていて、歯間がとても狭いという方には、PTFEフロスがオススメです。
PTFEフロスは、単一の繊維(モノフィラメント)で構成されていて、例えるならカセットテープのテープ部分のような形状をしています。
PTFEフロスは、他のデンタルフロスと比べて細いので、狭い歯間でも楽に入りやすいです。
PTFEフロス以外なら、ワックスありタイプのデンタルフロスでも、滑りやすく歯間に入れやすいです。
次回もユーザー別にデンタルフロスをご紹介します♬

#oralcare  #フロス  #oral  #歯医者  #歯磨き  #虫歯  #口臭  #dentist  #デンタルフロス  #糸ようじ  #drops  #rebre  #歯  #dentalfloss  #floss  #beauty  #オカムラデンタルフロス  #okamuradentalfloss  #smile  #歯周病  #aaa  #teeth  #歯磨き粉  #モデル  #歯科衛生士推奨  #なろうよ  #デュエット  #teeth  #フランフラン #francfranc
謹賀新年⛩

本人もどうぞよろしくお願い致します!! 新しい一年が皆様にとって佳き年でありますようお祈り申し上げます😊

#happynewyear  #日の出 #初日の出 #2017 #okamuradentalfloss  #floss  #dentalfloss  #oralcare  #歯ブラシ #歯磨き粉 #オカムラデンタルフロス #dentalcare  #model  #aaa  #歯磨き
忙しい師走こそ!リラックスで唾液力アップ!
いよいよ今年もあと10日となりました。
色々と忙しくバタバタしてしまう時期ですが、この時期はやはり風邪に注意したいことろですよね。
疲れがたまってくると免疫力も落ちてしまったり、
体に変化をもたらしますが口内にも影響が出てきます。
★疲れている時こそ心をリラックス!
では口内に与える影響は何か考えられるのでしょう?
それは「唾液」です。
「唾液の質」を皆さんは日ごろから意識したことありますか?
良い唾液はサラサラしていて、消化酵素が多く食物を飲み込みやすくしてくれます。
では、質の良い唾液を出すにはどうしたらよいのでしょうか?
唾液は、大小含め8つの唾液腺から分泌されます。
主なものは「耳下腺」や「舌下腺」があり、
耳下腺からはサラサラ唾液、舌下腺からはネバネバ唾液が分泌されています。
ただし、これら唾液腺は「交感神経」と「副交感神経」のバランスでコントロールされているので意識して唾液量を調整することができません。
そこで大切なのが、「心理状態」になります。
人は、リラックスしていると副交感神経が作用して「耳下腺」からのサラサラ唾液が増えます。
しかし、緊張すると交感神経が作用して「舌下腺」からネバネバ唾液が増えます。
つまり、楽しい気分で食事をしていると質の良いサラサラ唾液が多く分泌されることなります。
質の良い唾液は、お口の健康にとっても重要です。
忙しい毎日でも、食事をゆったり楽しみながらとるように心がけましょう!
オシャレなオーラルケア商品で女子力UP⤴️ #oralcare  #フロス  #oral  #コラボ  #kiss  #美容  #オーラルケア  #フロスマイル  #歯医者  #歯磨き  #虫歯  #口臭  #dentist  #デンタルフロス  #糸ようじ  #drops  #rebre  #歯  #dentalfloss  #floss  #beauty  #オカムラデンタルフロス  #okamuradentalfloss  #smile  #歯周病  #aaa  #teeth  #モデル  #teeth  #フランフラン #francfranc
スーパーフロスとは!?
~スポンジつきデンタルフロスの便利な使い方~
インターネットなどで、デンタルフロスを検索して探しているときに、
“スーパーフロス”という言葉を目にしたことはありませんか?
スーパーフロスも、デンタルフロスの種類の1つです。
「スーパーという名前がついているくらいだから、とても磨けるデンタルフロスのこと?」と思ってしまうかもれませんが、
実はそうではありません。
スーパーフロスは、インプラント治療をしている方や、歯の矯正をしている方に向いたデンタルフロスです。
★スーパースーパーフロスの見た目の特徴
スーパーフロスの見た目は、通常のデンタルフロスとはかなり異なります。
1)始めから40~50cmにカットされている
スーパーフロスは、始めから使いやすい長さにカットしてあるのが特徴です。
スーパーフロス1本の長さはだいたい40~50cmで、100本入りで売られていることが多いです。
2)フロスの両端が硬く、細くなっている
また、スーパーフロスの両端は、硬く、細くなっています。
歯の矯正を行っている場合、金具(ブラケット)がジャマをして、デンタルフロスを非常に通しにくいのですが、両端が硬く細くなっているスーパーフロスなら、金具の間をぬって、簡単にフロスを歯間に通すことができます。
通常、デンタルフロスを歯間に通しやすくするために、
フロススレッダーという糸通しのような道具を使うのですが、始めから歯間に通しやすいように加工されたスーパーフロスなら、フロススレッダーを使う必要はありません。
3)フワフワで太いスポンジフロスがついている
これがスーパーフロスの1番の特徴なのですが、スーパーフロスのフロス部分は、フワフワとスポンジのようになっていて、通常のデンタルフロスよりも太くできています。
太いとは言っても、通常のデンタルフロスと同じように、フロスを両端から引っ張ると、少しだけ細くはなります。
このスポンジ部分は、ポリエステルなどで構成されています。
ポイント★スーパーフロスはインプラント治療をしている方や矯正中の方向けのデンタルフロス
スーパーフロスは、万人の方向けの使いやすいデンタルフロスという訳ではありません。
フロスがスポンジ状になっていて太いので、「これじゃあ歯間に入らない!」という方も多いでしょう。
スーパーフロスは、インプラントの治療をしている方、あるいは歯を矯正治療中の方のために特化したデンタルフロスなのです。
インプラント治療をしている場合、人口の歯が歯茎に埋め込まれているのですが、この人口歯の歯間は通常の歯間よりもかなり広めです。
また、ブリッジ治療をしている部分の歯間も、広いです。
広い歯間に細いデンタルフロスを入れることはもちろん可能ですが、スカスカしてしまいかえって使いづらく、歯垢の除去率も悪くなってしまいます。
そこで、インプラントやブリッジなどの人口歯に見られる、広めの歯間に対応できるように開発されたのが、スーパーフロスなのです。
人口歯以外に、矯正中の歯の歯間ケアにも有効で、「歯間ブラシはキチキチで入りづらいけど、デンタルフロスだとスカスカで磨きづらい……」という場合に、スーパーフロスが便利です。
もし、インプラント治療や矯正をしていて、通常のデンタルフロスでは使いづらいなと感じているなら、
スーパーフロスを使ってオーラルケアをしてみるのがオススメです♪

#oralcare  #フロス  #oral  #美容  #オーラルケア  #フロスマイル  #歯医者  #歯磨き  #虫歯  #口臭  #dentist  #デンタルフロス  #糸ようじ  #drops  #rebre  #歯  #dentalfloss  #floss  #beauty  #オカムラデンタルフロス  #okamuradentalfloss  #smile  #歯周病  #aaa  #teeth  #モデル  #歯科衛生士推奨  #teeth  #フランフラン #francfranc
<知っておこう!
災害災害時の歯磨きにはデンタルフロスがオススメ! 
いつ、どこで襲ってくるか分からない、地震などの自然災害。
非常用の食料や懐中電灯など、普段から備えておくべきものがたくさんありますが、その中の1つがデンタルフロスなどの
オーラルケアアイテムです。
「災害に遭ってしまった時の歯磨きってそんなに大事?」と疑問に思われるかもしれませんが、
身体的にも精神的にも大変な災害時だからこそ、オーラルケアはとっても大切。
実際に地震が起こり、歯科医院さんなどから避難所に、歯ブラシをはじめとするオーラルケアアイテムが届けられたことで、避難者の方にとても喜んでもらえたという例もあります。
そこで今回は、デンタルフロスなどを使った、災害時の歯磨きについてお話したいと思います。
◎災害時の歯磨きは病気の防止や気分転換にも繋がる
歯磨きは二の次!という意見もあるかもしれませんが、たかが歯磨きと侮ってはいけないのです。
歯磨きを長期間行わないと、口腔内で虫歯菌などの細菌が繁殖します。
この虫歯菌は、虫歯”だけ”の原因になると考えてはいませんか?
実は時によってこの虫歯菌が、身体全体に悪影響を及ぼす可能性があります。
十分な休養や栄養がとれなかったりして、身体の抵抗力が落ちていると、口腔内の虫歯菌が、気管から肺に達して肺炎などを引き起こす可能性があり、高齢者さんの場合は重症化して命に関わる可能性だってあります。
また、不安な心境の中で続く避難生活では、歯磨きなど当たり前だったはずの日常動作が行えないと、ストレスが溜まってしまいます。余計に気が滅入ったり、イライラしたりしてしまいがちです。
以上のように、避難生活中の病気を防ぐため、また、ストレスを軽減するために、災害時のオーラルケアは意外と優先順位が高いものなのです。
◎水が不足する環境でもデンタルフロスなら大活躍!
自分が気に入って使っているものでもいいのですが、オススメなのは、
★歯ブラシ
★マウスウォッシュ
★デンタルフロス
以上の3つです。
歯磨き粉は、必須ではありません。
なぜなら、歯磨き粉自体に歯垢(プラーク)をしっかり取り除けるような成分が入っているわけではなく、口の中の泡を流すために水が必要になるからです。
普段の生活では問題ありませんが、災害時は水がとても不足していることだって考えられます。
そこで災害時には、まず歯ブラシだけで歯を磨いて、表面の歯垢を取ります。
このときに、「歯磨き粉をつけずに歯を磨いても、何だか磨いた気がしない」と感じるなら、歯ブラシをマウスウォッシュにちょっと浸してから使うと、少し清涼感が得られます。
マウスウォッシュで口をゆすいだら、歯間の歯垢をデンタルフロスを使って取り除いていきます。
歯磨き粉をつけて磨かなくても、デンタルフロスで、歯間の歯垢をしっかり取ってあげることで、スッキリ感は十分得られます。
不足時には節約しなくてはいけない水を、使う必要もありません。
ちなみに、歯ブラシ・マウスウォッシュ・デンタルフロスを併せて使うオーラルケアは歯医者さんでも推奨されているほど理想的なやり方で、災害時だけではなく、普段の歯磨きでも試されることをオススメいたします。
いつ何が起こるか分からないからこそ、普段の備えはとっても大事。
非常袋には、災害時でも歯磨きができるように、歯ブラシやマウスウォッシュ、そしてデンタルフロスも入れておきましょう

#oralcare  #フロス  #oral  #kiss  #美容  #オーラルケア  #フロスマイル  #歯医者  #歯磨き  #口臭  #dentist  #デンタルフロス  #糸ようじ  #drops  #rebre  #歯  #dentalfloss  #floss  #beauty  #オカムラデンタルフロス  #okamuradentalfloss  #smile  #歯周病  #aaa  #teeth  #歯磨き粉  #モデル  #歯科衛生士推奨  #teeth  #フランフラン #francfranc
クリスマスまでのカウントダウン、大人もちょっとウキウキ♬
今年はクリスマスプレゼントに
オーランケア商品なんていかがでしょう?
クリスマスカラーのグリーンや
レッドのフロス、ハブラシ、歯間ブラシで気分アップ⤴️ #oralcare  #フロス  #oral  #コラボ  #美容  #オーラルケア  #フロスマイル  #歯医者  #歯磨き  #虫歯  #口臭  #dentist  #デンタルフロス  #糸ようじ  #drops  #rebre  #歯  #dentalfloss  #floss  #beauty  #オカムラデンタルフロス  #okamuradentalfloss  #smile  #歯周病  #aaa  #teeth  #歯磨き粉  #モデル  #teeth  #フランフラン #francfranc
インフルエンザが発症する確率を1/10に抑制!?
インフルエンザ予防には歯磨きが効果的だった!
寒い日が続き、インフルエンザや風邪も流行しているようですが
みなさま体調はいかかですか??
空気も乾燥していますので、まずは手洗いうがいをマメにしないといけませんね💦
ところで、日ごろの手洗い・うがいと共に風邪予防に有効な方法があるのをご存知でしょうか?
それは起床後すぐの歯磨きと寝る前の歯磨きです!
★歯磨きでインフル予防できるワケ★
口の中には、ウイルスが簡単に侵入しないように、粘膜をガードしているタンパク質の膜があります。この膜は、歯垢などから発生する酵素によって破壊されやすいため、歯磨きをすることによって、この膜を守り、ウイルスが粘膜に侵入するのを防ぐことができると言われています。
朝の口内は、夜に繁殖した細菌でいっぱい。そのまま食事をすると、細菌やタンパク分解酵素の大部分を飲み込むことになり、ウィルスを体内に取り込みやすくしてしまいます。そのため、インフルエンザの予防には、朝食前に歯磨きをするか、うがいだけでもして、菌を外に出すように意識しましょう。
歯と歯の間に溜まっているウイルスを取り除くことができれば風邪やインフルエンザの発症を未然に防ぐことができます。
ぜひ今日からしっかり寝起き、寝る前の歯磨きをしてくださいね★
歯科衛生士推奨の歯ブラシはこちら↓
http://www.okamurafloss-store.

#oralcare  #フロス  #oral  #東京 #christmas #フロスマイル  #歯医者  #歯磨き  #虫歯  #口臭  #dentist  #デンタルフロス  #糸ようじ  #drops  #rebre  #歯  #dentalfloss  #floss  #beauty  #オカムラデンタルフロス  #okamuradentalfloss  #tokyo
クリスマスカラー

デンタルフロスもクリスマスカラーに❤️
クリスマスプレゼントとしてもオシャレですよね♬

#クリスマス  #christmas  #クリスマスツリー  #クリスマスプレゼント  #クリスマスストーリーズ #クリスマス仕様  #プレゼント #デンタルフロス #okamuradentalfloss  #オカムラ #オカムラデンタルフロス #オーラルケア  #フロス #floss #dentalcare  #model  #モデル #モデル愛用 #なつうみ  #aaa
いまさら聞けない!デンタルフロスって何!?
これまでオーラルケアについていろいろご紹介していますが
そもそもデンタルフロスって何!?と思われている方もいらっしゃるかと思うので今回は細かくご紹介したいと思います。
デンタルフロスとは、歯間の歯垢や食べかすを除去して清掃するための細い糸のことです。
糸は、ただの糸ではありません。材料は細かい繊維で作られていて、歯間や歯周ポケットに溜まった汚れやプラークも除去できます。
海外映画やドラマをよく見ている方はデンタルフロスを使っているシーンなんかを見られたことがあるかもしれません。
デンタルフロスは海外だと日常製品で、欧米の人々の間では当たり前のように毎日使われています。
使わないと眠れない人までいるらしいので驚きです!
それだけ、オーラルケアの意識が高いということになります。
歯ブラシでは、歯の間の汚れが除去できません。
そこでデンタルフロスを使うことによって、
歯の周囲(一周)を綺麗に清掃することができます。
海外ではデンタルフロスは当たり前!
歯ブラシだけでは、細かい部分の清掃がなかなか出来ません。
10~15分かけて完璧に磨けたと思っていても実際に汚れが残っています。
これは、日本人の成人の8割が歯周病に侵されているという事実からも分かります。
日本人は1日平均2.5回歯を磨くのですが、欧米の方は1日平均1.2回しか磨きません。
それでも、日本では歯周病率が高いのです。
アメリカでは「FLOSS OR DIE ?」「フロスを使うか?もしくは死ぬか?」というキャッチコピーで、デンタルフロスを使用することを国民に奨励しています。
歯周病菌は人体に様々な病気を引き起こす原因となると言われています。ですので、口内を清潔にすることで疾病患者が少なくなり、医療費も抑えることにつながるのです。
アメリカがデンタルフロスを勧めている理由が分かります。
また、デンタルフロスを使うことによって、美に対して気を遣っている、良い家の出であるというイメージも海外ではあるようです。これによって信用性も違ってくると思うと、デンタルフロスを使ってみようかなぁと思いませんか?
デンタルフロスを歯ブラシと併用することで、口内の清掃率はグンっとアップします。これに、マウスウォッシュを組み合わせると完璧です!
(歯周病に罹患している方は、歯肉が炎症を起こしているためブラッシングの刺激で出血することもあります。ですが、歯肉周辺を清潔にすることで歯肉の炎症は改善し健康な歯肉を取り戻します。出血している間は、柔らかい歯ブラシを使用し、不必要に歯肉を傷つけないようにやさしくブラッシングを行って下さい。)
デンタルフロスの使い方は簡単で、しかも種類は色々!
自分にピッタリ合ったデンタルフロスも絶対に見つかりますので、一回使ってみたらいかがでしょうか。
デンタルフロスを使った後のスッキリ感を一回味わったらもうやめられません♪

#oralcare  #フロス  #oral  #美容  #オーラルケア  #フロスマイル  #歯医者  #歯磨き  #虫歯  #口臭  #dentist  #デンタルフロス  #糸ようじ  #drops  #rebre  #歯  #dentalfloss  #floss  #beauty  #オカムラデンタルフロス  #okamuradentalfloss  #smile  #歯周病  #aaa  #teeth  #歯磨き粉  #モデル  #歯科衛生士推奨  #歯磨き粉  #フランフラン #francfranc
素朴な質問その①
『デンタルデンタルフロスのワックスありとワックスなしの違いってナニ??』
「デンタルフロスにワックスあり・ワックスなしの種類があるみたいだけど、一体どこが違うんだろう?」
という疑問にズバリお答えいたします!
◎ワックスありのデンタルフロスは「使いやすい」
ワックスありのデンタルフロスのメリットをズバリ一言で言うと、「使いやすい」というのが1番です。
ワックスありのデンタルフロスとは、歯列矯正のワイヤーに塗るようなワックスが、フロスの表面に塗られている種類のものを言います。
このワックスには、歯間にデンタルフロスを入れたときの滑りを良くする働きがあるのです。
デンタルフロスのフロス部分が歯茎に当たると「痛い」と感じる人もいますが、ワックスがついたデンタルフロスなら、滑りが良い分痛みも感じにくいです。
歯間に入れたデンタルフロスにギシギシした感じがなく、動かしやすいので、デンタルフロスを始めたばかりの人にとっては使い勝手がいいです。
なのでドラッグストアなどで市販されているデンタルフロスの多くが、ワックスありのデンタルフロスです。
◎ワックスなしのデンタルフロスは歯垢の除去率が良いので歯医者でも使われている!
では、ワックスなしのデンタルフロスにはどんな特徴があるのでしょうか。
ワックスなしとは言っていますが、実際はワックスなしと
表記されて販売されているデンタルフロスでも、
微量ではありますがワックスが使われています。
全くワックスがついていないというデンタルフロスも最近になって広まってきたのですが、主にこれらのワックスなしのデンタルフロスは、歯医者さんなど、歯に関するプロが選んで使うことが多いです。
というのも、ワックスなしのデンタルフロスは、
ワックスありのデンタルフロスと比べると、歯垢の除去率が良いのです。
ワックスなしデンタルフロスの歯垢の除去率が良い理由は、ワックスがしっかりついたデンタルフロスよりもフロス自体が膨らんでいるからです。
★歯医者さんがワックスなしを利用する理由って?
素手で触れる場合は、それほど問題はありませんが、歯医者さんや歯科衛生士さんは、施術中手袋を着けていますので、ワックスありのデンタルフロスだと持ち手が滑りすぎて使いづらいです。
手袋をしている状態でもフロスが滑りにくいことと、歯垢の除去率が高いことが、歯医者さんでワックスなしのデンタルフロスが使われている理由です。
◎初心者ならワックスありのデンタルフロスが使いやすくてオススメ!
「ワックスありと無しのどちらのタイプのデンタルフロスを使えばいいですか?」
と聞かれたら、
「使い心地による個人の好みで選んでいただいて大丈夫ですよ!」
とお答えさせていただきます。
しかし、やはり使いやすさという面においては、やっぱりワックスありのデンタルフロスがオススメです。どちらかというと品揃えも多いので、自分にあったデンタルフロスが選びやすいでしょう。
また、先程”ワックスなしタイプは歯垢の除去率が高い”と説明していますが、決してワックスありタイプのデンタルフロスの歯垢の除去率が悪いという訳ではありません。
少しだけ、ワックスなしタイプの方が優れているというだけなのです。
ワックスありタイプ、ワックスなしタイプ、どちらのデンタルフロスを使うにしても、”続けて使い続けること”に1番の意味があります。
どれほど歯磨きをしても歯垢除去は全体の58%ほど。
しかしデンタルフロスを使う事で、歯垢除去率は86%まで
アップするのでぜひ毎日のオーラルケアとして利用下さい

#oralcare  #フロス  #oral  #コラボ  #美容  #オーラルケア  #フロスマイル  #歯医者  #歯磨き  #虫歯  #口臭  #dentist  #デンタルフロス  #糸ようじ  #drops  #rebre  #歯  #dentalfloss  #floss  #beauty  #オカムラデンタルフロス  #okamuradentalfloss  #smile  #歯周病  #aaa  #teeth  #歯磨き粉  #モデル  #teeth  #フランフラン #francfranc
クリスマスシーズン☆

クリスマスシーズンがやってきました♬
この時期はクリスマスデコレーションが気になります。
お家の中もオフィスもクリスマスデコレーションをされている方は多いのではないでしょうか?

今年は彼と特別なクリスマスを♡なんて方も中にはみえますよね♡?大切な人と過ごすクリスマス、ちょっとワンランク上の女子力&オシャレを取り入れてみませんか?

デート中もちょっと気になってしまう"口臭"。
オーラルケア商品をポシェットに忍ばせている方も多いと思いますが、
そのオーラルケア商品をオシャレにクリスマスカラーにしてみる。
持ち歩きはもちろん、
家にある歯ブラシ等もグリーンとレッドでクリスマスカラーを取り入れれば一気にオシャレ度アップ⤴︎☆ もちろん家族で揃えても可愛いはず♡

ポップなオーラルケアアイテムはフランフラン、またはweb storeでご購入頂けます♬

#oralcare  #フロス  #oral  #kiss  #美容  #オーラルケア  #フロスマイル  #歯医者  #歯磨き  #虫歯  #口臭  #dentist  #デンタルフロス  #糸ようじ  #drops  #rebre  #歯  #dentalfloss  #floss  #beauty  #オカムラデンタルフロス  #okamuradentalfloss  #smile  #歯周病  #aaa  #teeth  #歯磨き粉  #teeth  #フランフラン #francfranc