ZEN展

ZEN展 Follow

次回の展示→ ■第3回公募ZEN展埼玉県立近代美術館 
2019年9月24日(火)-9月29日(日)
「ZEN展」絵画・書・工芸・イラスト・写真・パフォーマンス等を中心に作家の制作した作品を展示する芸術団体です。
毎年自由参加、一般公募で運営
展示には審査をせずお客様の投票のみで入賞を決定

http://zenten.info/

256 Followers  507 Follow

Share Share Share

こんにちは。ZEN展のさとみかです。今回もZEN展で以前に展示いただいた作家さんから作品とその想いをお伝えします。
・  絵画部門(切り絵)でTeruyuki Honda先生で
・
「ベンガルワシミミズク」と「ヘビクイワシ」です!此方の作品は第17回公募ZEN展において絵画・切り絵部門で優秀賞を受賞されました。
・
 ZEN「こちらの作品、絵のようですが切り絵なんですよね?作品についてお話しを聞かせてくださいますか?」
・  Teruyuki Honda先生「もともと動物が好きで、昆虫とかの作品を多く作ってます。今回はたまたま鳥になりました。鉛筆で描いたのをそのタッチのまま切り絵にするというのを2年くらい続けています。ペン画で描いたことを表現したい為、[止め][跳ね]などしっかり残すようにしています。線のカーブとか筆圧を意識して、自分で下がきも描いてるので自分の癖に合わせてペンの入れ始めとかは把握しているからそこから始めてカーブの線はしっかり残して線の終わりは自然に薄くなるように。。などに気をつけて作ってます。描いたのをコピー用紙に2枚重ね四方を留めて抜いていくって作業を繰り返していく感じになります。その中でここは残そうとかここは残さない方がいいかな?など調整しながら作ってます。鉛筆画で描いただけのと違って切り絵にすると濃淡の表現が難しく、鉛筆より多少はっきりした形になります。・ ・今回の「ベンガルワシミミズク」に関しては羽根の感じとか勢いを残して細い線だが力強さを感じさせる作品にする事を意識して作りました。あまり普段この大きさのは作らないんですよね。何故なら制作時間がかかると描き始めと終わりで印象が変わり出来栄えに誤差が生じてしまうので普段はなるべく一日で完成させる事が多いです。今回はだいたい一週間くらい時間かかりました。・ ・「ヘビクイワシ」は以前から展示を観ていて描いている作家さんも多く自分も作りたいと思っていて今回の展示をきっかけにチャレンジしました!こちらは抜きが多くミミズクと違った難しさがありました。繋げれば繋げるほど簡単にはなるのですがペン画の雰囲気を残したいのでなるべく端が繋がらないように頑張って抜くようにしました。ただ抜き過ぎると勢いが無くなるのでバランスを考えるのが難しかったです。鉛筆も太さを変えて調整して線のコントロールをしています。・ ・モデルの動物は動物園に行って写真を撮ってきたり図鑑などを参考にしたりしています。その際、どこに住んでいるか何を食べるかなど生態系も調べて作品をSNSに載せる際に一緒に載せるようにしているんですよ」  Honda先生ありがとうございました!ペンそのままのタッチがすごく繊細で何名か「え?これ絵じゃないの?」と驚かれていました!  記事:さとみか
・
・
 次回開催概要
■第3回 ZEN展 埼玉県立近代美術館 公募展
■開催日時 2019年9月24日(火)〜9月29日(日)
■開催時間 10時〜17時30分まで 入館は17時まで(最終日のみ入館16時まで)
テープカット :未定
■会場 埼玉県立近代美術館
■会場アクセス 〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1 
JR京浜東北線北浦和駅西口より徒歩3分(北浦和公園内) ■観覧料 無料 ☆書・日本画・水墨画・油彩・水彩画・パステル・アクリル・立体・写真・ビーズなどが並びます。 
ーーーーーーーーー
☆ZEN展は投票制で入賞者が決まります
ご来場者様、皆様が審査員、投票お待ちしております!

#ZEN展#artists#art#drawing#painting#love#サポーター#smile#美術館#展覧会#illustration#素敵#埼玉#東京都美術館#作家#話#inkdrawing #絵画#イラスト#書道#パフォーマンス #書道 #立体#平面#派閥なし#自由#禅 #切り絵 #鳥 #ペン画
こんにちは!ZEN展のさとみかです。 今回も第17回上野東京都美術館公募ZEN展で展示された作品からご紹介します。
・
 今回は、立体・工芸部門から
・
 中村ヒカル先生で
・ 「カイブツ」と「Beginning」の2点です。
・
 ZEN「今回中村先生の作品大変面白い形をしていて気になってました。この作品についてお話しを伺えますか?」
・
 ヒカル先生「これは焼き物でして、輪っか状にした土を下から重ねていく[手びねり]という技法で作っています。カタチを作ってから細かく重ねて針とかナイフとかで線を入れています。 私は空想をテーマにしていて、空想って普段自分が感じる哀しみとかちょっとネガティブな感情が元になっていてそういったのを少しでも楽にするために空想に置き換えてるというか…妖怪とかドラゴンとかの空想上のイキモノの事をよく考えるんです。そして今回の作品はネガティブな感情もカラフルなカイブツになったら可愛いなって思って「カイブツ」という作品はできました。もう一つの黒い「Beginning」の方はまだカイブツになりきれてない途中のドロドロした感情がまだ残っている作品です。いずれカイブツになれるかは⁇ですが…。」
・
 ヒカル先生の作品、とても不思議で個人的にも搬入時から気になっていた作品の一つでした。伺ったお話しを編集しながら改めて思ったのは、空想することって人間特有のもの、人と動物の大きな違いの一つといわれてもいますよね。ネガティブな感情って抱きたくは無いけど生きているとどうしても湧きだしてしまう。。でもそこから空想する事でこの作品を生み出したヒカル先生は改めて凄い作家さんだと思いました!次回作も楽しみです。ヒカル先生ありがとうございました!
・
・
・  次回開催概要
■第3回 ZEN展 埼玉県立近代美術館 公募展
■開催日時 2019年9月24日(火)〜9月29日(日)
■開催時間 10時〜17時30分まで 入館は17時まで(最終日のみ入館16時まで)
テープカット :未定
■会場 埼玉県立近代美術館
■会場アクセス 〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1 
JR京浜東北線北浦和駅西口より徒歩3分(北浦和公園内) ■観覧料 無料 ☆書・日本画・水墨画・油彩・水彩画・パステル・アクリル・立体・写真・ビーズなどが並びます。 
ーーーーーーーーー
☆ZEN展は投票制で入賞者が決まります
ご来場者様、皆様が審査員、投票お待ちしております!

#ZEN展#artists#art#drawing#painting#love#smile#美術館#展覧会#illustration#素敵#埼玉#東京都美術館#作家#話#inkdrawing #絵画#イラスト#彫刻#書道#パフォーマンス #書道 #立体#平面#派閥なし#自由#禅 #焼物 #手びねり
こんにちは!ご無沙汰しました。ZEN展インスタ担当のさとみかです。
・
 お陰様で、第17回公募ZEN展上野東京都美術館展は六日間で3,000名以上のお客様がご来場くださり無事に終了いたしました!応援してくださった皆様、作家先生方、ありがとうございました!
・
 遅ればせながら、在廊されていた先生方から数名お話しを伺っていましたので順番に載せていこうと思います。
・
・
・
今回は、第17回公募ZEN展上野東京都美術館において大賞を受賞されました、立体部門、切り絵作家の【ともだ あやの】先生で『カラス』です。
・
・
 ZEN「今回はカラス。。という作品ですが、何故カラスで造ろうと思ったのかなどお聞きしたいのですが?」
・
 ともだ先生「実は前に居た職場で酷いパワハラや虐めにあっていたんですよね。私がこういった作家活動をしている事に対してだったり。。年齢だったり。。なんかいろんな事を理由付けて職場の人が意味もなく嫌うみたいな異様な状況で、私の実像と解離した悪口まで出てきたりして。。私がその会社のジョーカー的な存在になってしまっていたんですよね。  カラスもどちらかといえば象徴的な悪いイメージがあるじゃないですか?群れでいると怖いとかあると思うんですけど、でも個体のカラスって賢くて、私と同じでイメージと解離したジョーカー的な存在だと思ったんです。カラスの中に紅い梅の花を入れたんですが、梅の花は(不屈の精神)という花言葉があるんです。他の烏とは違う不屈の精神を抱いたカラス、自己投影の作品です。」
・
・
 この素晴らしいカラスにそのような意味や想いがあったとは…衝撃でした!中に紅い梅の花を入れたのも全て意味があっての事なんですね。 お話しを伺って黒い中で咲く紅い梅の花をともだ先生ご自身も魂を込めたと仰ってましたが正に芯の強さ、不屈の精神を感じました。そして、お話しを伺いながらともだ先生の優しい瞳の奥には強い光りも感じました。正にこの「カラス」はともだ先生だからこそ生み出せた作品だと思いました。 ともだ先生ありがとうございました!
・
記者:さとみか
・
・
次回開催概要
■第3回 ZEN展 埼玉県立近代美術館 公募展
■開催日時 2019年9月24日(火)〜9月29日(日)
■開催時間 10時〜17時30分まで 入館は17時まで(最終日のみ入館16時まで)
テープカット :未定
■会場 埼玉県立近代美術館
■会場アクセス 〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1 
JR京浜東北線北浦和駅西口より徒歩3分(北浦和公園内) ■観覧料 無料 ☆書・日本画・水墨画・油彩・水彩画・パステル・アクリル・立体・写真・ビーズなどが並びます。 
ーーーーーーーーー
☆ZEN展は投票制で入賞者が決まります
ご来場者様、皆様が審査員、投票お待ちしております!

#ZEN展#artists#art#drawing#painting#love#サポーター#smile#美術館#展覧会#illustration#素敵#埼玉県立近代美術館 #東京都美術館#作家#話#inkdrawing #絵画#イラスト#彫刻#書道#パフォーマンス #書道 #立体#平面#派閥なし#自由#禅 #立体切り絵 #カラス
こんにちは。ZEN展インスタ担当のさとみかです。 今回も現在出展されている作家さんの中から作品をインタビュー交えてご紹介します。※画像は数枚ありますので横にスワイプしてご覧ください※
・
 絵画部門(切り絵) かりん先生
・
タイトル「混ざれない」・「心許ない個性、肥大した自意識」
・
 ZEN「今回お出しになった作品の制作過程などを教えていただけますか?」
・
 かりん先生「先ず向かって右側の『混ざれない』の方は私が高校生だった時に感じた事で、クラスの中でも女子間でいろんなグループが出来始めて。。自分はそのどのグループにも入れなかった…そんな体験があって、なので青い蝶々が女子グループで、一匹だけいるピンク色の蝶々が私を表してるんです。青い蝶々が口から溢れ出してるのは女性って結構話す事で仲間を作るのが多いと感じるのでこうなりました。 もう一つの『心許ない個性、肥大した自意識』は大学の時なんですけど、専攻した学部でそれまではその分野に自分は周りよりできてるって思っていたのにもっと凄い人たちが沢山いて。。心打ち砕かれたというか…青いところにいる白い蝶は目立つけど白いところに白い蝶だと全然わからないですよね?自分自身をそういった蝶々に置き換えて表現をしました。」
・
 かりん先生ありがとうございました。 ある意味作品制作は私にとって写経のようなものかもしれません。と仰ってましたかりん先生、女子グループの…とか痛いほどわかるなぁ。。なんて個人的に頷く事がありすぎでした。。 ただ綺麗な蝶々。。というだけでは無いその奥にある情感をも観ていただけたらと思います。
・
 今回の東京都美術館での展示は8日の月曜日までです。ご紹介したい作家さん沢山いらっしゃいますがなかなか作業が追いつかず…申し訳ありません。是非多くの方のご来場を心よりお待ちしてます。
・
 記事:さとみか
・
・
 開催概要
■第17回 ZEN展 東京都美術館
■開催日時 2019年7月3日(水)〜 7月8日(月)
■開催時間 19時30分~17時30分 入館は17時まで(最終日のみ入館14時まで)
テープカット :7月7日(土)16時30分〜
■会場 東京都美術館
■会場アクセス 〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36 JR上野駅「公園口」より徒歩7分 東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」より徒歩10分 京成電鉄京成上野駅より徒歩10分
■観覧料 無料 ☆書・日本画・水墨画・油彩・水彩画・パステル・アクリル・立体・写真・ビーズなどが並びます。 
ーーーーーーーーー
☆ZEN展は投票制で入賞者が決まります
ご来場者様、皆様が審査員、投票お待ちしております!

#ZEN展#artists#art#drawing#painting#love#サポーター#smile#美術館#展覧会#illustration#素敵#東京都美術館#作家#話#inkdrawing #絵画#イラスト#彫刻#書道#パフォーマンス #書道 #立体#平面#派閥なし#自由#禅#切り絵 #写経 #表現
こんにちは!ZEN展インスタ担当のさとみかです。・ 本日はZEN展出展作家さんの作品をインタビュー交えてお伝えします!今回写真3枚あります。横にスワイプしてご覧ください。
・  絵画部門:長坂彩恵子先生  作品タイトル「time」「lady」 ・ ・  ZEN「今回の作品を描いた際の思いや表現したかった事など教えていただけますか?」
長坂先生「はい。この絵は人と抽象の融合を表現したかったんです。実際に見えてる人と目には見えないその人物が考えている事や想い。。それらを一つの絵で描きたかったです。人って何かしている時でも頭の中では別の事とか考えたり浮かんだりしてますよね?
そこを表現できたらなって。それと尚且つ、頭の中で考えているモノが自らを形成してると思ってるので、そのモノがその人自身からはみ出すことなくその人のバランスをたもっているというか。。そういった想いを込めて描きました!」
・
 最初緊張されていたのかポツポツと…でしたが最後には作品に対する愛や想いを込めて熱心にお話ししてくださいました!長坂先生ありがとうございました。是非多くの方に観ていただきたい素敵な作品がいっぱいです。皆さまのご来場を心よりお待ちしております。 ・
 記者:さとみか

開催概要
■第17回 ZEN展 東京都美術館
■開催日時 2019年7月3日(水)〜 7月8日(月)
■開催時間 19時30分~17時30分 入館は17時まで(最終日のみ入館14時まで)
テープカット :7月7日(土)16時30分〜
■会場 東京都美術館
■会場アクセス 〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36 JR上野駅「公園口」より徒歩7分 東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」より徒歩10分 京成電鉄京成上野駅より徒歩10分
■観覧料 無料 ☆書・日本画・水墨画・油彩・水彩画・パステル・アクリル・立体・写真・ビーズなどが並びます。 
ーーーーーーーーー
☆ZEN展は投票制で入賞者が決まります
ご来場者様、皆様が審査員、投票お待ちしております!

#ZEN展#artists#art#drawing#painting#love#サポーター#smile#美術館#展覧会#illustration#素敵#埼玉#東京都美術館#作家#話#inkdrawing #絵画#イラスト#彫刻#書道#パフォーマンス #書道 #立体#平面#派閥なし#自由#禅
東京都美術館でzen展本日から8日まで開催されます。
来場者の投票数により入賞が決まる展覧会ですので投票数お願いします。
ZEN展開催のお知らせ
今年も東京都美術館で開催されます。
お客様の投票のみで入賞が決まります。投票数一位が大賞、各部門トップが優秀者 投票にご協力お願いします。
ZEN展過去の展示作品
昨年の東京都美術館投票数トップで大賞取られた方の別の作品です。

受賞の基準はお客様の投票のみです。
約三千人のお客様が選びます。
第17回ZEN展の出展作品を募集しております。
応募作品は規定内であれば、絵画・平面、書、工芸、イラスト、CG、切り絵、アクセサリー、写真、水墨画、立体、パフォーマンスなど、ありとあらゆる作品をすべて展示します。年齢、国籍、流派、展示経験の有無は不問です。
ZEN展は会員制をとっておりません。他の公募展の様に受賞者の選出や展示が会の意向に依ることはなく、受賞者は三千人以上の来場者による投票で決まります。
賞は各ジャンルごとに優秀賞、さらに全てのジャンルで獲得票トップの方が大賞。入賞者の半分以上が初出品で受賞されています。
皆様のチャレンジお待ちしております。

締切
2019年06月05日 (水) 
応募締切
※作品搬入は6月28日~29日 10:00~14:00
※宅配便の場合は6月28日必着
賞
●大賞、表彰
●各部門に優秀賞、表彰
●蓼科テディーベア美術館賞、表彰
(全て来場者の投票のみで決定)
募集内容
テーマは自由
応募作品は規定を守っていたばすべての作品を展示します。
※他の公募展や展示、過去のZEN展に出品した作品も応募可能
※小学生が見て不適切と思われる作品は展示不可
※複数応募可
※詳細は公式ホームページを参照 【部門】
1、絵画・平面
2、イラスト
3、立体・工芸・ビーズ
4、写真
5、水墨画
6、書
7、パフォーマンス
上記以外のジャンルも応募可能です。 【開催概要】
会期:2019年7月3日(水)~8日 (月)9:30~17:30
(最終日のみ14:00まで入場可能)
会場:東京都美術館

http://zenten.info/?page_id=2311
ZEN展銀座選抜
昨日の様子

今日は14時がピークの見込みです。
31日最終日は16時終了です。
展示風景

zen展銀座選展のお知らせ
2019年3月26日〜31日
銀座大黒屋ギャラリー
銀座駅a2出口徒歩2秒
銀座大通り沿いで斜め前が三越

この展示は東京都美術館、埼玉県立近代美術館で投票の多い方と創設メンバーの展示です。
原画、ポストカードやグッツなどの販売があります。
展示風景
テディベアの制作キットの販売もあります。

zen展銀座選展のお知らせ
2019年3月26日〜31日
銀座大黒屋ギャラリー
銀座駅a2出口徒歩2秒
銀座大通り沿いで斜め前が三越

この展示は東京都美術館、埼玉県立近代美術館で投票の多い方と創設メンバーの展示です。
原画、ポストカードやグッツなどの販売があります。