Tacaco Matsuoka

Tacaco Matsuoka Follow

http://www.tacacom.net/

191 Followers  0 Follow

Share Share Share

『がんになる前に知っておくこと』

http://ganninarumaeni.com/

年齢を問わず、
誰にでもなる可能性がある
がんという病気。
この作品のプロデューサー上原拓治さんは、
4年前に義妹をがんで亡くしました。
彼女の死をきっかっけに
「がんと向き合う」との思いから、
この作品が生まれた。
ひとりひとりが違うように
がんもそれぞれ違う。
それに向き合う姿勢も
自分自身が受け入れる気持ちも
その家族の思いも全く違う。
いざというとき、後悔しないために
知っておくべき事がたくさんあるんだな。
映画『かぞくわり』
https://www.kazokuwari.com/
またまた奈良の魅力が存分に味わえる
ストーリーの映画に出会えました。
毎度お馴染み、な人にはお馴染み、
あにたちの子であり、
わたしの天使その3、るかは中学3年生。
我が地域に残る数少ないセーラー服が制服の
中学校へ40分くらい歩いて通っている。
たまにこっそりバスにも乗っちゃうけどね。
幼い頃から続けてきたチアリーディングも
あと1年で引退するんだって。
すごくさみしいけど
本人は固い決意なのです。
きっと、新しい何かがはじまるんだね。

家族の中で一番やさしくて
どの人の立場もよく理解できているから
その分色々とたいへんだけど
いつも冷静で、そしていつも笑っています。
彼女がわたしの身長を超える日も
そんなに遠くない気がするよ。
毎度お馴染み、な人にはお馴染み、
あにたちの子であり、
わたしの天使その1、けんたんは
いよいよ大学生です。きゃー、である。
もうすっかり見た目は大人のようですが
とっても生意気で、まだまだこどもです。

もう自分で何でも出来ると思っているけれど
実際はそうではないこともなんとなく感じている。
両親に感謝の気持ちはたくさんあるけれど
素直に言えないお年頃。
それに、自分らしくありがとうを
伝える言葉にはまだ出会っていない。

あの頃わからなかった
大人が言っていた言葉の意味も
少しは理解出来るようになって
いざとなったら色々と頼りになる、
いいお兄ちゃんになってきたよ。
毎度お馴染み、な人にはお馴染み、
あにたちの子であり、
わたしの天使その2、りこは高校2年生になる。
小学校中学校と続けてきたバレーを
高校でも続行中!かわらず
毎日遅くまでアターック!
身長はぐんぐん伸びて
わたしをこえてしまいました。
実はまだ一度も彼女の
バレーをする姿を見たことがない。
兄曰く、「かなりいけてる」そうである。

そして、りこと言えば肉である。
肉肉。肉である。
ほとんど野菜は食べません。
自分もなすのおいしさを知ったのは
かなり年齢を重ねてからだったしね。
わかるよ。わかるよ。
いつか彼女が野菜のおいしさに目覚める時が
ほんとうに楽しみだな。

目覚めない可能性もありますが・・・・
#第14回大阪アジアン映画祭
http://www.oaff.jp/2019/ja/index.html
今年もやって参りました!
第14回大阪アジアン映画祭 本日開幕でございます。

今年もモリモリバラエティにとんだ作品目白押しです。
今回も日本初上映作品はもちろん、
いつものことながら風味豊かです。

上映作品一覧はこちらからもご覧いただけます。
http://www.oaff.jp/2019/ja/program/index.html
3月17日(日)までですよ。

上映会場アクセス
http://www.oaff.jp/2019/ja/access/index.html
https://www.grandfront-osaka.jp/umegle/
#ちんあなご ではありません!
#イワシの稚魚『 #どろめ 』さんです!
#高知県 #柏島 の #黒潮実感センター 
http://www.orquesta.org/kuroshio/

昨年の夏に高知県の柏島に
初めて行ってきました。
こんなに長く生きてきて
色んな色を見てきたのに
まだ見たことのない色が
存在するんだなって
表現しがたい美しすぎる青い色の海が
今も忘れられません。
あの青はほんとうに大好きな青。
それはそれはのどかで自然豊かで
旅をして帰りたくなくなる系の
すばらしいところでした。

あああ、#ところてん が食べたい。
日出づる里のゆずたちは
わたしたちの手元に届けられるために
色んな人たちの手によって
丁寧に丁寧に手を加えられ
おいしい商品となってやって来るのです。
やまなし食べる通信
https://www.taberuyamanashi.com/
『誰がための日々』
http://tagatameno-hibi.com/sp/index.html
非常に重々しい、見応えのある作品。
香港で実際にあった事件にインスパイアされた当時20代の新人監督が撮った作品。
『道草』
https://michikusa-movie.com
自分基準の普通なんて
本当の普通なんだろうか。
いろんな人がいて、
いろんな個性があってこそ、
それを認めて、受け入れてこそ
この世界は楽しくておもしろい。