沢朋之の「俺の話を聞け!」

沢朋之の「俺の話を聞け!」 Follow

浜松オートレース開催時の選手ロッカー情報・レース展望を配信します

http://fb.me/orenohanashi

90 Followers  3 Follow

Share Share Share

【4/16 浜松開催4日目 優勝戦展望】

《12R 優勝戦》
①赤堀翼選手 0
優勝戦に乗れたのはエンジンのおかげ。前節シリンダー交換してからずっといい状態で来ている。乗り味に気になる部分もなく、気候に左右される感じもないので、明日へも何もしない。タイヤは前節良かったもので。スタートもタイミングは見えていないがエンジンが持って行ってくれる。


②芝崎茂信選手 10
今回車は初日から乗りやすさがあって良く、状態維持できている。道中は自在性があって、立ち上がりにも余裕がある感じ。後半滑るのでタイヤを一本当ててみて、ダメなら準決勝のもので。スタートは新型クラッチ4節目で、いいのが切れるのはまだ3回に1回ぐらい。練習する。


③片岡賢児選手 10
今回2日目だけタイヤ失敗だったが、エンジンはそこそこ。後半ちょっとタレるのが気になるのでキャブの調整を。タイヤは準決勝のが使えそう。スタートも悪くないが、内の芝崎さんに乗ってうまく立ち回りたい。


④松尾隆広選手 20
前回の浜松は全然ダメだったが、今回は思った以上に動いてくれ、エンジン的にはほぼパーフェクト。滑りだけ気になるので、明日へはタイヤを探す。スタートは自分なりには切れているが、後ろが早いので食われないように。


⑤中村友和選手 30
初日・2日目はエンジン・足回りとも良かったが、今日はリング交換が失敗だったのか、全然ダメになってしまった。ヘッド周りとキャブのセッティングを扱って、朝練習で乗りながら。タイヤは初日からのものか、新しく当てるものかで。スタートは自分としては切れているので、なんとか30線の角度を活かして。


⑥佐藤摩弥選手 30
浜松初優出は嬉しいし、びっくりしている。車は乗りやすいのが一番だが、今日は風があって滑りは気になったので、タイヤは引き続き探すが、初日からのもまだ使えそう。夕練習のスタートがよく切れたので、明日も同じイメージで。ここまできたら完全優勝目指したい。


⑦田中茂選手 30
初日・2日目と、タイヤも良くなく、満足なレースができなかったが、今日に関しては合格。エンジンは先が出てきて、昨日の夕方当てたタイヤも良かった。エンジンはちょっと軽いので、トルク感を求めてもうひと整備を考えたい。タイヤは今日ので。スタートの感じもまあまあいい。


⑧鈴木圭一郎選手 30
3連勝はできたが、車はそんなに手応えない。エンジン全体に粗くて扱いにくい感じなので、下回りを扱ってロッドを交換する。あとはセットをしっかり合わせて。タイヤは大丈夫。スタートも切れているが、30の大外は厳しいので、しっかり追えるエンジンに仕上げたい。


(レース展望)
連日一番時計での3連勝となった鈴木圭が最後は勝ち切るとみるが、同ハン先行からイン強攻の佐藤摩、10M前から車速伸ばす松尾隆など、難敵は多く油断禁物。0・10線の内枠勢も、3.42ペースで逃げれば残り目十分。試走タイム比較次第で2・3着は手広く考えたい。


★試走前予想・フォーカス
◎鈴木圭
○佐藤摩
▲松尾隆
△中村友
穴芝崎


8=6 8=4 8-5
穴 5-8 5=6

8ー46ー12456
【4/15 浜松開催3日目 準決勝戦選手動向・評価】

《5R準決勝戦》
赤堀 エンジン暖かい方が良さそう 昨日ドドドありタイヤ検討
斉藤努 エンジン地元は動く スタートムラ傾向
片岡賢 2日目タイヤ良くなく? 試走タイム次第
深谷 冷えても伸び欠き キャブ調整
田中哲 曇ってパワーダウン 照れば大丈夫? 気候見て調整
中尾 ピストン交換で良化もまだ全体に弱い ヘッド調整+ドドド対策
笠木 冷えて食いつき良くエンジンも納得の域
木村武 電気系交換で開けやすさ出たがまだ足りず ヘッド交換


《10R準決勝戦》
片野 直線伸びるも止まり利きすぎ 電気調整
青山文 ヘッド調整で良化 中間~先軽く再度調整
今田 いぜん滑り多くキャブ・電気調整
戸塚尚 エンジン上がり遅くリング交換+キャブ調整
平塚 替えたタイヤでドドド・滑り エンジン暖かい方が良さそう
別府敬 気候冷えてパワーダウン 初日ベースで調整
中村友 足回り落ち着いた リング交換+ヘッド調整で上積み
田中茂 初日ドドド 2日目滑り タイヤだけ


《11R準決勝戦》
芝崎 キャブで乗りやすさ出たが後半ややタレ 微調整
鈴木章 エンジン照ると進まずバネ調整+タイヤ探し
花田 キャブ扱い止まらず 戻す 走路温度次第でタイヤ選ぶ
塚越 キャブ調整失敗でレース足下降 キャブ・電気で滑り解消を
阿部仁 2日目ドドドもキャブ・電気でエンジン良化 タイヤ探し
藤波 試走出てレース足向上もまだ一杯気味 シリンダー点検&交換も
桝崎 タイヤ替えドドド エンジン鈍さありヘッド調整 Sの出も鈍く
佐藤摩 キャブ調整で中間から先出て良化 タイヤ考える


《12R準決勝戦》
藤本梨 2日目レースでドドド解消 エンジンパワー足りずヘッド調整
亀井 エンジン照ると軽くバネ調整 S伸びるも切れイマイチ
筒井 エンジン乗りやすさあるもパワー不足 キャブ・電気調整
鈴木吾 冷えるとパワー不足 天候見て調整
松尾隆 エンジン進み上昇も滑り キャブ調整+タイヤ
松山 レース足に良化なく山陽で交換のシリンダー戻す
岩見 エンジン手前強めも先~流れ込み弱い タイヤ低く交換
鈴木圭 シリンダー回り交換で粗さ解消もまだ重い 回転上げ微調整

【4/14 浜松開催2日目 選手動向・整備状況】

5R
片野 昨日試走タイム自己ベスト エンジン現状維持
筒井 タイヤ良くなく前半から滑り エンジンもうひとパワー
塚越 キャブセット合い強め タイヤもいい
山浦 ケース→シリンダー回り換えレース足良化 乗りやすさ求めセット
辻  滑り多くエンジン・タイヤ両面から 浜松雨イメージ良くなく
中村友 試走跳ねるもレースは軽減 シリンダー交換で良化


6R
石井大 浜松向けセット合い良化 タイヤ低く検討
下平  エンジン回転上がってきたがまだ先弱い セット
木山  初日ドドド フォーク交換
鈴木吾 展開失敗もエンジン良好 地元雨は乗る
笠木  パーツ交換の成果薄くタイヤのおかげ セットで上積み
桝崎  落車後の腰回りもう少し エンジン手前弱くセット


7R
戸塚茂 エンジン前節のままで良好 止まり甘くバネのセット戻す
芝崎  キャブ調整でまあまあも滑りあり もうひと調整
片岡賢 キャブ合い後半まで伸びるもグリップ開けて滑り バネ調整
遠藤  飯塚での動きなく ヘッド・キャブ調整
平塚  レース足あり久々の安定モード 天候合わせ微調整だけ
中尾  シリンダー交換も回転上がらず ピストン交換 ドドドあり対策
岩田裕 直線からパワー不足 回転上げヘッド調整


8R
西崎  レース足良化も後半ペースダウン キャブ調整
落合巧 リング交換で直線アップ 止まり求め調整
亀井  エンジン軽くて進み弱い 晴れは調整 雨はこのまま
藤川  初日ドドド発生で乗り換え車の動きわからず このままもう一走
藤波  乗り味良好も車速不足 ヘッド調整で試走上げたい
岩見  乗り換え成功評価も手前に滑り ヘッド・キャブ調整


9R 
赤堀  エンジン・タイヤとも前節のままで上々 スタートも伸びる
西川  キャブ合い伸び出たが展開失敗 タイヤ作る
阿部仁 エンジン軽くて直線弱くキャブ検討 雨はこのまま
岩科  エンジン・タイヤとも良好 微調整 
田中茂 エンジン地元に続いて良好もドドド タイヤ探し


10R
田崎  タイヤ良かった エンジンいぜん車速感なく調整
野田  暖化でエンジン上昇 晴れはこのまま
花田  エンジンもうひと伸び欲しい 夕練習ドドド出てタイヤ探し
松尾隆 浜松では久々に動く 雨は滑り対策
木村武 エンジン開けて反応鈍い 電気系パーツ交換


11R
野上  前節下回り扱いエンジン良化もSムラ 
木村直 セット変更でエンジン普通レベルに 位置活かし
青山文 エンジン軽い ヘッド調整で練習良化
田中哲 先伸び出たが手前弱く微調整 
柴田健 クランク・ケース交換で上積みあり あと乗り手
松山  試走からタイヤ滑り エンジン悪くない
佐藤摩 ヘッド交換でエンジン良化 伸び・止まり求め微調整


12R
鈴木辰 キャブ本体交換で乗りやすさ出た S浮かせ失敗
今田  タイヤ替えるも滑り バネ調整で
内山雄 前節のままで悪くなく やや弱いがこのまま ドドドない
別府敬 試走出てレース足も良好 ドドドありフレーム調整
鈴木圭 回転上がってきたがいぜん軽くパワー不足 ケースの馴染み待ち+微調整
【4/13 浜松開催初日 選手動向・整備状況】

1R
佐伯  電気・バネ調整で良化中 延長でセット
落合巧 川口ドドド良化してレース足向上
山浦  近況伸び・止まり悪くケース交換
別府敬 エンジン前節まあまあ 浜松に合わせる

2R
今田  前節滑りひどくタイヤ探し&腰回り調整
松尾隆 浜松合わせづらい シリンダー交換
辻  サマータイヤでドドド不安 フォーク調整
松山  定期リング交換+セットで全体に底上げを Sの出悪くクラッチも

3R
野上  エンジン前節下回り扱い良化 クラッチワイヤー交換
吉松優 エンジン全体に足りずキャブ合わせから 好タイヤ発見
鈴木吾 飯塚の延長で調整 上積みあれば
岩見  山陽プレミアムで乗り換えた新車エンジンに乗り戻り ドドドありフォーク調整

4R
橋本優 前節落車でフレーム交換+下回り+ピストン交換
亀井  エンジンそこそこも新型クラッチのスタート模索中
中尾  エンジン底上げ狙って新品シリンダー交換 ドドド出やすくタイヤ探し
笠木  カム・リング交換+ドドド対策

5R
田中竜 最終日バルブ点検+リング交換で動き良化
鈴木章 前節補充動き良く展開次第 スタート練習
柴田健 前節時計・進みとも悪くクランク&ケース交換
田中茂 地元クランク交換で良化 先伸び求めセット

6R
馬場  前節ドドド続き再度フォーク・フレーム調整
青山文 前車暖かいと動かずエンジン乗り換え
戸塚尚 飯塚エンジン下降+ドドド 浜松は跳ねづらい? 気候合わせ微調整
藤波  エンジン・腰回り良化中 シリンダー交換のタイミングうかがう
桝崎  前節落車でフレーム交換+下回り整備

7R
中村晋 飯塚エンジン仕上がり キャブ微調整
丹村司 前節フレーム修正でドドド解消 エンジン悪くなくそのまま
高林  気候暖化でエンジン重い ヘッド調整
岩科  川口滑りひどく進まず エンジン安定 タイヤ探しのみ

8R
下平  エンジン動き日替わり 乗りながら調整
鈴木辰 レース足不満でキャブ交換・調整から
岩田裕 前節クランク交換で底上げもまだ合わず ヘッド調整+タイヤ探し

9R 
斉藤努 川口動き悪くSも不振 リング交換
木山  フォーク調整でドドド解消済み リング交換でエンジン底上げ
塚越  レース久々で乗りながら調整 地元悪くなく
内山雄 近況浜松合わず キャブ・電気位置調整探る ドドド不安
木村武 久々地元で初日はセットで ダメなら下回りやる

10R
赤堀  前節シリンダー交換+セットで良化 タイヤ最終日の逆面に
遠藤  エンジン良化中 飯塚の動き出れば
鈴木圭 伊勢崎落車のエンジンに乗り戻り ケース換えまだ軽さ ヘッド調整

11R
石井志 前節キャブ・電気調整でやや良化もまだ弱い 延長セット S練習良好
山本将 前節エンジン上昇 ヘッド微調整 好タイヤ出す
花田  優勝戦前にリング交換で上積み 後半タイヤ滑り探す
平塚  山陽クランク交換で良化 微調整 跳ねないタイヤある
中村友 川口ドドドひどくシリンダー交換+タイヤ

12R
堂免  浜松合わせづらくドドドも 調整+練習
交川  初日のエンジン合わせ課題 腰回り良化中
田崎  最終日下回り調整で2着残るも車速一息 延長セット
吉川  前節ドドドやや良化 エンジン足りずリング交換検討
藤本  近3節ドドド続き ヘッド調整+タイヤ
片野  最終日シリンダー交換で練習良化 跳ねないタイヤある
岡谷  前節後半ドドド悪化 フォーク調整+タイヤ クランク&ケース交換
佐藤摩 ヘッド交換も回転上がらず調整続ける 跳ねないタイヤ低め

★4/12 Gamboo杯前検日レポート

昨日ほどではないにせよ、この時期としてはぐっと冷えた空気が漂った本日前検日。

オートレースにとっては絶好のコンディションで、ロッカー入りした参加選手たちも、整備に練習にと動き回っておりました。


さて、先日もお伝えした通り、今回の目玉レースとなる初日12R「ガールズ王座浜松予選」。
まずは8選手全員の前検日コメントをどうぞ。
なお、掲載した写真も、全員本日のロッカーで撮影させていただいた表情です。


①堂免沙弥選手 ハンデ0
一級車に乗り替わっての落車後、乗り手がグリップを開けきれていないのが一番の課題。ドドドも出だしていて、腰周りもあまり合ってなく乗りづらい。調整しながら練習です。

②交川陽子選手 ハンデ10
このところ開催初日にエンジン合わせきれないことが多く、上位に絡めるのは2日目以降。明日は初日だと思わないで、夕練習に乗った感じで12Rに合わせられるよう調整したい。スタート含め、乗り手もまだまだムラなのでたくさん練習する。

③田崎萌選手 ハンデ30
浜松は車が合わせづらくてあまりイメージ良くない。前回の最終日は師匠のアドバイスで下周りの調整を扱って結果は残った(2着)ものの、乗っていて車速がない感じだった。今回も延長で調整する。足回りは大丈夫。

④吉川麻季選手  ハンデ30
今日の練習に乗ってみた感じは、まずレース感覚が空いて乗り手が乗れていないのと、エンジンもセッティングを一通り扱ったがあまり良くない。タイヤは前回最終日のものが跳ねも少なくて使えそう。最近の課題はスタート後の1・2Cで車速が伸びないことで、そこがうまくいけば着も残せる感じ。

⑤藤本梨恵選手 ハンデ50
ここ3節ほどドドドがひどい。まず初日は前節一番跳ねなかったタイヤで行くが、エンジン的にも回転の上りが良くないので、ヘッド周りを扱って。スタート練習で50線から切ったが、タイミングが全然わからない。

⑥片野利沙選手 ハンデ50
前節最終日にシリンダーを新品に交換して、今日の練習では動き良くなっていたし、跳ねないタイヤも確認済み。スタートも普通に切れているし、3人並びの真ん中も特に苦手意識はない。

⑦岡谷美由紀選手 ハンデ50
地元前節では日に日にドドドがひどくなっていったので、今夏はクランクとケースを交換。今日の練習の感じ、エンジンはいいがドドドは変わらずで…。フォーク周りの調整をしながらタイヤ探しを。スタートの切れはいい。なんとか地元の(女子リーグ予選)第一戦で1着獲りたい。

⑧佐藤摩弥選手 ハンデ70
今回は次のオールスターのことも意識してヘッドを交換したが、今日の練習ではまだ回転が上がらず重いので、ヘッド周りのセッティングで合わせていきたい。ドドドは大丈夫そうだが、跳ねないタイヤは全部低めではある。スタートは普通に切れているが、初日は70線からなので厳しい。



コメント内容からは、かなり考えドコロの多くなりそうなレース。
私も明日、試走をじっくり拝見して予想を決断いたしたいと思います。



さて、続いては全国オートファンが気にされているであろう、前節欠場となった鈴木圭一郎選手の動向。

本日の取材でお話しした限りでは、特にいつもの前検日と変わった様子もなく、初日から乗り手に不安はなさそう。むしろ乗り替わったエンジンの動きに注目したいところか。

★鈴木圭一郎選手
「今節は伊勢崎で落車した時のエンジンに乗り換え。下周りを扱ってケースを交換してあるが、今日の練習でのフィーリングはもう一つで、ちょっと軽すぎる感じ。ヘッド周りのセットでトルクを求める方向で。リアの滑りもそれで解消できれば。落車後の腰周りやフロント周りは大丈夫そう」



ほか、エンジン下回りを扱っているのが柴田健治・山浦博幸・桝崎陽介の各選手。
エンジン乗り替えは岩見貴史・青山文敏・藤川幸宏の飯塚勢3車が行なっており、いずれも初日の動向に注意。


昨日の川口最終日で、嬉しいデビュー初Vを飾った地元ルーキー・花田一輝選手も、溢れる笑顔をおさえるのが大変といった表情の前検日ロッカー。今節ハンデは当然のごとく重化し、ついに最重ハンの10M前に。それでも川口での動きキープならば十分勝負になる動きとみるが…

★花田一輝選手
「川口ではスタートがちょっと見づらかったのを除けば特に問題なく、エンジンは前回の地元でピストンを交換して上積みあり、優勝戦前に交換したリングも効いて更に良くなった。タイヤも雨下ろしのもので行ったが、跳ねもなくて良かった。今回もまだ2本跳ねないタイヤがあるが、引き続き探しながら」



以上、明日以降は毎朝アップ予定の整備情報・選手動向をご参考に、今節も全国ファンの皆様のご参加をお待ちしております!

★浜松オート 4/13~16  第4回Gamboo杯 展望

オートレースファンの皆様、こんにちは!
地元開催前節から中9日。早いサイクルでの新年度第2弾開催が13日(土)初日の4日間開催で行われます。


前節は山陽・松尾啓史選手が絶対的な追い足で浜松連続Vをもぎ取り、月末のSGオールスターでも台風の目となりそうな勢いを見せたが、今回は地元G1・平成チャンピオンカップと日程が重なるため、山陽上位勢全体が不在。

地元S級勢も、山陽出場となる佐藤貴也、金子大輔、鈴木宏和、渡辺篤、伊藤信夫の5選手が不在で、遠征含めS級が全8名という開催に。A級勢にも十分優出、そして優勝のチャンスまでありそうな…。

まず何と言っても注目はS1・鈴木圭一郎選手の動向。山陽プレミアムカップ準決勝での落車の影響か、前節地元戦を寸前で欠場。今節は今のところ出場予定であり、13日の開催初日には「No. 1勝負服お披露目会」の場内イベントも再度企画されている。そして今開催を終えると、中10日でSGオールスター。ここは人車共に待ったなしでの復調に挑んでこよう。

ほか地元S級は木村武之選手、中村友和選手の2名が出場。こちらは共に近況リズム一息で、木村選手は山陽プレミアムで準決勝漏れの後、飯塚G2オーバルCCでは準決勝5着で優出ならず。山陽では連日エンジン・足回りとも完調とはいかず、根本的な立て直しが必要か?というムードがうかがえた。
中村選手も3月川口開設記念以降、主に足回りのドドド・滑りに悩まされ、前節飯塚ミッドナイトでは優勝戦試走3.26からの準優勝となったが、今回通常マフラーに戻してどうかといったところ。

前節から連続での出場となるA級勢での中心は岩科鮮太選手。いつもの通りエンジンは安定しており、前節はタイヤもそこそこで滑りも少なかった。そして近況は課題のスタートが、ムラながらも切れる日もあって、常に油断ならない存在。枠なり付近での発進からなら、思った以上に早めの展開で先頭に抜けてくるシーンもあろう。


そして今節の目玉レースといえば、初日12R「スーパースターガールズ王座決定戦・予選ステージ」だ。

今年度のオートレース界を彩る新企画・女子王座決定戦の予選リーグ第一戦。見所はまず女王・佐藤摩弥の動き・追い足ということになろうが、ファンの皆様もご存知の通り、浜松走路を苦手とする摩弥選手。しかも開催初日だけに、いきなり車を合わせてくるとは考えづらいのが正直なところ。それでも昨年8月のオール女子戦のようないなんとか車券圏内には…という結果になるのか?

地元期待の岡谷美由紀選手は前節日に日にドドドが悪化。今回は足回りの立て直し次第だろう。抜け出しての逃げ連対候補としては、近況ハンデ40M前で試走タイムも安定させている飯塚・吉川麻季選手を指名したいが、一級車初の浜松でどこまで動けるか。

初日から見どころの多い今節。天気予報によれば2日目・3日目に降水確率が高めの模様で、勝ち上がりには波乱もありそうだ。

それでは、引き続き次回・12日夜の前検日レポートをお楽しみに!
【4/3 浜松開催3日目 優勝戦展望】


《12R 優勝戦》

①猿谷敦史 0

今回はスタートの切れがいいのと、エンジンも初日から乗り味は良かったが、キャブとヘッド周りのセットを変えて、時計も乗り味も更に良くなった。明日へは点検程度で。タイヤは初日から同じものでいく。


②泉田修佑 10

昨日からキャブを扱って、止まりの感じが良くなり、エンジン的にはこのへんで良さそう。明日へはこの状態を維持する方向で。タイヤは初日のか今日ので。どちらもいい。スタートはほぼ大丈夫だが、明日も練習をしっかりして。


③岩科鮮太 20

試走25は自己ベストだが、その体感はなく、せいぜい28~29ぐらいの感じ。タイヤもエンジンも昨日のままだったが、冷えた分時計が出たのかな? 試走ではほとんど滑らなかったが、レース後半では少し滑った。エンジンは手前から行くし乗りやすい感じ。明日は今日ぐらいのスタートを切っていきたい。タイヤは他も当てるが、たぶんちょっと低いが今日ので。


④佐藤裕二 20

エンジンは初日からキャブを少し扱って、乗り味は良くなったが、信夫君に付いては行けても仕掛けられる感じじゃなかった。明日はエンジン・タイヤともこのままで、スタート切って展開作っていきたい。


⑤伊藤信夫 20

初日後に電気位置とバネを扱って行ったが、独走になってもペースが上がらなかったし、初日の方が良かった。明日は基本初日に戻すつもりで。タイヤはもう終わりなので、当ててレース済みのものと比べて考える。


⑥松尾啓史 20

昨日からはフレームの調整とヘッド周りを扱った。道中ちょっとゴツゴツする感じはあるが、全体には悪くなく、行きたいところに行ける感じ。もう少し扱って、前回浜松優勝戦のレベルまで仕上げたい。タイヤはもう低いので、当ててみて良ければ替える。


⑦金子大輔 20

エンジン・タイヤとも初日のままで乗って考えようと思っていたが、道中絞ると付いてこないし、時計も足りないので、昨年秋頃に使っていたヘッドに交換する。レース足がもっと欲しい。タイヤは今日のを含めて考える。スタートはそれなりに切れている。


⑧佐藤貴也 20

今日へは電気位置などの調整を。試走の感じは良かったが、レースでは昨日と同じく重粗い感じがあった。微調整して夕練習に乗る。試走の動きがレースで出るようにしたい。タイヤを替えてドドドはなくなった。


(レース展望)

松尾の追い足断然で、浜松連続優勝有力とみる
猿谷・泉田の逃げ足も強めで残り目はおさえておきたい。
穴狙い目は岩科。昨日自己ベストの試走3.25叩き出した足でスタート枠なり残せば一気の展開に。


★試走前予想・フォーカス

◎松尾啓
○泉田
▲佐藤貴
△佐藤裕
穴岩科


6=2 6=8 6-4

穴 3=2468


6ー28ー12348


【4/2 浜松開催2日目 準決勝戦選手動向・評価】


《5R準決勝戦》

岡谷 ヘッド交換で良化も行き足求めセット ドドド少々
柴山 エンジン地元のまま 先伸び求めて微調整
西川 川口よりは動く 定期でリング交換
長谷 地元セットに戻し上向きも直線足りずリング+セット
春本 前節浜松からのまま 後半パワー満点も序盤鈍く調整検討
黒岩 エンジン進み良好も止まり甘くキャブ調整
佐藤裕 浜松セットに合わせて普通レベル いじらずスタート集中
伊藤信 ピストン・リング交換で上向き 止まり求めセット


《10R準決勝戦》

猿谷 流れ込み求めキャブ調整 タイヤいい
山田真 キャブ調整で良化 タイヤだけ替え
和田 リング交換で上向きも先弱く滑り 電気調整
小原 回転上がり遅く時計も不足 タイヤ大丈夫
浅田 先伸び求め調整 強風ではアオリあり対策を
中野憲 近況パワー足りずピストン交換
鈴木宏 シリンダー・バルブ交換で良化 セットで上積み狙う
松尾啓 昨日接触ありフレーム点検 エンジン上々


《11R準決勝戦》

佐伯 エンジン進むもフロントアオりフォーク調整
馬場 リング換えエンジンキープ 地元はドドドありフォーク交換
泉田 止まり甘く再度キャブ調整 スタートOK
鈴木静 シリンダー戻してエンジン良化 フォーク換えアオリも解消
広瀬勝 スタート超抜切れ続く エンジン一杯でキャブ以外調整
田中賢 エンジン前節より軽めでパワー不足 キャブ・ヘッド周り調整
佐々木 地元のままで粗さと手前弱い キャブ調整で
佐藤貴 エンジンやや重さあり調整試す ドドドもあり足回り対策


《12R準決勝戦》

別府末 スタート安定 時計もう少し欲しい
花田 体感より時計出ずリング交換 タイヤも更に上探す
平川 先伸び強目も手前弱くヘッド周り+電気
辰巳 エンジン・スタート上々もタイヤなく… 探す
影山 乗り味良好も手前ボケ セットで試走上がれば
岩科 エンジン問題なし 初日のタイヤ食い付き良く
内山高 下回り扱うも先伸び一杯 ドドドもありセット+タイヤ
金子大 電気扱いまあまあレベル エンジン・タイヤともそのまま

【4/1 浜松開催初日 選手動向・整備状況】

1R
吉松 前節シリンダー交換も進み一息 リング交換?
馬場 エンジンボチボチ。上積み狙いリング交換
竹中 エンジン良くなくリング交換
斎藤正 並レベル。シリンダー周りバラして点検。パーツも?
黒岩 S良化中&ドドド軽減 キャブ調整だけ

2R
佐伯 前節電気+ヘッド調整で良化 時計求めセット
岡谷 エンジン足りずヘッド交換。ドドド対策フォーク+タイヤ
石貝 足回り整備でドドド軽減。エンジン日替わりでセット探る
岩科 エンジンまあまあ。滑り少ないタイヤ探し

3R
田崎 浜松良くなくセット探る あとタイヤ次第
野田 前節動かずメタル・ロッド交換
林 ドドド続きタイヤ探し 消音動くもマフラー換えどうか
長谷 前節2度F 地元セットに戻し追い上げ狙う
中野憲 最終日良化しそのまま一走

4R
交川 試走40出てエンジン悪くなく乗り手次第
尾藤 復帰2節目 エンジンそこそこも新型クラッチでSまだ
山脇 ハンデ重化もエンジン安定 気候合わせ+タイヤ
西川 川口エンジン一息 定期でリング交換 クラッチ戻す
田中賢 エンジン伸び上々で微調整

5R
橋本優 3節前クランク交換で良化 流れ込み求めキャブ調整
柴田紘 エンジン良好も腰回り合わず ハンドル中心に調整
泉田 前節準決勝後ピストン交換で急上昇 スタート練習+タイヤ
鈴木宏 エンジン進まずスタートも一息 シリンダー・ピストン・バルブ交換

6R
竹内正 調整頭打ちでピストン・リング交換
小原 前節ヘッド戻し回転上がる 延長セッティング
辰巳 エンジン・スタート安定もタイヤ無く
佐々木啓 地元動き良好でまずはそのまま F明けでS不安

7R
落合巧 課題のドドド・スタートともまだまだ。タイヤ探し+S練習
稲原 エンジン良好も新型クラッチのスタートまだ
鈴木静 エンジン下降で3節前のシリンダーに戻す
佐藤裕 山陽エンジン全く合わずやり直し タイヤも一本しか

8R
山田真 エンジン並レベル 3.43上限
仲口 最終日セット戻し良化 そのままで
内山高 エンジン下降気味で下回り点検+組み直し

9R
青木隆 エンジン安定もさばきに不安 キャブ微調整だけ
和田 前節ミッドナイト動かずリング交換
影山 山陽合わずパッとせず 練習乗って調整
伊藤信 山陽最終日セット失敗 リング交換 ピストンも?

10R
赤堀 ハンデ軽化でエンジン上積みあればチャンス シリンダー交換
高石 レース足やや不足もエンジン安定 S一息でクラッチ扱う
関口 回転上がらず、前回地元優出時のセットに戻し
広瀬勝 エンジン並レベルも浜松苦手 キャブで合わせ
金子大 山陽シリンダー戻し良化もまだまだ 延長でセット探る 
11R
花田 試走出るもレース足一息で調整考える ドドド&S良化中
浅田 エンジンもうひとパワー求め調整 足回りOK
松尾啓 前回当地優勝の状態から電気位置の調整探る

12R
野上 前節リング交換で良化も乗り味一息で調整探る
斎藤隆 冷えればエンジン大丈夫。走路温度上がれば調整要
竹本 セットの幅狭く、練習乗って慎重に合わせる
春本 前回当地リング交換で良化 ドドド課題でタイヤ選び
佐藤貴 山陽2日目後に下回り扱い良化 気候合わせ調整
★3/31 中日新聞東海本社杯・前検日レポート

明日からの3日間開催を前に、前検日の浜松オート上空春の青空。気温はやや低めも、絶好のコンディションといえる前検日となった。
明日以降の予報もおおむね晴れ時々曇り。3日間ともに良走路でのレースが期待できそうだ。

今節の注目選手といえば、今期自身初のS級(いきなりS19位!)となった鈴木宏和選手。
ロッカーでは早めの時間から大整備にとりかかる姿が。 ○鈴木宏和選手
「山陽ではエンジン良くなく、スタートもエンジン的に車の出が悪かった。シリンダー周りとバルブを交換。これでスタートも良くなってくれれば」

初日は5Rの大外⑧枠。40線の角度付きで同ハン内枠はスタート巧者・五所選手とあって、エンジン上積みなければトップスタート厳しいか!? 期変わりとなる今節。本日発表のハンデ比較表を見れば、多くのハンデ重化・軽化選手が見受けられるが、これは前節山陽プレミアムカップ、もしくは伊勢崎オールB級線での10Mオープン戦からのハンデ戻りの選手を含むものであり。純粋なハンデ変動となるのは以下の選手達となる。 (10M重化)
林弘明
泉田修佑
山脇孝志
山本将之 (10M軽化)
鈴木幸治
竹本修
赤堀翼

重化組の中でも表情明るいのが、前節地元Vから、一級車では初の浜松となる川口ルーキー・泉田選手。 ○泉田修佑
「前節は準決勝後に安東(久隆)さんのアドバイスでピストンを交換して、エンジン劇的に良くなった。今節も目指すは現状維持。一級車では初めての浜松なので、スタートのタイミングだけ練習します」

そんな泉田選手のロッカーに、今回も同時出場となる安東選手が現れ「ようなったみたいやね」と笑顔。「ありがとうございました!」と返す泉田選手から今節も目が離せない!? お話は聞けなかったが、竹本選手の20M前というのはどう見てもハンデチャンス!? 初日の試走気配で並以上の動きがあれば迷わず買いだ。

エンジン下周りの大整備を敢行は内山高秀選手。
「山陽プレミアムではエンジン日に日に下降。乗り心地は悪くないがパワー的に…」
上積みあれば初日から格上の動きを見せてこよう。

ほか、見かけた限りでパーツ整備を手がけていたのは以下の選手たち。

斎藤正悟:シリンダー周り
馬場雄二:リング交換
岡谷美由紀:ヘッド交換
野田光宏:メタル・ロッド交換
竹内正浩:ピストン・リング交換
鈴木静二:シリンダー交換
赤堀翼:シリンダー交換

各選手、パーツ交換後の動きに注目したい。

明日の初日は全レースが「予選」。
3日間開催の初日予選といえば勝ち上がりは厳しく、1レースあたり2.6人の狭き門。
昨日の開催展望記事では「まずは初日は外枠勢中心で」と予測したが、本日取材の印象では、多くの外枠勢に不安材料アリの印象。各レースとも試走気配次第では外枠の2・3着を厚めに、もアリか?

明朝には以前のホワイトボード掲示調にて、各選手のコメント・整備状況をアップいたしますのでお楽しみに!
★浜松オート 4/1~3  第37回中日新聞東海本社杯 展望

オートレース界2019年度の幕開け開催となる今節。
3日間の短期決戦とはいえ、月末に当地浜松で行われるSGオールスターはじめ、春のビッグレース戦線に向けても車をしっかり整えていきたい上位勢の動向に要注目。そして期替わり・ランクの変動により、ハンデ位置が大きく変わる選手も…と、見所はたくさん。ぜひ3日間お楽しみに。

そして、3日制普通開催といえば、前節同様の「準決勝戦8バトル」か、と思われがちですが、今年度も上半期は通常の準決勝戦4個レースで行われるのでお間違えなきよう。

さて、今節当然のごとくV候補筆頭と目されていたS1・鈴木圭一郎選手が、本日(3/30)になって急遽の欠場(公傷)発表。先日の山陽プレミアムカップ準決勝でのスタート後落車~競走不成立も記憶に新しいところだが、直後にロッカーへ戻った圭一郎選手によれば「身体は大丈夫です」とのことだったが…。 次節地元開催(4/13~)で元気な姿を見せてくれることを願いたい。

代わって今節の地元筆頭となるのがS7・佐藤貴也選手にS8・金子大輔選手の29期コンビ。こちらは共に山陽プレミアムでは優出こそならなかったものの、開催後半にはパーツ整備によりエンジン上昇。地元に戻っての今節は初日から動き楽しみな状況とみる。

スタート日本一の称号も定着し、今期はついに自身初のS級となる鈴木宏和選手にも大注目。ハンデ位置は厳しくなろうが外枠からでもトップスタートは十分。近況は課題のドドドも沈静傾向であり、あとはエンジン上積みして道中の時計を上げたいところだ。

遠征勢では前回当地開催(3/11~)を見事完全Vで飾った山陽・松尾啓史選手が、地元勢にとっては最大の脅威となろう。その後の地元山陽で取材をさせていただいた際には「(優勝戦は)たまたまエンジンが最終レースの状況に合っただけ」と謙虚なコメントだったが、そのプレミアムカップでも優勝戦4着。車自体が高位安定しているのは間違いなく、超抜の試走タイムを出してきた際にはアタマ厚めの車券で勝負したい。

前述のとおり、新期ランク最初の開催だけに、各選手のハンデ位置の変動には要注意。
「ハンデが軽くなって(ランクが下がって)」「近況エンジンorスタート好調」の選手は、試走タイムは度外視してでも狙ってみるのがいいだろう。
そんな条件に当てはまる選手、地元では…

鈴木静二選手(A30→A84)
長谷晴久選手(A43→A129)

の2選手を筆頭に、和田健吾選手(A120→A161)、柴田紘志選手(A162→A230)らも、エンジン上積み次第では好位置から抜け出すシーンもありそうだ。

そうした狙い目もある反面、通常の3日間開催では、初日予選(1~12全レース)が「1着と1着を除く1位、2位上位8名が準決勝へ」と、非常に厳しい勝ち上がりであり、まず初日は素直に外枠勢を中心とした車券で勝負することを推奨したい。

では、続いて明日(3/31)夜にアップ予定の前検日レポートをお楽しみに!
全国そして浜松オートレースファンの皆様、改めましてこんにちは!
浜松オートロッカー取材・レース解説・予想でおなじみの公営競技ライター・沢朋之と申します。

このたび2019年度より、これまで普通開催・G2開催において連日の場内イベントとして行ってまいりました『俺の話を聞け~注目選手・整備情報』を、SNS(facebook・Instagram)での配信へ移行する運びとなりました。これにより本場ファンの方々はもとより、場外・ネット購入で浜松オートをお楽しみの皆様にも、私の取材成果としての最新ロッカー情報・選手評価をご提供できるかと存じます。

このページをご覧になっている今、早速「いいね!」を押していただき、今後の浜松オート開催時にはぜひ「俺の話」をご活用ください。

毎開催ごとに、以下の流れでの記事配信を予定しております。 【俺の話を聞け!記事配信予定】
★開催2・3日前:開催展望
★前検日夜:前検日レポート(前検取材で目についた今節狙い目選手など)
★初日~準決勝日朝:前日から当日朝にかけての選手コメント&評価・整備情報(当日朝に1回目アップ→3R発走前に更新アップ)
★準決勝日夜:優勝戦展望・予想

そして私の方は、この新年度よりCS放送でのレース解説・予想担当として、年間通して毎日5R以降最終レースまでスタジオよりお目にかかることとなりました(SG・G1開催では従来通り9R以降)。こちらともあわせて、今後ともよろしくお願い申し上げます。

それでは、4/1に初日を迎える「中日新聞東海本社杯」の展望記事配信までしばしお待ちを…