しもの六太

しもの六太 Follow

1964年5月1日北九州市八幡西区生まれ54歳、太宰府小卒、学業院中卒、筑紫高校卒、島根大卒、福岡教育大学大学院修了(H30.3)、昭和63年から平成30年6月まで中学校保健体育教師として勤務。次期参院選福岡選挙区公明党公認候補。妻、一男二女5人家族、太宰府市坂本在住。

http://shimono-rokuta.jp/

1,627 Followers  15 Follow

Share Share Share

「ナデシコ!」
支援者の方のお宅にご挨拶に伺わせていただきましたところ、玄関脇にナデシコが咲き誇っていました!久しぶりにナデシコを見て、いいなぁと思い、撮影させていただきました。
ナデシコと言えば、女子サッカー日本代表の愛称が“ナデシコ ジャパン”でした。大和撫子(やまとなでしこ)とは、日本人女性の美しさを撫子(ナデシコ)の花に例えて、奥ゆかしさや内に秘めた強さを兼ね備えた女性を意味する日本で昔から使われている言葉だと思います。
いつ頃から使われてきたか?諸説ありますが、あの有名な「万葉集」でも日本女性を大和撫子に例えていたそうです。10世紀頃には、そのような意味で使われていたということになります。一般的なイメージとしては、外見の美しさとともに、内面の美しさが大切に考えられていたのではないでしょうか。
上品でおしとやかですが、芯があり凛としている女性であり、男性を立てることのできる控えめな女性を意味しているようです。大和撫子は、いざという時に男性や家族を守ることができる女性かもしれませんね。
#ナデシコ#ヤマトナデシコ#しもの六太
「自然の芸術!」
雨がもたらしてくれる自然の芸術!今や、雨の日の楽しみになっています。宝石のように輝く水滴は本当に素晴らしいと思います。
#雨の楽しみ#水滴#バラの葉#しもの六太
「少し眠そうなアマガエル!」
ご挨拶させていただいたお宅の玄関脇の木にアマガエルがいました!少し眠そうな眼に見えるのは私だけでしょうか?
#アマガエル#太宰府市#御笠#しもの六太
「かわいい青!タツナミソウ!」
今日は太宰府市の御笠の地域にご挨拶に回らせていただいておりましたら、庭のあちこちに、タツナミソウがかわいく咲き誇っていました。
タツナミソウは、日本、中国、朝鮮半島などに分布するシソ科の多年草です。
タツナミソウ属の植物は、日本には16種が自生しています。
タツナミソウは北海道を除く全国に自生していますが、種の同定が困難な植物としても知られています。
タツナミソウの花期は4月~5月。
花期になると、伸びた茎の上部に花序を出し、長さ2㎝程度の小さな花を穂状に咲かせます。
花弁の内側には繊細な模様があり、この花姿が泡立って押し寄せてくる波の様子に似ていることから、立浪草(タツナミソウ)の名前がついたと言われています。
花色は紫、白、ピンクですが、交配によって変わった色のタツナミソウも誕生することがあるかも!そういう可能性がある野草です!変わった色のタツナミソウを見てみたいですね。
#タツナミソウ#変わり種#太宰府市#御笠#しもの六太
「珍しいタンポポ  それがシロバナタンポポ!」
先日、ご挨拶で移動中に、道路脇でこのシロバナタンポポを見つけました!タンポポと言えば、黄色のイメージが強いと思いますが、あの黄色のタンポポは西洋からやってきた帰化種です。このシロバナタンポポこそが日本の在来品種です。このシロバナタンポポを見つけたら、その日はいいことがあるかもしれません!笑笑
#シロバナタンポポ#西洋タンポポ#しもの六太
「白花があでやか!コデマリ!」
高校の時の恩師のご自宅がある上毛町に伺わせていただきましたが、そのおコデマリが咲き誇っていました!
コデマリは、枝や葉が見えなくなるほど白い多数の花を咲かせ、しだれる姿がとてもあでやかです。庭木や切り花として利用されることが多いものです。春を代表する花木です。同じ仲間のユキヤナギよりも遅く咲きます。4月から5月に開花します。 
#コデマリ#上毛町#あでやかな#白い花が#咲き誇って#しもの六太
「兄弟が仲良く並んでる!ヤマボウシとハナミズキ!」
昨日、支援をしてくださっている方のお宅にご挨拶に伺わせていただきましたが、そこで写真のようにヤマボウシとハナミズキが隣同士に仲良く並んでいるのを見て思わず、“兄弟が並んでる!”と思いました!
ヤマボウシとハナミズキは同じミズキ科です。日本在来はヤマボウシ、ハナミズキはアメリカからやってきました!別名はアメリカヤマボウシとも言います。写真を見てみると姿、形が似ていると思いませんか?
よく見ると花弁の形が違うのが分かると思います。写真からはわかりにくいですね。すみません。どちらも花びらの数は4枚です。先がとがっているのがヤマボウシ、先が丸みを帯びているのがハナミズキです。この違いさえわかれば大丈夫です。
だいたいこの時期に咲いているのはハナミズキです。ヤマボウシはもう少し後で咲くはずですが、一緒に咲きたかったのでしょうか?
#ヤマボウシ#ハナミズキ#ミズキ科#うきは市#仲良く並んでる#しもの六太
「紅白のツツジ!」
昨日、ご挨拶に回らせていただく中で、紅白の満開のツツジにお目にかかりました!満開のツツジも本当に素晴らしいですね。心が癒されます!
#紅白の#ツツジ満開#那珂川市#しもの六太
「ツツジとクマンバチ!」
午後から那珂川市内でご挨拶に回らせていただきましたが、その中で満開のツツジが咲き誇っているのに出会うことができました。その満開のツツジをよく見ていると、ハチの羽音が聞こえてきました。写真のクマンバチが蜜を吸いに来ていたのでした!撮影中も必死になって蜜を吸い続けているクマンバチはかわいく見えました!
#満開のツツジ#クマンバチ#しもの六太
「都会の中のオアシス!青葉の輝き!」
今日は朝から福岡市内を中心にご挨拶に回らせていただいています。都会を回ると、なかなか植物には遭遇できませんが、中央区を車で移動していましたら、輝いている若葉を見つけました。多くの方々はどこがいいのか?わからない?と言われるかもしれませんが、私はこの写真のように輝く若葉がとても好きです。
#若葉の#輝き#きらめく#しもの六太
「若松区の葉桜!」
北九州市をご挨拶で回らせていただく中で、今日は自然や植物を撮影するのは難しいかと思っていましたが、トイレ休憩で立ち寄ったコンビニの脇にソメイヨシノの立派な木がありましたので、撮影させていただきました。緑の葉桜が眩しく感じます!
#葉桜#若松区#しもの六太
「若戸大橋から洞海湾を望む!」
今日は朝から一日中、北九州市でお世話になっています。小倉から若松に移動する際、若戸大橋の上から洞海湾を撮影させていただきました。空の青、海の青等様々な青が綺麗ですね。
#若戸大橋#洞海湾#様々な青#しもの六太