RIOW ARAI  リョウアライ

RIOW ARAI  リョウアライ Follow

#riowarai #electronicmusician #tokyo #vinylcollection #80s FOLLOW☞ #twitter #soundcloud #mixcloud #bandcamp #spotify #itunes #applemusic etc.

https://twitter.com/riowarai

377 Followers  0 Follow

Share Share Share

#坂本龍一 #RyuichiSakamoto #DavidSylvian #ForbiddenColours #MerryChristmasMrLawrence #戦メリ #1983 #45rpm #7inch #TheSeeandTheSower #Soundtrack #DavidBowie #三浦憲治 #井上嗣也 #大島渚 #NagisaOshima #JeremyThomas #禁じられた色彩 #戦場のメリークリスマス #8ビートギャグ #三島由紀夫 #リュウイチサカモト #デヴィッドシルビアン #synthpop #prophet5 #ビクター音楽産業 .
.
【撮り直し/再掲】本編では流れなかったヴォーカルヴァージョン、当時坂本龍一がどこのレコード会社とも専属契約してないこともあって、David Sylvianが契約していた #VirginRecords からのリリース(前年「Bamboo Music」も同様)によって、映画公開と同じく海外でもリリースされ、UKチャート最高16位(PVもあり)、日本盤独自ジャケ👉David Bowieの意向で映画には役者としてのみ参加、音楽には一切関わらないとなっていたデイヴィッド違い、もしDavid Bowieが歌う場合はBowie自身がプロデュースする可能性大なので、主題歌だけ坂本龍一が関わらない、同時期のアルバム『LET’S DANCE』に収録されているような曲がサントラとは別に生まれたかもしれない(そっちの方がよくあるパターンかも)👉このシングルはVirginで、サントラ盤は「いけないルージュマジック」の流れでLONDONからのリリースという同曲レコード会社違い、これは原盤権をヨロシタが持っていたから可能(なのでその後CDはMIDIからリリース)、通常映画音楽は権利的に映画製作者側にコントロールされてしまうものだが、坂本サイドでコントロール出来るよう、うまく回避し、その代わりサントラ制作にかかる費用などは負担し、権利を持ってるものと思われます👉そういう事情もありつつ、B面は本編で流れたインストのメインテーマでよかったのではなかろうか、同じ曲だとA面のカラオケ感が出てしまい(両面同じ曲だと能がない的な)、サントラの中から違う曲を選んだと思われますが、実際映画で流れていたのは歌なしヴァージョンだったわけで、映画を観た人はそっちが聴きたかった(買いたかった)のではないか、当時あのレコード欲しいと思っても、なんだか知らない(映画とは関係ない)外人が歌ってるやつしかないからやめとこう、みたいな判断になったのは想像に難くない、いわゆるあの有名な曲のシングルがなかったということで、映画はヒットしたが、こちらのシングルがベストテン入りすることはなかった(UKチャートよりも低かったのではないか)、サントラアルバムは坂本龍一のそれまでのアルバムで1番売れた(オリコンベスト10入り)、どっちにしろ両曲ともサントラに収録されており、リアルタイムでサントラを買った自分は当然のようにこのシングルを34年ほど買うことはなかった👉UKではインストのテーマ曲「Merry Christmas Mr. Lawrence」もシングル化されていた、それだけに何故日本では出なかった?(ピアノヴァージョンはシングル化されている、シェア済Coda参照)
#DavidSylvian #Sylvian #JAPANtheband #bamboomusic #bamboohouses #synthpop #VirginRecords #1982 #デヴィッドシルビアン #リュウイチサカモト #ビクター音楽産業 #collaboration #newwave #postpunk #半田也寸志 #RyuichiSakamoto #坂本龍一 #8ビートギャグ #SteveJansen #SteveNye #45rpm #7inch #Prophet5 #Japanesepressing .
.
【撮り直し/再掲】先日「Visions of China」時にも書いたが、ジャパン『錻力の太鼓』の次のアルバムを坂本龍一がプロデュースする予定があったものの、バンドはツアーをやって解散という流れになったため、その予定がシングルになったと思われる、レコーディング時期と場所について未確認(プライヴェート来日時の東京か、『愛がなくちゃね。』ロンドンレコーディングの時か)、この時点でジャパンの解散が発表されていたか不明だが、そもそも解散宣言などないまま、なんとなく終わった可能性も大、そんなツアー前の初ソロ作品(コラボであるが)が本国イギリスでどのように受けとめられたか興味あるところ、チャート的には他のジャパンのシングルと大差ない30位、サウンド的にはドラムはスティーヴジャンセンだし、シンセはProphet-5だし、「Taking Island In Africa」同様ジャパンの作品と違和感はない、ないのはミックカーンのベース、ということで、ミックはこのシングルが出た頃にソロアルバムに着手👉坂本龍一の82年の活動としては忌野清志郎とのルージュマジック〜ヘンタイよいこ後のこのコラボ(そしてそのギャップ)、サウンドストリートで聴いて(82年7月)リアルタイム購入したが、 #デイヴィッドシルヴィアン という存在はこれで知ったかも、ジャパンをちゃんと聴くのは82年末の武道館公演をNHK-FMでやったのを録音(エアチェック)してから👉12インチは各々1分くらいイントロorアウトロが長くなっているだけで、特にヴァージョンとして何かが施されているわけではない、7インチは最近 #recordstoreday でジャケが改変されてリリースされた(それよりこの日本盤独自ジャケで復刻した方が海外でも受けたと思う)👉このコラボは翌年の「禁じられた色彩」につづくが、それ以降2人のコラボアルバムが80年代を通して断続的に計画されたものの成就せず、お互いの作品に客演するに留まっている、もはやそれで充分であり、坂本龍一最新作『async』まで続いていることが驚きだ
#飯島真理 #MariIijima #minmay #macross #1985 #45rpm #7inch #シンガーソングライター #清水信之 #国立音楽大学 #lynnminmay #ビクター音楽産業 #松本隆 #セシールの雨傘 #フォトグラフ #ピアノ科 #ミスDJ #超時空要塞マクロス #マクロス #LeParapluieDeCecile #水玉 #白い傘 #太眉 .
.
清水信之プロデュースのサードからの延長で半年後にリリースしたシングル、A面「セシールの雨傘」は前シングル「1グラムの幸福」に続き作詞は松本隆、そもそも松本隆との関係はデビュー作『Rosé』の前のアニメ『スプーンおばさん』の主題歌があるが、それはデビュー曲扱いではないらしく、本人的にはレコードになることも知らぬまま(?)、ビクターとしてもレコーディングして番組でも流してレコードも出すけど、社内処理としては本格的にアルバムレコーディングする前の「テスト」的なことでプレデビュー曲という都合のいい扱い(他の例でも岡本舞子など、ビクターがやりがち)、今ならアニソンを歌うために大変な競争があると思われるが、当時はフレキシブルにチャンスが転がっていたわけである👉「セシールの雨傘」ってなんだか洋画みたいってことで「シェルブールの雨傘」からきてるのだと思うが、ジャケでも昔の洋画主題歌のドーナツ盤にあるようなフォントを使っている、試しに「シェルブールの雨傘」の日本盤をググってみたら、このフォントではなかったけれども、兎に角この曲のスネアの音が好きなのです👉アルバム『KIMONO STEREO』にヴァージョン違いが収録ということでシングルヴァージョン、B面「フォトグラフ」はアルバム未収録曲👉次のシングルは坂本龍一『未来派野郎』収録曲のカヴァー「遥かな微笑み 〜黄土高原〜」なのですが、80年代半ばに多い無理矢理な12インチというのがネックで7インチだったら欲しいんですけども
#飯島真理 #MariIijima #minmay #macross #1983 #シンガーソングライター #坂本龍一 #国立音楽大学 #lynnminmay #ビクター音楽産業 #初回プレス #きっと言える #ひみつの扉 #ピアノ科 #ミスDJ #超時空要塞マクロス #マクロス #佐藤チカ #三浦憲治 #ROSE #rosé #ロゼ #45rpm #7inch
.
.
【撮り直し/再掲】昨日の『Rosé』からのシングルカット、アルバムからどれをカットしてもいいと思うが、昨年から7インチ集め出した時にこれがシングルだったんだーと知った時に一瞬何故?と思ってしまった、自分の希望は「Blueberry Jam/ガラスのこびん」だが、これはもう人によって違うと思うので、この組み合わせを絶対とはいわない、なので、もう1枚シングルカットしちゃっても良かったのではと勝手に👉知らずに入手した盤はセンターホールの初回盤だったが、ピクチャーレーベルとかいうものの、特に飯島真理の写真だったりでもないし、これほど有り難みのない初回盤も珍しい👉このシングルの7ヶ月後「愛・おぼえていますか」(シェア済)のリリースを機に運命が変わってしまう、もしそれがなければブレイクというものに縁がないシンガーソングライターということになってしまった可能性もあるが(逆にそういう存在である方が再評価はされやすい)、ファーストが坂本龍一、セカンドが吉田美奈子、サードが清水信之、というプロデューサーの並びだけで何をか言わんや(その後、山下達郎の予定もあった)、もうアーティストとしてのポテンシャルは充分伝わるはずだったのだが…
#飯島真理 #MariIijima #1983 #シンガーソングライター #坂本龍一 #国立音楽大学 #デビューアルバム #ビクター音楽産業 #rosé #ROSE #ロゼ #佐藤チカ #33rpm #12inch #BlueberryJam #まりン #MyBestFriend #LoveSick #SecretTime #ShineLove #ガラスのこびん #ひまわり #おでこにKiss #林立夫 #山木秀夫 #浜口茂外也 #大村憲司 #後藤次利 #清水靖晃 #三浦憲治 .
.
全編曲・坂本龍一ということで、暴論をいえば、大貫妙子『SUNSHOWER』にも匹敵する(演奏メンバーも重複)、飯島ファンか坂本ファン以外にこのアルバムを評価している人がどの程度いるのか想像しにくいが、たとえ両者に興味がなくても「きっと聴ける」オススメしたい1枚、また音楽専門学校アレンジ科の教材として必須👉どういう経緯で飯島真理のデビューアルバムを坂本龍一がプロデュースすることになったのか未確認ですが、82年秋以降にドナルドフェイゲン『ナイトフライ』きっかけでテクノポップやニューウェイヴの呪縛から解き放たれた坂本龍一がポップスのアルバムをプロデュースするには絶好のタイミングであり、純粋にアレンジャー・坂本龍一の職人技が堪能出来る貴重な1枚👉これの前に郷ひろみ『比呂魅卿の犯罪』も全曲アレンジ(作曲も半数担当)を手掛けているが、郷ひろみとの相性の問題もあって苦労のあとが垣間見えるのに対し、アレンジに専念した飯島真理のアルバムではソングライティングとの相性もよく、坂本龍一の83年はソロアルバムがなかった分(矢野顕子のも)、自分の曲やアルバムでは出来ないことも含め、その時期にやりたかったサウンドを惜しげも無く投入して凝縮された面もあるのではないかと思っています
#アポジーペリジー #アポジー #ペリジー #YENレーベル #YENrecords #NIKKA #ニッカウイスキー #マイルドニッカ #CMソング #戸川純 #細野晴臣 #松本隆 #80年代 #ドレミファソラシド #ロボット #テクノ歌謡 #JunTogawa #月世界旅行 #真空キッス #7inch #45rpm #1984
.
.
【撮り直し/再掲】84年リリース、アルバム『 #超時空コロダスタン旅行記 』より先行シングル、マイルドニッカっていうウイスキーのCMソングだったわけですが、ニッカが作ったアポジー&ペリジーっていうキャラのための企画アルバムで、企業の販促物のようなものかと(ジャケにニッカのマークは入ってないが)、そもそもウイスキーということも忘れてましたが、このロボと宇宙空間とウイスキーっていう、ある種80年代的ミスマッチ、今考えても全くしっくりこないし、若者にウイスキーを飲ませたかったのか(既にこの頃若者のウイスキー離れがあったのか、今はなおさらでしょうが)、効果があったんだかなかったんだか、確かウイスキー買って応募券を送るとアポジーとペリジーが当たる的なことはあったかも👉このシリーズ、ユーミンがCMソングをやってるのもあって、それがコレの後か先かググるのも面倒ですいませんが、ユーミンと¥ENレーベルのギャップっていうのも脈絡がないといえばない、代理店が狙ってる線がイマイチわかりません👉このシングル、ジャケ裏にも盤面にも作詞作曲のクレジットがありません(実は作詞松本隆/作曲細野晴臣、「天国のキッス」の1年後は「真空キッス」でした)、そして歌もアポジー&ペリジーのクレジットしかない、あくまでキャラ設定ですが、聴けばペリジー=戸川純ということが声でわかります、これは間違いない、問題は男性パートのアポジーですが、長年 #三宅裕司 ということになってますが本当でしょうか?(wikiによればCMでの声は #下條アトム が担当) 、「月世界旅行」に関してはサビしか歌ってなく、殆どフィーチャーされてない感じで、どうも声が違う気がするんですよねーと、「真空キッス」こちらは通しで歌っているものの、アポジーだけエフェクト処理されてて、イマイチわかりにくいのですが、「月世界旅行」より三宅裕司っぽいと思いますが違うような気がします、SETも¥ENからアルバム出したばかりで可能性としてはアリなのですが、当時作られた「月世界旅行」のPVも2人が出てるわけじゃなし、三宅裕司の「あれは私でした」的な発言も自分は聞いたことがないので、つい疑ってしまうのですが、どうでしょうか? 自分は三宅裕司ではなく #テストパターン の人じゃないかと思ってます(『超時空コロダスタン旅行記』には名曲「HOPE」で参加)
#越美晴 #ラブステップ #あらびあんらぷそでぃ #RCA #RVC #シンガーソングライター #君こそスターだ #レッツゴーヤング #サンデーズ #矢野誠 #松宮恭子 #回転木馬 #ドーナツ盤 #水谷公生 #高木健司 #市原康 #斉藤ノブ #スキャット #デビュー曲 #コシミハル #1978 #45rpm #7inch #昭和歌謡 #MiharuKoshi
.
.
【撮り直し/再掲】30年くらい前に昔の越美晴だーっつって思わず買ったもの、今思えば、その時点でたかが10年前、しかしテクノ以前の越美晴は封印されていたので(現在もなお)、10年前とはいえ、えらく昔に感じられるのであった、ジャケ違いがもう1枚あり、そちらはサーファールックなので、こちらの方が初回盤と思われる👉当然のことながらテクノ時期が関心のメインではあるのだが(¥ENの時期は7インチが1枚もないのであるのだが)、このRVC時代で欲しいシングルがもう1枚あり、これがありそうでない、あったとしてもやっぱり価値がバレており、ヤフオクで落札出来ずにいる、多分お店で見つけても(見かけたことはまだない)高値なんだろうなと👉RVCでアルバム3枚リリース後にDearHeartレーベルが立ち上がり、大貫妙子/EPO/鈴木さえ子等と共にラインナップされていたが、そのタイミングで¥ENに移籍したため、幻のDearHeartアーティストになってしまった
#薬師丸ひろ子 #角川映画 #森田芳光 #メインテーマ #沖縄 #野村宏伸 #桃井かおり #スローバラード #1984  #45rpm #7inch #夏休み映画 #松本隆 #南佳孝 #大村雅朗 #片岡義男 #万座ビーチ #塩村修 #引田天功 #マジシャン #ダットサントラック #clearvinyl #clearwax #昭和アイドル #スタンダードナンバー
.
.
【撮り直し/再掲/作曲者・南佳孝が歌ったセルフカヴァー「スタンダードナンバー」はシェア済】薬師丸映画を『家族ゲーム』で一躍有名になった森田芳光監督が撮るということで期待されたが、残念ながら(いやホントに)、それに応えられなかった映画、自分も前年『探偵物語』は映画館に観に行ったが、これは行かなかった(面白そうな気がしなかった、簡単にいえば子供には地味過ぎるというか引きがない内容)、自分だけではなく一般の評価もはっきりいって失敗作というものだろう、昔レンタルで観ただけなので、また観るつもりだが、実は傑作でしたっていうことはないと思う、大袈裟に言えば、ここで薬師丸マジックが終わったといっても過言ではない、別の言い方をすれば、松田優作と共演した『探偵物語』まではアイドル(スタア)期、評価の高かった『Wの悲劇』は本格的な女優への第一歩ということで、その間に挟まれた過渡期の映画となってしまった👉と、ここまでは昨年書いたものですが、その間に映画を観直しました、やはり微妙でした、改めて思うに森田芳光と片岡義男の原作の相性が原因かと思いました、角川で薬師丸映画を撮る条件としての片岡義男の原作は小説としてはいいかもしれないが、映画向きではなかったのではないか、或いは森田芳光が自分でオリジナルなり原作を選んでいれば、単純に映画として面白くなったのではないかと、薬師丸ひろ子と森田芳光の組み合わせ、時の勢いがあっただけに勿体無かったです👉「セーラー服と機関銃」「探偵物語」の連続オリコン1位からの3枚目のシングルは2位止まりでした、これは曲の問題ではなくジャケの問題、単純にジャケが野村宏伸との2ショットだから、原作本の表紙(中ジャケ参照)のように薬師丸が単独が写ってる写真であえば1位を獲れたと確信しております、もの凄くクダラナイことですが、このレコードの購買層の殆どが10代童貞男子ということを考えれば、もう致し方ないです、それをうっかり映画の宣伝スチールにしてしまったのが敗因だったかと
#松田聖子 #風立ちぬ #松本隆 #大瀧詠一 #大滝詠一 #太田裕美 #ポッキー #グリコ #若松宗雄 #CBSソニー #1981 #45rpm #7inch #80年代アイドル #多羅尾伴内 #Romance #平井夏美 #川原伸司 #船山基紀 #資生堂 #ミルキィクリーム #洗顔フォーム #聖子ちゃんカット #昭和アイドル #オリコン1位 #JimmyClanton #VenusInBlueJeans #pocky #cmソング .
.
1981年10月7日リリース、松本隆が松田聖子仕事にギアを入れたところで、はっぴいえんどメンバーを引っ張り込む、その第1弾がロンバケで復活した大瀧詠一の「風立ちぬ」、そして同じ月に発売されたアルバム『風立ちぬ』(シングルとアルバムタイトルが同じなのは珍しい)もA面は全作編曲大瀧詠一、B面はシングル「白いパラソル」(ノベルティ盤シェア済)を除いて全編曲鈴木茂という再集結ぶり(細野晴臣はまだステイ)👉大瀧詠一の提供曲は1曲入魂のイメージがあり、松田聖子「風立ちぬ」、森進一「冬のリヴィエラ」、小林旭「熱き心に」などのヒットに続けて次のシングルを手掛けることはない、この人にはこういう曲と狙いを定めて的中させ、二番煎じは無い👉当初松田聖子は自分には向いてないと歌いたがらなかったそうだが、想像するにそれまでのシングルがエアプレイサウンドでアッパーな流れできたところに、作詞が松本隆に変わって、喉の問題もあったとはいえ、やや落ち着いた「白いパラソル」になり、この路線変更に戸惑いがあったのではないか、ここまで調子良くヒットしてたのに「風立ちぬ」はさらにBPMも落ち、もうジェイグレイドンギターも入っていないストリングスアレンジが幅を利かしている音の壁の大(おお)バラードで、曲の良し悪しよりもアレンジ(サウンド)に驚いたのではないか、19歳の娘にはこれはもっとオバサンが歌う曲なのではないかと古臭く感じてしまったとしても不思議ではない、そこを何とかなだめられたのは予め決まっていた本人出演のCM(グリコ・ポッキー)のために取り敢えずショートヴァージョンを歌って、と言えたのが幸い、これをきっかけに自分のモノにしたのが松田聖子の松田聖子たる所以だが、もしCM話がなければ、デビューから1年半経ち、ヒットも飛ばし続け、人気も衰えることなく日夜ブラック働き、これだけの結果を出して、もういい加減何でもハイハイと言うことを聞くと思ったら大間違い、とワガママ言い出しても仕方なく、説得に梃子摺ったかもしれない、CMだけのために歌ってシングルは別のを用意せざるを得ない可能性もあったのではないか、或いはB面「Romance」の方が今までの路線で裏切り感はなく、AB面入れ替えになった可能性もあったのではないか👉そして無事、A面「風立ちぬ」で1位になったが、この松本隆〜文学路線でそれまでのツッパリファンは切り捨てられたと推測(そして翌年の中森明菜に流れたと推測)、その穴を同性の女性ファン獲得によって埋めるべく、次のシングル「赤いスイートピー」(シェア済)ではユーミンを説得(細野晴臣はまだステイ)、見事に松田聖子自身もお気に入りの曲が誕生したわけだが、結果的に「風立ちぬ」がそのステップになったのであろう
#aha #TakeOnMe #LoveIsReason #45rpm #7inch #1985 #JapanesePressing #80sMusic #80sHits #80sPop #アーハ #テイクオンミー #AlanTarney #MortenHarket #JohnRatcliff #JeriMcManus #JustLoomis #HuntingHighAndLow #MagneFuruholmen #PaulWaaktaarSavoy #synthpop #ノルウェー
.
.
最初にトニマン(トニーマンスフィールドの略)がプロデュースしたヴァージョンでは火がつかず、翌年プロデューサーを変えてリレコーディングしたヴァージョンがおよそ10ヶ国でナンバーワン、自分の想像以上にヒットしていた(UKでは意外にも2位止まり、日本では洋楽としてはまぁまぁな25位)👉日本ではPVばかり話題になった印象で、おそらくレコード会社が思うほどのアイドル人気は出ず(ジャケ裏のディレクターによるメンバーなりすまし他力本願参照、「頼むよ、ホントに。」はこっちのセリフ)、1発屋で終わった感が否めない、しかしそれはあくまで日本の話でUKではベストテンヒットが5曲以上ある👉中古レコードを集めているとジャケの汚れや書き込みに敏感になってしまい、これもついそう見えてしまうのだが、こういう紛らわしいデザインなのです
#SaySaySay #PaulMcCartney #MichaelJackson #GeorgeMartin #OdeToAKoalaBear #東芝EMI #Odeon #1983 #45rpm #7inch #JapanesePressing #ポールマッカートニー #マイケルジャクソン #LindaMcCartney #セイセイセイ #コアラへの詩 #JeffCummins #PipesofPiece #デュエット #山本安見 #80sHits #PaulMcCartneyAndMichaelJackson
.
.
70年代だったらラジオから流れてきて曲を知ったとかありますが、80年代はPVを見て知るパターン(そして90年代になると地上波で洋楽PVを流す番組が減り、段々と日本の洋楽市場が衰退していく)、ということで、この頃のマイケルのPV(「Thriller」「Beat It」「Billie Jean」等)と違って、ダンスがメインではない短編映画のような面白さで全米6週1位(全英2位)、PVでマイケルが見初める女性を実姉の #LaToyaJackson が演じている茶番にして身内のゴリ押しブッキング、しかし深読みすれば仮にこの役を身内ではないオーディションで選んだ若手女優が演じたとしたら、たちまちマイケルとのゴシップネタになるかもしれない、そういう面倒を避けるために実姉にしておいたとも考えられる👉1980年春に来日したポールは空港で捕まってしまい(22番)、新たなる80年代の幕開けにしくじりを犯してしまったが、その後スティービーワンダーとのコラボ「Ebony And Ivory」、そしてマイケルとのコラボ「Girl Is Mine」(マイケルの『Thriller』に収録)、「Say Say Say」(ポールのアルバム『Pipes of Piece』に収録)、それらを全てヒットさせて、脚本/音楽/主演の3役を担当した映画『ヤァ!ブロード・ストリート』まで漕ぎ着ける👉「Say Say Say」はホーンアレンジとか #ボコーダー の入り方が非常にクインシーなアレンジですが、こちらはポール主導ということでプロデュースはジョージマーティン、しかし『Thriller』大ヒット中ということで、ジョージマーティンがクインシーを意識し過ぎたことは想像に難くない👉B面ポールのソロ曲「コアラへの詩」はビートルズ「You've Really Got A Hold On Me」を思い出してしまう、そして後にビートルズの出版権をマイケルが勝ち獲り、ポールとの交流が絶たれる
#DepecheMode #デペッシュモード #PeoplearePeople #MUTErecords #1984 #45rpm #7inch #SireRecords #USpressing #DanielMiller #SomeGreatReward #InYourMemory #synthpop #80sMusic #80sHits #MartinGore #DaveGahan #AlanWilder #AndyFletcher #hansatonstudio #GarethJones #PeterAshworth
.
.
デペッシュモードに関してはこの曲しか好きではなく、そんな曲のランキングは得てして低かったりするのだが、これに関しては全英4位でバンドの歴史でも1番のヒットだったことが意外、全米では13位で2番目のヒット、現在も現役なスタジアム級バンドだけにもっと大ヒットを飛ばしてると思ったが、チャート的にはそうでもなかった👉ハンザスタジオ録音だとインダストリアルでハンマービートになってしまうのか(+オケヒットもあり)、『SOME GREAT REWARD』というアルバムに収録されているのですが、その前の『CONSTRUCTION TIME AGAIN』のジャケの方がどう考えても曲に合ってるので、ついそっちに収録にされているといつも勘違いしてしまいます👉ホントはこれの日本盤(例によってメンバーが写ってる写真に差し替える日本独自ジャケ)が欲しいのだが、海外ファンも探してるのか、ちょっと高価