RIOW ARAI  リョウアライ

RIOW ARAI  リョウアライ Follow

#riowarai #electronicmusician #japanese #tokyo #vinylcollection #80s ☞

https://linktr.ee/riowarai

397 Followers  0 Follow

Share Share Share

#ムーンライダーズ #ムーンライダース #moonirders #DONTTRUSTOVERTHIRTY #TENT #1986 #12inch #33rpm #鈴木慶一 #鈴木博文 #白井良明 #かしぶち哲郎 #岡田徹 #武川雅寛 #ドントラ #CLINIKA #9月の海はクラゲの海 #超C調 #だるい人 #マニアの受難 #donttrustanyoneover30 #ボクハナク #AFROZENGIRLABOYINLOVE #何だこのユーウツは #サエキけんぞう #蛭子能収 #直枝政広 #滋田みかよ #EDMORRISON
.
.
1986年11月21日リリース、リアルタイムで買ったが、イメージ的には12月〜年末に出たイメージ👉何しろ86年・結成10周年のライダーズは凄かった、まず2月にTENTより『マニアマニエラ』リリース、これは訳アリで、82年にレコードリリースが見送りになり、同年末に当時誕生したばかりのプレイヤーがまだ普及してないCDのみでリリース、そして84年にカセットブックでリリース、それらを経て漸くレコードでリリースされたものです(但しジャケはリニューアルされた)、そして3月にその『マニアマニエラ』からシングルカット「花咲く乙女よ穴を掘れ」、同時発売で6曲入のビデオソフト『DREAM MATERIALIZER』をリリース、6月に12インチシングル「夏の日のオーガズム」、この時期に恵比寿ファクトリーやFM東京ホールで10周年コンサート(長時間)が行われ、そのLIVE盤『THE WORST OF MOONRIDERS』(2枚組)を9月にリリース、そして最後駄目押し的に新作『DON'T TRUST OVER THIRTY』をリリースという怒涛の展開でした、その流れで内容も本当に濃いアルバムです👉6月のLIVEは行けませんでしたが、『DON'T TRUST OVER THIRTY』のリリースLIVEは日本青年館(12月15日)に観に行きました、この日は本当に総決算的なLIVEでほぼ1曲ごとに色々なゲストが飛び入りしファミリー大集合、アンコールで高橋幸宏と矢野顕子もサプライズで出て、忘れられない一夜となりました、それでライダーズも燃え尽きたかのように、この後約5年間活動休止になるという
#かしぶち哲郎 #FINEな彼女 #CD #1991 #日下部拓海 #おまじないコミック #イメージソング #サウンドトラック #少女漫画 #VAP #実業之日本社 #松尾清憲 #タネリ #岩室後子 #小池光夫 #LDKstudio #羽毛田丈史 #ムーンライダーズ #橿渕哲郎 #Moonriders #はちみつぱい
.
.
かしぶち哲郎・命日👉シングルは「Listen to me, Now!」「眩暈」「彩夏夢」をシェア済み、他に関連としてはライダーズはもちろん、 石川セリ、岡田有希子、中原理恵等々のシングルをシェア、リンクつけられないので、ハッシュタグかしぶち哲郎で探してみて下さい👉このCDは全作編曲をかしぶち哲郎が手掛けたおまじないコミックに連載されていた「FINEな彼女」という作品のイメージアルバムです、当時ライダーズ関係は80年代後半から90年代初頭にかけて、このような映像化されたわけでもないマンガのサウンドトラック作品がいくつかあり、今回発見したのはその1枚です、当然ながらマンガは読んだことはなく、これで初めて知りました👉インストに加えて、残念ながら、かしぶち哲郎が歌ってる曲はありませんが、松尾清憲が歌ってる曲とタネリが歌ってる曲が入っています、タネリというボーカリストを存じ上げなく、誰かの変名のような気がするのですが、声を聴いてわかりそうでわかりません
#細野晴臣 #SFX #NONstandard #ノンスタンダード #テイチク #12inch #1984 #33rpm #寺田康彦 #SEDIC #奥村靫正 #HaruomiHosono #FRIENDSOFEARTH #synthpop #BODYSNATCHERS #ボディスナッチャーズ #ANDROGENA #西村麻聡 #PeterBarakan #久保田麻琴 #サンディー #越美晴 #STRANGELOVE #ALTERNATIVE3 #DARKSIDEOFTHESTAR #WORLDFAMOUSTECHNOPOP #自らの推薦盤 #CurtisKnapp #モヤさま
.
.
1984年12月16日リリース、この頃帯がダサイとなり、シュリンクにステッカースタイルが出始めたが、『S-F-X』の場合はシュリンク無しで直にステッカーだった、これは珍しい👉散開翌年の元YMOソロアルバムは10月に坂本龍一『音楽図鑑』、11月に高橋幸宏『WILD & MOODY』、そして12月に『S-F-X』(ちなみに『S-F-X』『音楽図鑑』『WILD&MOODY』全てデザインは奥村靫正、そのどれもが素晴らし)と、意図的ではなかったようだが、3ヶ月連続の嬉しい展開だった、但し『S-F-X』より前の『Making of NON-STANDARD MUSIC / Making of MONAD MUSIC』が『WILD & MOODY』と同じ11月10日発売だったりしたため、元YMOファンのお小遣いが悲鳴をあげ、当時3人でお互いのリリース時期を考えようと話し合ったとのエピソードもあった👉考えてみれば、あの80年代の細野晴臣の純粋なソロアルバムが『フィルハーモニー』『S-F-X』『オムニサイトシーイング』の3枚しかないというのが寂しい、この『S-F-X』とて全6曲でフルアルバムとは言い難い、その代わり2800円ではなく2200円だった、ついでに『WILD & MOODY』も全7曲で2200円、これは申し合わせたわけではなく偶然(これをシンクロニシティという)、いずれにしろ6曲でも濃厚かつ特農だった、「WALKING TO THE BEAT」「BODY SNATCHERS」「REPLICANT J.B.」等々で完全にビートに洗脳された15の冬、んで『音楽図鑑』が地味だな〜となるのだが、数ヶ月後の「FIELD WORK」で盛り返すみたいな👉90年代までのCDは「BODY SNATCHERS」が英詞のSPECIAL MIXに差し替えられ、『Making of NON-STANDARD MUSIC / Making of MONAD MUSIC』の分も加えられた、これでやっとフルアルバムという感じになり、曲数/構成的にも自分は好きだったのだが、後のリマスタ盤から当然のように分けられてしまった、当初CDに漏れた「BODY SNATCHERS」日本語ヴァージョンは『HOSONO BOX』でようやく初CD化、またFOE『FRIEND OR FOE?』収録の「RETURN OF BODY SNATCHERS」は「BODY SNATCHERS (SPECIAL MIX)」をベースに更に手が加えられている👉アルバムのCMは本当にSFXを駆使したSF映画の予告編のように作られ、映画館でも上映されたようだが、自分は当時「面白予約ショウ」(フジテレビ)で観た
#テストパターン #アプレミディ #TESTPATTERN #APRESMIDI #見本盤 #YENrecords #比留間雅夫 #市村文夫 #細野晴臣 #HaruomiHosono #synthpop #YENレーベル #YENlabel #飯尾芳史 #LDKstudio #PeterBarakan #私の少年は日本人 #午後は気儘に #ブリリアントテクノ #CrescentMoon #SouvenirGlace #BeachGirl #SeeBreeze #ModernLiving #RingDance #CathcBall #TechnoAge #OceanLiner #Aeroplane
.
.
1982年10月21日リリース👉21世紀過ぎてからの再評価が著しく、現在高値なので、昔買っておいて良かった1枚の代表、音を聴いた方はわかると思いますが、結構YMOっぽいというかYMOフォロワーっぽいというか、細野さんぽいというか、結局YMOの細野さんぽいというニュアンスが1番自分の中ではしっくりきますが、しかも本業がデザイナーの比留間氏の削ぎ落とされた無駄のない音の構築はYMOと似て非なる部分もありつつ(よってYMOは好きではないがテストパターンは好きという人がいる)、しかしそれは今だから言えるのであって、何せまだYMO現役時代にそこまで俯瞰で聴けたわけでもない、聴かれたわけでもない、そもそも自分はリアルタイムにこれを聴いてない(っていうかコレを発売日に買った人はスゴイ、当時の数少ない都内の大きいレコード店でも入荷した店がいくつあったのか?)、こういうものが¥ENから出たという情報は知ってましたが、何でもかんでも買えるわけでもない、そしてまさにこの82年にレンタルレコードというものが近所に出来てきた頃で(といってもまだまだ少ない)、いつも通ってたレコード店では見かけなかったのですが、雑誌でしか見たことなかった¥ENのインテリアとテストパターンはレンタル屋で現物を見たっていう記憶があります、ただインテリアのジャケは非常にテクノっぽいと思ったのですが、テストパターンのはテクノっぽいとは感じなく、黒人音楽?シャネルズみたいなドゥーアップ?という連想でジャケに違和感がありました(実は内容を知った現在でもあります)、結局インテリアとテストパターンをそれでレンタルしたかというと残念ながらしなかった、この当時のレンタルってレコードのみで当日か1泊2日の選択しかなく、料金も確か4〜500円したのではないか、さらにダビング用のカセットを買うとなるとなんだかんだで1000円弱になり、子供にはそうそう利用出来ない(現在のような旧作100円7泊8日は夢のよう)、ということで結局聴いたのは約20年前の¥ENBOXが出た時になりますが、その流れで気に入って中古レコードをゲット、現在価格の10分の1だったと思います
#YMO #SERVICE #YellowMagicOrchestra #イエローマジックオーケストラ #細野晴臣 #坂本龍一 #高橋幸宏 #HaruomiHosono #RyuichiSakamoto #YukihiroTakahashi #サーヴィス #スーパーエキセントリックシアター #SET #散開 #1983 #33rpm #12inch #Limbo #TheMadmen #ChineseWhispers #YouveGotToHelpYourself #以心電信 #ShadowsOnTheGround #SeeThrough #Perspective #YellowWax #YellowVinyl #PeterBarakan #井上嗣也 #三宅裕司
.
.
1983年12月14日リリースの散開記念アルバム👉最初は12月21日発売とアナウンスされたが、1週間早まった、発売延期というのはあっても早まったという例を他に知らない、早まった理由として、まず散開ツアーの日本武道館公演が12月12・13日だったので、その翌日に設定したと思われ、コンサートに来た人がそのまま勢いで買えるように?(今では当たり前な会場での先行販売が効果的だと思うが無かった記憶) もしくはツアーではこの『サーヴィス』から全曲演っているのだが、12日に観に行った自分の記憶だと『サーヴィス』は皆まだ聴いてないので、これらの曲だけ反応が悪くなるというのがあり、それを危惧してか22日の武道館ラスト公演まで『サーヴィス』の曲を覚えてもらうために発売を早めた、とりあえずこの2つが考えられる👉武道館の座席にチラシ(現フライヤー)があり、今後発売予定のY-M-Oレコード・Yellow☞『SERVICE』YMO、Midori☞『tIME and pLACE』高橋幸宏、Orange☞『AFTER SERVICE』YMOと3ヶ月連続でリリースされる嬉しい情報を得たが、Midoriって無理あるなと、そして『AFTER SERVICE』はOrangeじゃなくてRedだった、というオチ👉全7曲のうち既発シングル曲を除くと5曲で、要は片面分の新曲でギャグを入れるとフルアルバムとして成立するという『増殖』以来の発明、そして『増殖』のように曲とギャグが交わるところはなく完全に分離している、ならばと希望を出せば、ギャグと「以心電信」を抜いて片面3曲ずつの45回転高音質レコードが出来るのではと、40周年の10曲ほどのフルアルバムを45回転にして2枚組に分けるというコレクターズアイテムは買う人を選ぶのに対し、これであれば皆抵抗なく買えるのではと(欲を言えば『増殖』もギャグと交わらない分離された状態で聴きたいのですが、その話は『増殖』シェアの時に)、単にギャグがいらないという理由ではなく、何度もオリジナル仕様でリリースするなら、たまにはそういう仕様のものがあってもいいのでは? という話です👉「THE MADMEN」は細野さんが諸星大二郎「マッドメン」からタイトルをつけているので、本来「MAD」 ではなく「MUD」でなければいけないが「完成したレコードを見たらMADになってた」とのことで誤植と判明👉最後に今更ジャケについて、『テクノデリック』の時にジャケをメンバー写真にしてくれという社長の要望で初回盤ジャケ(流通数はこちらの方が多いが)が生まれ、『浮気なぼくら』の時は迷うことなくメンバー写真で見事オリコン1位を獲り、そして散開フィーバーで駄目押しの『サーヴィス』を売り切るのであれば、やはりメンバー写真が良かったのではないか、もちろん現行デザインを理解した上での意見だが、インナーにある最近問題のツアー衣装を着た(箱の中の)メンバー写真(⑤)を見てたら、わざわざ撮り下ろしがあるなら、ジャケこれでいいじゃん、と社長に成り代わって申し上げたくなるわけでして、自分も14歳だったし、当時の購買層の半数以上は10代ではなかったか、特に浮動層にはメンバー写真の方が食いつきがいいに決まっている、曲が粒揃いだっただけに勿体なかったかなと
#出口主義 #THEBEATNIKS #BEATNIKS #ザビートニクス #ビートニクス #高橋幸宏 #鈴木慶一 #12inch #33rpm #1981 #NOWAYOUT #出口なし #EXITENTIALISM #VAP #詩人の血 #ArkDiamant #NowAndThen #Loopy #UneFemmeNestPasUnHomme #Mirrors #LeRobinet #蛇口 #LEtoiledeMer #Inevitable #ひとで #PeterBarakan #来たるべき世界 #奥村靫正 #synthpop #工場地帯
.
.
1981年12月5日リリース、YMOがあれだけ売れていたのにも関わらず、(今では)信じらないが、ソロでは専属契約してなかったようでキングやアルファとの縛りがなかった高橋幸宏は鈴木慶一と意気投合し、さらにYMOにも気兼ねすることなくユニットアルバムを制作、鈴木慶一もムーンライダーズがクラウンからジャパンレコードに移籍する間でフリーだったことから問題なく実現、ビデオが作れるという条件(日テレ系列だから?)で出来たばかりのVAPからリリース、アルバムの後にビデオソフトが出たが、まだビデオソフトもPVもPV集自体も新しく珍しい状態、もしかしするとPV集をリリースしたのはビートニクスが最初なのではないか?くらいのもので値段は4800円、子供にはLP2800円以上のものを買うには無理でしたっていうか、そもそもうちにビデオデッキがなかった、そのマボロシ感のまま15年以上経ち、出始めのヤフオクでレンタル落ちVHSを初心者っぽく高値で落札してしまって漸く観れた!感のまま15年以上経ち、2015年のBOXセットでDVD化、なおビデオパッケージは初回/セカンドプレスの2種あることが判明、自分のは初回だが、セカンドはHiFi仕様で写真も海外盤でも使われたも2人の立ち姿に変わっている👉既にシェア済のシングル「出口なし」のキャプションは殆どアルバムのことを書いてるので、以下再録(一部修正)👉81年末、出たばかりのYMOのニューアルバム『いわゆるテクノデリック』を聴き込んでいた頃、『出口主義』の広告をぴあで見て、どういうことなんだコレは?と戸惑った、YMOと平行してメンバーのソロも出てて、それは疑問もなく聴いていたが、ソロではなく誰かとのバンド?(ユニットという言葉はまだ知らない)、YMOも解散してないのにそんなのアリ?と違和感があったので、買っていいものかどうか迷ってしまった、しかもまだムーンライダーズを知らなかったので、この鈴木慶一って誰?というのも事態を把握出来ない要因だった、幸宏ソロと違って音も聴かず買いに行くわけにもいかなかったが、タイミングよくFMで小特集があり3曲かかった、記憶では「出口なし」「鏡」「ひとで」、今思えば2曲が初めて聴く鈴木慶一の曲であったが、そういうことはわからずに、どっちが歌ってるかの区別も当時はつかず(声がエフェクティヴだしw)、いずれにしろ何の違和感もなく聴け、3曲とも気に入り、早速アルバムを買いに行きました、81年末から82年の1月にかけて『テクノデリック』と『出口主義』で過ごしたといっても過言ではなかろう、そして2月になったら、また別の新たなコラボレーションが待ち受けていた、「いけないルージュマジック」(シェア済み)である👉さて、81年は自分にとっての1番好きな年、『BGM』『ニウロマンティック』『左うでの夢』『テクノデリック』『出口主義』で最高潮、そしてタイムマシンがあればWINTER LIVEを観てみたい
#ScrittiPolitti #スクリッティポリッティ #ABSOLUTE #アブソリュート #flowers #45rpm #7inch #1984 #VirginRecords #DavidGamson #GreenGartside #WillLee #SteveFerrone #JasonCorsaro #GaryLangan #ArifMardin #DavidFrank #80sMusic #80sPop #synthpop #CupidandPsyche85 #グリーンガートサイド
.
.
全英17位、『キューピッド&サイケ85』に至る3大シングルは勝手に「ウッドビーズ」「アブソリュート」「ヒプノタイズ」としてますが、その内の1枚「アブソリュート」は日本盤7インチがない、そもそも日本盤の反応は遅くてアメリカで「パーフェクトウェイ」が売れてからということで日本盤シングルの第1弾が「パーフェクトウェイ」(シェア済)でB面が「ヒプノタイズ」、第2弾が「ウッドビーズ」(シェア済)、でそのB面が「アブソリュート」であれば完璧だったと思うのですが、残念ながら「ウッドビーズ」のヴァージョン違い、そして第3弾はなかった、ということで「アブソリュート」は日本盤7インチに収録されなかった、よって欧州盤7インチを購入
#EverythingButTheGirl #エブリシングバットザガール #EachAndEveryOne #LaughYouOutTheHouse #BenWatt #TraceyThorn #SimonHalfon #ChuchoMerchan #CharlesHaywood #MikePela #DickPearce #BoscoDeOliveira #HuwDavies #RobinMillar #NigelNash #45rpm #7inch #1984 #80sMusic #BlancoYNegro #EDEN #トレイシーソーン #ベンワット
.
.
全英28位、84年にポッパーズMTVで知りました👉まだボサノヴァとか一切聴いたことない中学生の耳に、こういうアコースティックサウンドは古臭いと思うか新鮮と感じるかは紙一重で、これは後者だったと、背景にはエレクトロニックなニューウェイヴ(エレポップ)への反発=ネオアコというのがあったのかもしれないが、永遠の名曲って感じで理屈はともかく、しかしプロデュースはSADEと同じロビンミラー、この辺気になります👉B面は2分足らずのアルバム未収録曲👉日本盤7インチってあったら欲しいですが、なさそう気が
#PRINCE #プリンス #殿下 #PrinceAndTheRevolution #KISS #LoveOrMoney #DavidRivkin #Mazarati #PARADE #PaisleyPark #CraigPowell #TonyChristian #MarrStar #AaronKeith #KevinPatrick #45rpm #7inch #1986 #80sMusic #80Hits #ワーナーパイオニア #UndertheCherryMoon #SheilaE #JapanesePressing #❤️OR💰
.
.
全米1位、全英6位、このミニマルなアレンジが素晴らしいと思いきや、律儀に #DavidZ なる人物のクレジットあり、なんだプリンス本人じゃないのかとか思いつつ、ググってみるとペイズリーパークのエンジニアだそうで、これはリミックス感覚で完成させたのかなと想像、ホントは色々音が入ってたけど、どんどん削ぎ落としていった的な、12インチヴァージョンを聴くとそれがよくわかります👉B面アルバム未収録曲ですが、セッションで軽く出来ちゃった的なやつ、プリンスにイマイチついていけない理由として、このようなレベルで曲がドンドン出来てしまい、濫作というイメージがあります、どんどん溢れ出てくるのだけれど、そっから仕上げてまとめるのが面倒、或いは自分で自分の曲をボツに出来ないとか、そういう場合プロデューサーがいればいいんですが、「KISS」ではまさにそのような工程でうまくいった例かもしれません
#THEBEATLES #BEATLES #ザビートルズ #ビートルズ #JohnLennon #PaulMcCartney #GeorgeHarrison #RingoStarr #ジョンレノン #ポールマッカトニー #ジョージハリスン #リンゴスター #YellowSubumarine #イエローサブマリン #ItsAllTooMuch #OnlyaNothernSong #すべて素晴らしすぎる #nothingisreal #GeorgeMartin #45rpm #7inch #1996 #Capitol #bluewax #bluevinyl
.
.
これもジュークボックス用ですが、両面ともジョージの曲ということで、この組み合わせは渋いというか攻めてます、とはいえ黒盤だったら買わなかったかも👉映画『イエローサブマリン』は結局観てないのですが、じゃ今後観るかと言われれば微妙、実は『ヤア!ヤア!ヤア!』も『ヘルプ』もちゃんと観ていない、この2本は観なきゃいけないと思いつつ、ここでお前その程度のファンかよって篩に掛けられそうですが、何故かビートルズ映画に興味が湧かない、『アンソロジー』はDVDまで持ってるんですが、フィクションには興味がなく👉「It’s All Too Much」は #高橋幸宏 ヴァージョンで聴いたのが先であります👉そもそもないジャケ代わりに『イエローサブマリン』の日本版ポスターのカラーコピー、ジョージが目立つ位置だったので、此れ幸いと
#THEBEATLES #BEATLES #ザビートルズ #ビートルズ #JohnLennon #PaulMcCartney #GeorgeHarrison #RingoStarr #ジョンレノン #ポールマッカトニー #ジョージハリスン #リンゴスター #MagicalMysteryTour #マジカルミステリーツアー #YourMotherShouldKnow #IAmTheWalrus #TheFoolOnTheHill #Flying #BlueJayWay #GeorgeMartin #JapanesePressing #33rpm #7inch #1992 #EP #Reissue #EMIrecords #gatefold #JohnLennonForever
.
.
#ジョンレノン命日 👉外国人が好きな帯(OBI)もあるんですが、外して別で保管していたため撮り忘れ👉これ92年という中途半端なタイミングで再発された理由を忘れてしまいましたが、この時既にビートルズのCDは全て揃えて聴いてた上で、『マジカルミステリーツアー』は本来LP1枚ではなくEP2枚組だとわかってた上で、他のタイトルもアナログ再発されてたのだと思いますが、これだけ買ったというわけで👉後追いらしく、いまだにビートルズのアルバムのアナログは持ってません、今更どの盤(国、何年盤、モノかステレオかなど)を買っていいのかわからずで、特に買う理由もなく、今はSpotifyで満足してしまいます(リマスターCDBOXはステレオとモノ両方所有)👉92年はもうアナログレコードというものを買っていなかったわけですが、『マジカルミステリーツアー』には思い入れありました、ビートルズのアルバムでどれが1番好きか?という話になった時、自分としては難しく、アルバム丸ごと曲順の流れ含めて好きなのって意外となく、曲単位で好きだったりするのですが、邪道である編集盤『マジカルミステリーツアー』は好きだというのがありまして、これのアナログ、しかもLPじゃなくてEP2枚組で欲しい、とか思ってたところでの再発だったかと👉映画『マジカルミステリーツアー』に関しては観たか観てないかの記憶もなく、アンソロジーとかで断片的に観てしまってるので、観た気になっているのかも、実際ちゃんと観たところで面白いのか?くらいの先入観があります
#THEBEATLES #BEATLES #ザビートルズ #ビートルズ #JohnLennon #PaulMcCartney #GeorgeHarrison #RingoStarr #ジョンレノン #ポールマッカトニー #ジョージハリスン #リンゴスター #TAXMAN #Birthday #LennonMcCartney #jukeboxesonly #45rpm #7inch #1994 #greenwax #greenvinyl #Capitol #GeorgeMartin #高橋幸宏
.
.
A面『ホワイトアルバム』からの「BIRTHDAY」、B面『リボルバー』からの「TAXMAN」という組み合わせがジュークボックス用ならではか、とはいえ黒盤だったら買わなかったかも、どっちかというと「TAXMAN」の方が好きです👉そもそもジャケがないので『リボルバー』のコピーで代用、小さな紙が入ってて最初何だかわからなかったのですが、ジュークボックスに入ってるタイトルの紙でした、これDiscogs的には94年プレスになってるんですけど、とっくにCD時代になっていた最中、アメリカはレコードによるジュークボックス文化がいつまで続いてたんだと、驚きです