大菅千草

大菅千草 Follow

ガラスジュエリー作家

http://pufukoubou.jp/index.html

25 Followers  23 Follow

Share Share Share

テストピース。
水にインクを一滴垂らすとインクが沈みつつ踊る。対流する。その様子をガラスで表現したかった。
完成までまだまだ。ゴールは遥か彼方。  #convection #ink #glass #lampworking #glass_beads #glass_jewelry #ガラスビーズ #とんぼ玉 #pufu工房 #ガラスジュエリー #対流 #インク
新作制作中です。
名前は「チップ」
ガラスを割る専用のチッピングハンマーでガラスの塊を割ります。
硬い金属がハンマーの先に付いています。
このハンマーじゃないと綺麗に割れません。
軽い力で割れますが、かなりガラスが飛び散るので、工房の中にテントを設置して割っています。
このガラスのカケラを危なくない様に加工してピアスにします。
#chipping_hammer #glass #lampworking #glass_beads #glass_jewelry #ガラスビーズ #とんぼ玉 #pufu工房 #ガラスジュエリー #チッピングハンマー
新しい作品が出来ました。名前は「ころん花」になる予定。
「ころん」の意味は小粒でころんとした形から。
来年の春には店頭に並んでると思います。
実は私はほとんどアクセサリーを着けません。自分で作った物もつけませんが、このシリーズは着けようかなと思います。
シンプルでどこか可愛い。そんな物が好きです。
#ガラス #アクセサリー #トンボ玉 #バーナーワーク #お花のジュエリー #手作りアクセサリー
そもそもなぜ物作りをしているか考えた。
物作りのきっかけは
欲しいものが売ってない。だから作ろう。という理由で自分の物を作って来た。作ってもレベルが低くてそれも気に入らない物が出来る事も多かったけれど。
こだわりが半端ない。これはなかなかシンドイ。だからずっと見ないふりをして来た。忘れていた。
けれど作品のステップアップしたくて自分について考えるうちに、私は半端ないこだわり人間なのを思い出した。
この半端ないこだわりとは、完璧主義という事ではなくて一部分どうしてもこうしたい!と思う部分があるんです。
写真のガラスの今のこだわりは、花びらの模様。
花びらも葉脈の様にスジが入ってる。そんな印象の模様を入れたい。
細かすぎると肉眼で見えない。ほどほどにみずみずしく。
ひたすらいろんなガラスでいろんなパターンでたくさんたくさん作る。
次の作品では花びらのひらひら感を出したい。
この白い花びらの感じは羽根に似てる。
羽根を一枚ガラスに閉じ込めたい。
さらに発展させるなら、この羽根の感じでいつかは鶏も作ってみたい。
そんな事を思いながら作っています。
#バーナーワーク #とんぼ玉  #ガラスのお花 #ガラスアクセサリー
新作テストピース少しづつ出来てます。
これらは余り物のガラスをテキトーに詰めて溶かしたもの。
なるほど、こうするとこうなるのか。と実地試験で経験値や知識を重ねていきます。
写真右の黒い色は他の色のガラスに反応して出た色。
写真左の紫は比重が重たいから容器の下に沈みがちなんだな。写真の向きは違いますが。
淡い色も違うデザインで使えそう。
などなど。いろんな事を知ります。
このモヤモヤした色味のガラス作品は来春デビュー目指してます。
新作のテストピース
ガラスを液体にして対流させて模様を出しています。
新商品が出来ました。店頭より先にネットショップCreema minne iichiで販売開始。
商品名「花まり ネックレス 白」
#ガラス #小花 #花まり #バーナーワーク #ハンドメイド #手作り #flower #handmade #glasses #lampworking
藤田喬平ガラス美術館の企画展に参加させていただきます
#藤田喬平 #ガラス
新商品の出来かた
作りたい形を目指して作る事もありますが、今回はちょっとしたひらめきを作ってみたら可愛かったバージョンです。
左上一番奥 見えにくいですが、新作にしたい百合を作ってました。数個作りますが上手くいきません。
奥から2個目 お花をいっぱい入れて見ようと試作。
奥から3個目 小さくしてみよう。
奥から4個目 小さくなったが、可愛さが足りない。
奥から5個目 球体にして全面にお花を入れる。それまではおはじき形で作ってた。
一番手前 球体でお花を沢山入れた。
という感じでここまででこの形の試作品は100個位作りました。
奥から5個目の小さいもの直径1cmの物が新作に決定しました。
またここから色のバリエーションを考えるのと、練習であと50個位作ります。
春には販売始めたいなと思います。